不動産売却・住み替えで、絶対に損しないためのコツ!!

 

 

マンションの売却を考えている人の中には、同時に他の物件への引っ越しを希望する人も多いです。

今回は、マンション売却と住み替えを並行して行う際のコツをご紹介。

住み替えは時期や方法を間違えると、百万円単位で損することもあるので注意が必要です。

不動産売却・住み替えを検討した方がいい人の特徴3選


  • 子どもが大きくなって今のマンションでは狭く感じる
  • マンションから一戸建ての家に引っ越したい
  • 仕事が丁寧になって都心に住む必要がなくなった

 

上記のような要望がある方は、不動産の住み替えを検討した方が良いでしょう。

基本的に不動産は購入したときよりも、売却するときの方が価値は下がってしまうため、住み替えといっても初期費用として、いくらかお金を用意しなければなりません。

しかし上手に物件を売却することで、購入時の負担をかなり楽にすることができます!!

家を買い替えたいけど、経済的に苦しいのではと不安な方は、一度物件を査定してもらい、現実的にいくらお金があれば住み替えできるのか計算してみましょう。

 

不動産売却・住み替えを検討した方が良いタイミング


 

不動産の住み替えは売却と購入が同じタイミングになるのが理想的です。

不動産を売却して得たお金を、そのまま購入資金に充てることができるからです。

そのため目当ての不動産があったとしても、売却するまで待っておいた方がかなりお得です。

もし不動産を売却する前に購入するのであれば、自前で購入資金を全額用意しなければなりません。

全額住宅ローンで賄うとなると、多額の利息を支払わなくてはならないのでおすすめはできません。

不動産の住み替えを検討している方は、売却時期と購入時期がなるべく近づくようにしましょう。

ここからは購入と売却、どちらかを先に行わなければならない際に考えられる、メリットとデメリットを解説していきます。

 

家を先に売る場合


先に不動産の売却を行う場合、お金を先に手に入れることができるので、購入資金の問題はありません。

しかし新居決まるまでの期間、どこに住むかは必ず考えておかなければいけません。

もし売却した時点で不動産会社に査定を依頼していない段階であれば、半年間は住める場所を探しておきましょう。

不動産の売却は、査定を依頼してから3カ月~半年程度時間がかかってしまうからです。

 

家族と同居できるのであればコストはかかりませんが、賃貸物件に住むとなれば敷金・礼金・家賃など相当なお金がかかってしまいます。

そのため住み替えを希望する方は、不動産の購入と並行して売却を進めていくべきなのです。

 

次の新居を先に購入する場合


 

先に不動産を購入する場合、購入資金を用意しなければなりません。

住宅ローンを利用するとなれば、まずはローン審査に通らなければなりません。

定年後に住み替えを考えている方などは、住宅ローンの審査に通らない可能性もあるので要注意です。

また早く不動産を売却して返済に充てなければ、毎月高額な利息を支払い続けなければなりません

売却できる目処が立っていない状態で不動産を購入するのは、非常にリスクが高いので要注意です。

 

①住み替えが目的であると買主に知られないようにしよう


 

住み替え目的であると買主に知られてしまうと、売却価格の交渉で不利になる可能性もあるので注意しましょう。

売却期限のリミットが決められている場合、希望額より安く買いたたかれてしまう可能性が高いです。

買主に不動産を売却する理由を訊かれても、不動産の価値が下がらない適当な理由を考えておきましょう。

②住み替えをするときはつなぎ融資がおすすめ


不動産の住み替え・買い替えをする際にはつなぎ融資がおすすめです。

つなぎ融資とは不動産を売却して資金を得るまで融資を行うもので、購入した不動産を担保にすれば、比較的簡単に融資を受けることができます

借入期間も短くなるので利息を最低限に抑えることができるのでおすすめです。

 

 

 

不動産の住み替えは計画性が重要


 

このように不動産の住み替えではタイミングが非常に重要で、入念に計画を立てておく必要があります。

たとえば購入する新居を探す際には、購入費用に充てる為の資金を先に計算しておかなければなりません。

そのため事前に不動産会社に査定を依頼することで、あなたの家が今どれくらいの価格で売れるのか把握しておく必要があります。

また購入したい物件を見つけた際には、早めに今の家の買い手を見つけて購入日までに不動産を売却しなければなりません。

不動産の売買は非常に手間と時間がかかるので、素人一人で購入と売却を進めていくのが困難です!!

できることなら一つの不動産会社に、購入手続きも売却手続きも仲介依頼することをおすすめします。

不動産会社選びにはオーディン都市開発がおすすめ!!


 

私たちは、ご売却に強い不動産会社です。

しかし、今の時代高く売るなんてことは当たり前なので、ここでは高値で売れる売却に強い会社をアピールする訳ではありません。

問題は、売った後のアフターフォローです。

私たちは、ご売却後に、ご購入された買主さんから、クレームの出ないような仕組みを使っているのです。

これは他社さんには無いサービスであり、大手不動産会社でのご売却の場合は、逆にこのサービスは費用が発生してしまうのです。

それを私たちは、ご売却特典として専任以上のお客様全てに、『無償にて特典サービス』を行なっております。

これは本当に喜ばれるサービスになっており、ご説明させて頂いた売主様は、皆さん私たちにご売却のご依頼をされるのです。

 

ご売却をご依頼する場合は、まずは査定から始めてください

私たちは、AIを駆使したAIデータ査定から、過去の成約事例をもとにして取引事例比較法など、細かな分析をもとに査定価格を算出しております。

そして、この査定の価格にご納得をいただいた場合は、「ご訪問査定の流れ」になり、私たちを選ぶべく特典サービスをご確認いただいております。

無駄な時間は取らせません。

1、取引事例比較法

2、収益還元法

3、原価法

4、物件近隣パートナー企業への聞き取り調査

5、近隣施設から割り出す価格調整

6、謄本評価など法的な書類・権利関係

これらを分析して、市場の今売れる価格を導き出します。

正確無比、売れなかった不動産はありません!!

 

またこれに加えて、マンションの場合は、直近3年間の過去の売買事例の同じマンションで売れた例の平米単価平均を出しておくことで、概ねいくらぐらいで売れるのかがわかります。

 

お問い合わせいは、0120ー16ー8553までお電話いただくか、下記の「今すぐ査定する」をクリックして、査定フォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

記事執筆者:西 恭平(不動産業歴18年・宅地建物取引士)「インスタグラム」で西恭平を確認してみよう。

 

今人気のリノベーションをこっそり覗いてみる?

 

リノベーションの施工事例を見て、本物のリノベーションが、どんなものなのか気になりませんか?

➡️ リノベ先輩の素敵なお家はこちらからご覧いただけます。

 

今、新築は価格が高い割には、居住空間が狭くなったことにお気づきですか?

中古買ってリノベーションする場合、新築買うより1000万円も安く、且つ、びっくりするほどいいお家にお住まいいただけます。

 

 

【初心者向きリノベーションガイドブック&事例集を無料プレゼント】

このような方におススメ!

不動産購入・リノベーション初心者必見!

物件の選び方や購入方法について新築物件との違いを知りたい方

リノベーションとリフォームの違いがわからない方

リノベーションのメリットデメリットを聞きたい方

中古リノベ 事例を見ながらポイントや費用感の話を聞いてみたい方

➡️こちらからお受け取りください「リノベーションガイドブック」

 

追伸

記事の内容が良かったと思われましたら、「シェア・いいね!」の応援よろしくお願いいたします。

西 恭平

[VR視聴体験]バーチャルリアリティー:QRコードから、下記デザインのバーチャル体験をしていただけます。

 

 

 

リノベーション参考事例です。

上記の間取りからリノベーションで下記のような間取りに自分好みに変更することもできます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

売る時リフォームする必要はありません!デザインを描いても十分リアリティを体感できます

 

私たちの不動産ご売却のポリシーは、売りたい人、買いたい人に心底喜んで頂くことです。

私たちなりの努力の甲斐あってか、「ご売却されるお客様」のお家が、新しい居住空間に生まれ変わり、そしてそのリノベーションされたお家を、お引き渡しする前に内見して頂けます。こちらの見学ツアーは、皆さま大変大喜びされます。

 

また、ご購入いただく買主様にも、ご自身のたっての希望だった。本当の意味での「わがまま」を押し通した!!

デザイン力のあるリノベーション空間を手に入れられたのです。

毎日が「わくわく」の連続です。

最後に、ご自身の大切なお家、大事にお使い頂けます。

こちらが何よりも、私たちの不動産ご売却のポリシーでございます。

 

【無料物件査定はこちら】

 

私たちは、不動産売却のお仕事にポリシーを持って、ご対応をさせていただきます。

私たちが考えるお家のご売却は、「笑顔の数珠つなぎ」です。

私たちの強みの一つに、リノベーションのデザイン力がございます。

 

これは、物件を売る前にリノベーション工事をしてくださいというお願いではありません

むしろ逆で、物件をご売却前に、リフォームなどの修繕をして売る必要はありません。

※細かくは割愛しますが、弊社のデータ分析では、最悪の場合、リフォーム費用(150万)をまるまる損をされたと聞いております。

 

  • 不動産一括査定サイトで、複数の業者からひっきりなしに、電話を掛けて来られたくない方。
  • 後悔しない不動産会社選びをされたい方。
  • 不動産コンサルティングマスターがご担当致します。
  • 既存住宅保険をご活用されるメリットデメリットをお知りになりたい方
  • 簡易インスペクションを無料でお受けされたい方

今すぐ、こちらからお問い合わせください。

西 恭平



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です