売却査定の時、建物はどういう風に評価される?

中古一戸建ては一般的に築年数が古くなるほど建物の価値が下がります。

具体的にどれくらいの期間をかけて価値が下がっていくのか、

これから売却を検討している方にとってはかなり気になる部分ではないでしょうか?

少しでも価値を長持ちさせるポイントと合わせてみていきましょう。

 

建物の価値は約20年でゼロになる

一般的に、一戸建ての価格は1年で約5%下落し、約20年でゼロになると言われています。

例えば、新築の一戸建てを3000万円で購入した場合、土地の価格が1000万円、建物が2000万円だと、

20年後の価値は土地のみの1000万円となります

※土地の資産価値が変化しなかった場合。

 

これは昔の木造の建物の寿命が25年と考えられていたという事例が影響しています。

しかも、これは経年劣化した部分を補修・メンテナンスしている建物の場合であって、

何も手を入れていない一戸建てはさらに評価が低くなる傾向にあります。

 

ただし、建物の価値が20年でゼロになるからといってマンションより資産価値を保ちにくいと言うわけではありません。

一戸建ては土地の価値が担保されているので、どちらが資産価値として保たれやすいかはケースバイケースです。

 

現在は、「建て替え」から「寿命を延ばす・再生する」方向へシフトしつつある

ここまではネガティブな情報ばかりでしたが、最近は傾向が変わりつつあります。

 

不動産デベロッパーやリフォーム会社にもこの流れを受けて新たな商品を誕生させています。

具体的には、築年数の古い一戸建てを買い取り、建て替えではなく、

リノベーションを施して賃貸入居をつけ、新たに利回り商品として販売する方法です。

しかし不動産を売却する場合、建物の価値としては20年以上経過している物件に関しては

それほど期待しないほうが良いのではないでしょうか。

参考サイト↓

今が売り時?不動産不況の波が来る前に売却したほうがいい理由



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です