売れやすい土地、売りにくい土地ってあるの?

土地といえども、多種多様な種類が存在しています。

実際に売れやす土地と売れにくい土地の条件をみていきましょう!

整形地、南向き、ほどよい広さが売れやすい

土地は一戸建てが建てられる場合もあれば、マンションやテナントビル、オフィスビルが建てられるなどさまざまな可能性がありますが、

ここでは主に一戸建てを建てる場合を想定して紹介していきます。
一般的に、売りやすい土地の条件としては以下のものがあります。

 

・整形地

一戸建てを建てる土地として重視される条件としてまず挙げられるが整形地です。

整形地とは、正方形や長方形の土地のことです。整形地であれば、土地の広さを有効に活用して一戸建てを建てることができるため、

需要が高いことが特徴です。

 

・南向き

一般的に、南道路に面した土地のこと。

南側が道路に面していれば良好な採光や風通しを得やすいため土地を探す際に挙げられることが多い条件です。

なかでも南西角地、南東角地は午前または午後に採光を多く取り込みやすいため、特に人気が高い条件です。

 

・ほどよい広さ

一戸建てが建てやすい広さの土地ほどニーズが高くなります。

狭すぎると建てにくく、広さも確保できなくなり、反対に広すぎると土地自体の価格が高くなり、買い手がつきにくくなります。

 

売れにくい条件と、メリットの出し方

一方で売れにくい条件を挙げると以下になります。簡潔に言うと、売れやすい条件の逆になりますが、

一見デメリットが目立つ土地でも打開策はあります。

 

・変形地(非整形地)

L字型の土地や三角形など、整形地ではない土地は敬遠される傾向があります。

ただし、L字型の土地であれば長く狭い部分を通路や駐車場スペースとして使用できますし、

外部からのプライバシーが保てるといったメリットもあります。三角形の土地は無駄なく一戸建てを建てることは難しいですが、

庭や駐車スペースを確保しやすくなります。

 

・北向き

北側が道路に面した土地のこと。南側に別の建物が建っていることが多いため敬遠される傾向にあります。

ただし、南側に庭とリビングを設置し、隣戸と距離を置くことで採光を確保することは可能です。

また、夏場に日が当たりにくいため快適に過ごしやすいメリットもあります。

 

・狭すぎる、広すぎる

極端に土地のサイズが狭い、あるいは広い土地も敬遠されやすい傾向があります。

狭い土地は、建物自体を建てにくいことがネックですが、3階建てが建てられる容積率の場合は広さ(建物面積)は確保できます。

また、土地価格だけでなく、一戸建てを建てる費用も抑えることもできます。

一方、広すぎる土地は価格が高くなり過ぎること、通常の需要よりも広い土地を求めている人がいないことがデメリットです。

ただし、平均より倍近くの広さがある場合は、2つに分割して売り出すことも可能です。

また、ここまでに挙げたデメリット条件に共通していることとして、

広すぎる場合を除けばすべてリーズナブルな価格で売り出せることがメリットです。

もし一見デメリットが目立つ土地を売却しようと考えている場合は、

土地の有効な活用方法も想定した上で売り出すといいのではないでしょうか。

 

参考記事↓

土地を売却したい人必見!高く売却するために知っておかなければいけない全知識



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です