資金計画(住宅ローン)について

こんにちは、荒木です。

前回は、住宅ローンの基本知識についてご紹介させて頂きました。

今回も、引き続き、資金計画(住宅ローン)についてご紹介させて頂きます。

購入にかかる諸費用

住宅購入の際、建物や土地の購入費用以外にも、

登記費用や、印紙税、火災保険など諸費用が掛かってきます。

住宅ローンの頭金に加え、初期費用、引っ越し代や、

家具家電代などを含めた金額を自己資金として考えていく必要があります。

諸費用の目安は住宅価格に対して3~12%程度と言われており、

住宅が戸建てなのか、中古マンション、新築マンションと種類によって変わってきます。

また、頭金も必要になってくるので、含めて考えていきましょう。

返済比率の計算方法

返済比率の計算式は、

年間ローン返済額÷年収=返済比率%

となります。

返済比率が高いと年収に対して無理のある借り入れになるので、

金融機関の審査や生活も厳しくなってきます。

無理のない自身の年収に見合った返済比率を考えていきましょう。

また、年間ローン返済額には住宅ローン以外の借り入れも関係するので、

車のローン、スマホの分割払いや、クレジットカードのリボ支払いなど、

住宅ローン以外で、他の借り入れがある場合は、

それらも含めて計算する必要があります。

住宅ローン控除引き下げ!併せて読みたい記事

金融機関の返済比率の審査基準

金融機関や住宅ローンの種類によっても異なりますが、

大体30~35%程度となっています。

返済比率を計算する際の金利が実際の適用金利、もしくは審査金利かにより

同じ年収でも借りられる金額が変わってきますので、

実際の適用金利である年0.625%で計算すると金額が高いですが、

審査金利で年3.0%計算すると金額が低くなるので、

審査金利で計算するようにしましょう。

関連のある記事はこちら

弊社にご連絡をする場合は?

弊社の特典のご紹介

私たち、オーディン都市開発では、ご売却される売主様のために、仲介でのご売却のサービスも行っております。

また、私たちは、建物の状態をしっかりと見れる研修を受けており、地域相場や勢いだけの営業ではなく、建物状態をしっかりと見た価格判断も行えます。

また、私たちをお選びする最大の理由は、『住宅診断は弊社の特典として、売主様にはサービス』で行っているということです。

細かな規則はあるのですが、住宅診断は弊社の特典として無料で行っております。

通常は、10万円ほどの費用負担がかかりますが、これらは弊社の特典として弊社負担で、ご売却と同時にすぐに行います。

そして、弊社がご依頼しているパートナー住宅診断会社は、日本で最も大きな組織であるサクラグループで行っており、他ではそこまで測定するのですか?というくらい、細かな測定を行いますので、最も安心して住宅診断を行える環境は、当社では揃っているのです。

実績ナンバーワンのさくら関西はこちらからご覧いただけます。

 

是非、この機会にオーディン都市開発でご売却活動をされてみませんか?

0120ー16ー8553までご連絡をいただくか、直通は06ー4256ー1092番までご連絡を頂きますと専任のスタッフがご対応をさせて頂きます。

この機会に、是非『高値で売り、売ってからの安心安全のご売却』今すぐご連絡を!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です