査定額で売っても大丈夫?一戸建てやマンションの売値を決めるポイント

査定額で売っても大丈夫?一戸建てやマンションの売値を決めるポイント

 

自分の所持している不動産ですから、自分が納得した価格で売りたいですね。だからといって自分が納得する価格を理想としていて、その値段で売れるわけではありません。高すぎる金額では買い手もつかないでしょうし、不動産業者に相談をすると、査定をしてもらえます。その査定額を基準として売値を決定するものなのですが、どれぐらいの金額で売ることが理想なのでしょうか?

 

一戸建てやマンションの売値を決めるポイントについてご紹介します。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産会社や仲介業者によって査定額が異なる理由

家を売るときに大事なポイント

44732384 - housing image

売値を決めるポイントを知る前に知ってほしいのが、家を売却するときに重要なポイント、です。家にはそもそも、定価がありません。洋服やブランドバッグは、元の値段がありますよね。でも、それがないのが家なのです。定価がない分、販売戦略をしっかりと持っていないと、高く売ることができず安く買われてしまい、売る側にとって大きな損失が出てしまいます。

 

そうならないために大事なポイントは、

・不動産の仲介業者をしっかりと選ぶ

・売値をきちんと定める

これら2つです。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産を査定額よりも高値で売却するためのコツ

不動産の仲介業者を選ぼう

18148501 - real estate agent with house model and keys

まず不動産の仲介業者を選ぶ方法ですが、何が大事かというと、ちゃんとしている業者かどうかです。ちゃんとしている業者かどうかの判断基準は、「販売活動のやり方」と「査定額の算出」にあります。

 

販売活動は不動産を売却する上で非常に大切です。販売活動が不十分だとなかなか売れません。焦って売る必要はないと思うかもしれませんが、売り出して3ヶ月ぐらいが売りのピークと考えてください。それ以上経っている不動産は一気に人気が落ちて買い手が見つかりづらくなるでしょう。何度も見るチラシに魅力を感じますか?何だか売れ残っている物件のような気がして、家を探して最初は興味を持ってみていた人も、何度も見るうちにその家に魅力を感じなくなってしまいます。不動産は時間が経てば経つほどに価値が低くなっていくため、早めに売れないと損しやすいです。

 

さらに大事なのは査定額ですね。査定額は業者が状況を確認した上で算出するものなのですが、これは完全に業者の判断の額になります。業者によって査定額は大きく開くこともあるでしょう。査定額が高ければ高いほどいいというわけではありませんが、適当な査定をする業者ではないかどうかをしっかりと見極めてくださいね。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産会社で売却価格は異なる!査定額が変動する理由とは?

売値をきちんと定めよう

48038559 - home sales, the hands of the businessman

2つ目の売値をきちんと定めるということについてですが、これは査定額というわけではなく、実際に売るときの値段ですね。

 

たとえば、価格設定が明らかに高すぎる場合、買い手がなかなかつきません。買う側も同じような条件でいろいろと物件を探しているはずです。同じような条件で安く買える物件を希望するはずなので、強気に価格設定をして高くしてしまうと、その分買い手が付きにくくなって結局値下げしなくてはいけません。

 

一度値下げをしてしまうと、まだ値下がるかもしれないと思われてしまう可能性もありますね。

 

反対に安すぎる価格はどうでしょうか。安いに越したことはないので、買い手はすぐにつくかもしれません。でも安く売って損をするのは誰でしょうか。売る側ですよね。本来ならもっと高く売れる物件を安く売ってしまった、それは大損です。

 

そうならないためにも、適切な価格設定をしなくてはいけません。

 

不動産の売却額はどう決める?

 

不動産の売却をするとき、まずは不動産業者が売却希望価格を確認するはずです。いくらで売りたいか、といった売主の希望ですね。

 

これは希望の段階なので、特に何か基準があるわけではありません。買った金額の7割で売りたいとか、すぐにでも売りたいから安くてもいいとか、色々と売る側の事情もあります。

 

そうしたことを踏まえた上で、不動産業者が査定をして査定額を算出します。主に査定額が基準となって売却価格を決めることが多いですね。

 

不動産業者は現実的に売れるだろうという価格を査定額とします。不動産業者は高く売ることを目的とします。そのほうが自分たちの利益も多くなるからです。必ず査定額がどうしてそうなったのかを確認しましょう。

 

その後に売値を決めます。ただし売値で買ってもらえる確率はとても少ないです。必ずといっていいほど、希望者側から値引き交渉があるはずです。もちろん交渉にはある程度応じてOKですが、無理をして値下げをする必要はありません。

 

最終的にお互いが納得できる金額で契約が成立、売却の最終的な金額が決まります。

※よく似た内容の記事はこちら
売却だけではない!相続や離婚でも「不動産の査定」が必要になる理由

売値は無理のない金額で

21043110 - beautiful young asian woman using tablet computer in a car

売値はできるだけ高い方がいいといっても、買う側はできるだけ安く買いたいわけですから、希望通りに行く確率は低いです。

 

ただし値下げしすぎるのも損なので、妥当な価格を見つけて売らなくてはいけません。高く売りたいという気持ちにつけこんで、不動産業者が最初は高い査定額を出し、その後売れないからと何かと理由を付けて値下げなどをさせられたり、場合によってはうちで買いますなどといわれて買取されてしまったり、最終的に損をするような契約をする業者もあります。

そうならないためにも、売値を決めるときは無理しすぎない範囲で、が理想です。

 

Youtube、Twitterもやってます!チャンネル登録も宜しくお願いします!

twitter

Youtube

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です