不動産売却時に知っておきたい【セットバック】って何?

こんばんは、荒木です。

物件探しの時、あまり聞きなれない用語

【セットバック】を目にした方も多いかと思います!

そこで、今回はセットバックについてご説明させて頂きます。

セットバックとは?

セットバックとは、建物を前面道路から後退して建築することで、

建築基準法で、家を建てるための土地には接道義務があって、

4m幅以上(区域によっては6m以上)の道路に2m以上接していなければなりません。

接道義務とは、火災などの災害時に消防車両の通行など円滑にするために、

道路の幅を確保する目的で定められています。

(建築基準法第42、43条)

こちらも人気記事

セットバックする幅

向かい合う土地の状況によって基本的に2つのケースに分けられます。

道路の向かい側が宅地の場合

道路の中心線からそれぞれが水平線で2mセットバックします。

注意点として、反対側の建物がセットバックしていた場合、
道路の中心線の位置が異なる場合があるので、確認しておくのが大事です。

道路の向かい側が川、崖、線路等の場合

向かい側の境界線を動かすことはできず、建物側で4mの道幅を確保することとなります。

セットバック部分に固定資産税はかかる?

セットバック部分は敷地面積対象外であり、

道路扱いとなりますので、固定資産税などは基本的に掛かりません。

注意として、セットバック部分の道路を使用するのが土地所有者のみの場合は、

公共性がないために固定資産税が非課税とは認められない事もあります。

また、自治体への非課税申請を行う必要があるので、

必ず、申請を忘れないようにしましょう。

併せて読みたい記事はこちら

弊社にご連絡をする場合は?

弊社の特典のご紹介

私たち、オーディン都市開発では、ご売却される売主様のために、仲介でのご売却のサービスも行っております。

また、私たちは、建物の状態をしっかりと見れる研修を受けており、地域相場や勢いだけの営業ではなく、建物状態をしっかりと見た価格判断も行えます。

また、私たちをお選びする最大の理由は、『住宅診断は弊社の特典として、売主様にはサービス』で行っているということです。

細かな規則はあるのですが、住宅診断は弊社の特典として無料で行っております。

通常は、10万円ほどの費用負担がかかりますが、これらは弊社の特典として弊社負担で、ご売却と同時にすぐに行います。

そして、弊社がご依頼しているパートナー住宅診断会社は、日本で最も大きな組織であるサクラグループで行っており、他ではそこまで測定するのですか?というくらい、細かな測定を行いますので、最も安心して住宅診断を行える環境は、当社では揃っているのです。

実績ナンバーワンのさくら関西はこちらからご覧いただけます。

 

是非、この機会にオーディン都市開発でご売却活動をされてみませんか?

0120ー16ー8553までご連絡をいただくか、直通は06ー4256ー1092番までご連絡を頂きますと専任のスタッフがご対応をさせて頂きます。

この機会に、是非『高値で売り、売ってからの安心安全のご売却』今すぐご連絡を!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。