不動産管理の基本!「リフォーム」と「リノベーション」の違いについて

不動産管理の基本!「リフォーム」と「リノベーション」の違いについて

 

 

一般的に、住まいの修繕や改修については「リフォーム」「リノベーション」という言葉を使います。

 

特に最近では、古くなったアパートやマンションの中にもリフォーム・リノベーション物件が増えてきて、さらに住みやすく、新築に近いような状態で住み替えができるようになりました。

 

しかしリフォームとリノベーションは混同して使われることも多く、今でも違いがよく分からないという声があります。

 

そこで今回は、何かと間違いやすいこの2つの用語について見ていきたいと思います。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産の新たな付加価値になる?ヒートショックを防ぐリフォーム

リフォームはDIYから増改築までカバーする言葉

42670730 - free stores before the construction

リフォームとは一般的に、部屋の中を「仕立て直す」といった意味になります。たとえば、畳の和室から洋風のフローリングに替えたり、扉を取り除いて空間に改造したりという方法がリフォームになります。

 

壊れていたり汚れていたり、古くなったところを新品に代える、もしくは新品同様に直すことがリフォームです。

 

賃貸物件においては、入居者の退去後にそのお部屋を入居前の状態に近づけることをリフォームと呼びますが、不動産用語では「原状回復」という言葉でも呼ばれています。

 

増改築、一部分だけの改築、これらを総合的に「リフォーム」と呼ぶ場合もあります。物件所有者の予算に合わせて内装を新しくしたり、扉を取り払って二部屋を一部屋にしてしまうなどの、簡単かつ手軽な住まいの改修を指します。

 

自分自身でクロスの張り替えをしたり、柱を取り除いてオープンなスペースを作ったり、壁に穴を開けて新しい収納スペースを作ったりとする場合も「リフォーム」になります。

※よく似た内容の記事はこちら
高齢者の居住する不動産のリフォームのポイント

リノベーションは中古の物件やお部屋に価値を生み出す修繕

37404899 - home improvement, renovation - handyman laying tile with level

リフォームが一般的であるのに対し、近年注目され始めている言葉が「リノベーション」です。

 

リノベーションとは、手軽な修繕工事からさらに進んで、現状の状態に大規模な工事を加え、新築の状態よりもさらに機能や設備をグレードアップさせ、使いやすさや利便性を付加することを言います。

 

単にお部屋を直すだけであればリフォームになるのですが、リノベーションには修復という意味意外に「刷新」という意味も持っているため、売り出しにかかる前の物件の場合、原状回復を超えて部屋や物件を丸ごと別の状態に変えてしまうという意味も含んでいます。

 

元の住宅としての良さは適度に残しつつも、そこに耐震補強を加えたり、導線を変えてさらに使いやすくするなど、住む人のニーズに合わせて大規模な修繕を行う、これがリノベーションです。

 

リノベーションの例としては、家族の人数に合わせて部屋の数を増やしたり、二世帯に分けた造りに変える、古民家を改造して現代的なデザインの住まいに変えるなどといった例があります。

 

電気やガスの配管についても見直しと刷新を行い、省エネ性能をプラスさせたり、デザイン自体を古いものからまったく新しいものにランクアップさせるなど、中古住宅を中古と思わせないような、さまざまな工夫ができます。

 

リフォームはあくまでも直すことに重点が置かれますが、リノベーションは居住スタイルから完全に変えてしまえるので、現代的なライフスタイルにも即して修繕を加えることができるのです。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産のイメージアップに効果的!「玄関」のリフォームについて

リフォームとリノベーションの違い

39375218_l

上記でも述べたとおり、リフォームは手軽で短期間のうちに終了する修繕です。リノベーションはそれ以上に、ライフスタイルや居住者(物件の使用者)の好みに合わせて大規模に手を加えることを指します。

 

両者の意味がまだ曖昧な方でも、以下に紹介する明確な違いを抑えておけば、間違う心配はありません。

 

1、修繕の規模

ユニットバスの新調(入れ替え)、室内設備の変更、屋根の張り替えなどといった部分的な修繕はリフォームにあたります。

 

それに対して、間取りそのものを変更したり、隣の部屋にまたがるような大掛かりな工事や、床の下に配管を通すなどといった工事についてはリノベーション扱いとなります。

 

2、住まいの状況

古びた内装を新しくする、新築のように近づけるための修繕はリフォームになり、新築以上のクオリティを実現する工事はリノベーションとなります。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産の売却前にリフォームやハウスクリーニングをした方がいいですか?

まとめ

いかがでしたか?何かと現場で混同されることも多い二つの用語にも、実は厳密には違いがあり、使われるシチュエーションからして違いがあります。

 

必要な箇所のみを手軽に行えるリフォームは業者に依頼をしなくても自分自身で、少額からでも始められるものです。一人でリフォームに着手することもできますし、業者さんを呼んで本格的に手を加えることも可能です。

 

それに対してリノベーションは、一部の建て替えも含む大掛かりなものになりますが、できあがった時の満足度や、変身したお部屋の姿はまるきり別人となります。

 

リフォームとリノベーションには、お互いにメリットがあり、コストの問題などデメリットもあります。それぞれの特徴をよく加味しながら、適切な修繕方法を選んでいく必要があります。

 

Youtube、Twitterもやってます!チャンネル登録も宜しくお願いします!

twitter

Youtube

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です