CATEGORY 時事ネタニュース

中国バブル崩壊は秒読み?中国最大の不動産デベロッパーは純利益が96%減!?

皆さん、こんにちは!不動産売却歴20年の売却マイスター西恭平です。 中国経済が世界に与える影響は、想像しただけでも悍ましさを感じてしまいます。しかし、それは良い面だけのお話ではなく、悪い面にとっても同じことが言えます。 …

日本の不動産大暴落の引き金か!? 中国不動産の販売不信! 前年に比べて売上は半分に激減!!

まず、一つお話ししておかないといけないことは、不動産価格は上がり続けることはないということです。 そして、中国やら香港やら、世界の不動産マーケットは日本の不動産にとって関係ないということはあり得ないのです。 不動産価格が…

あと2年で不動産価格が大暴落する!?変動金利上昇の歯止めは効かなくなる!

こんにちは、不動産売却マイスターの西です。 住宅ローンの金利が上昇すると、当然のことですが住宅ローンの月々の支払額が増えてきます。 しかし、実際には住宅ローンの月々の支払いが増えるだけに留まらず、実は「借りれる融資額」に…

住宅ローン控除引き下げ!社会保険負担50%に増税!不動産購入意欲を削ぎ落とす政策はバラマキのせい?

2022年度の税制改正で焦点となったのが、住宅ローン控除です。 現行の1%から、0.7%に引き下げられます。また年末残高4000万円から、3000万円にも引き下げられます。 つまり、最大で40万円の控除だったのが、最大2…

コロナ禍でも約9割の方々が新しい住環境へのお引越し検討、その理由を解説!

2020年3月頃から新型コロナウイルスの感染拡大で、人との接触をさけ、在宅ワークやテレワークを導入する企業も増えてきています。 これがきっかけで地方への移住を考える人たちも増えました!! そこで、、、 【コロナ禍における…

2021年度の不動産市況はどうなる!?

はじめまして、関西中古不動産売却センターを運営する会社 オーディン都市開発(株)代表の西 恭平です。インスタはこちら 私たちは、不動産買取サービスを軸に、不動産仲介も含めて、不動産の売却のお手伝いをさせて頂いている会社に…

賃貸不動産経営管理が増えている理由を知る

不動産関係の資格で一般的なのが「宅地建物取引士」ですね。   不動産会社を経営するためには、宅建業法で決められていて、必ず必要な資格で、5人に1人以上資格保持者がいないとだめなのです。 他の資格で「賃貸不動産経…

押印廃止が不動産業界への影響は?

河野大臣がすすめている「押印廃止」は、不動産業界にどんな影響があるのでしょうか? ハンコは日本の文化で一つでもあるので、なくなるのは寂しくも感じますが、 デジタル化が進んでいる昨今では仕方がないのかもしれません。 &nb…

生産緑地2022年問題について考えておくべき事

生産緑地が2022年不動産業界に大きく影響するといわれています。 時代の変化とともに、法律も改正が重ねられてきました。 生産緑地についても大きな変化が起きようとしています。それが2022年。   今から生産緑地…