早くしないと手遅れ?将来に備える資産形成の始め方伝授!! | 不動産を売りたい人のためのサイト | 大阪・兵庫

早くしないと手遅れ?将来に備える資産形成の始め方伝授!!

資産形成とは、安心して暮らしていくための将来の備えとして、非常に重要なことです。若いうちから資産形成を始めることで、より大きな目標金額をより達成しやすくなるでしょう。ただし、資産形成は、基本を知らないまま行うと、資産の損失につながる可能性が高いです。そこで今回は、資産形成を始める前に大切な3つの基礎知識を伝授します。

  • 将来に備える資産形成の始め方

資産形成とは?

資産形成とは、資産が0の状態から形成していくことをいいます。この場合現金や有価証券、不動産、金などが資産に該当します。

例えば、給与から毎月5,000円。積み立てを場合、最初の1か月で貯めた5,000円はその人の資産となり、「資産形成をしている」といえます。

資産というと、まとまった金額を思い浮かべる方も多いですが、たとえ少ない金額であっても、その人が持っているお金や有価証券などは、すべて資産に該当します。このような資産を作り、増やしていくことが資産形成といいます。

意義がはっきりしないままでお金を貯めようとすると、モチベーションが維持できなかったり、目的を見失って投げ出してしまったりすることがあります。資産形成の役割について、あらためて見ていきましょう。

資産形成と資産運用の違い

資産形成に似た言葉に、「資産運用」があります。両者にはどういった違いがあるのでしょうか。

資産運用とは、今保有している資産を運用することを指す言葉です。例えば、5,000円の貯金で株式を買って値上がりを狙うというのも資産運用ですし、3,000万円でマンションを買って人に貸すのも資産運用です。

資産運用を行う目的は、ほとんどの場合、「今よりも資産を増やす」ということでしょう。そのため、資産運用を行うことは、資産形成にも役立ちます。資産形成をし、作られた資産を運用することで、より大きな資産の形成を目指すことができるのです。

資産形成の目的をしっかり掲げよう

資産形成の目的は人によってさまざまですが、多くの人に共通するものとして、「将来への備え」が挙げられます。

高齢化が進む中で、現役を退いた後の生活を支えるための資産形成に注目が集まっています。人生が100年だと考えると、65歳で定年を迎えたとしても、その後、35年間生き続けることになります。この35年を快適で楽しい余生にするためには、やはり、ある程度の資産が必要でしょう。

また、会社の業績悪化による給与の減少や、退職、病気、介護など、万が一のときにも、まとまった資産があれば、物理的、心理的な支えになります。そのほか、住宅や車の購入、旅行、子供の教育費などを目的として資産形成を行うこともあるでしょう。もちろん、複数の目的があることもあります。

お金は、必ず本来の目的で使わなければいけないものではありません。計画的な資産形成を行うことで、老後はもちろん、将来起こり得るさまざまなトラブルや多額の支出に備えることができるのです。

資産形成をする際には、まず、自分なりの目的と目標額について考えてみましょう。

資産形成をする際に大切なこと

資産形成は、継続することが大切です。たとえ毎月5,000円ずつでも、22歳から65歳まで貯金を続ければ、258万円になります。継続する中で昇給があれば、毎月の積立額を増やすことだってできるでしょう。

一方、「一度だけ200万円を貯金した」という方の場合資産形成を継続的に行う習慣がつかないまま、一度貯金をして終わりということになります。この場合、200万円という資産はあっても、資産形成を継続的に行っているとはいえないでしょう。

資産形成は、継続することでより大きなメリットを得やすくなります。日頃から資産形成を意識し、習慣づけることで、当たり前に貯金や投資が行えるようになっていくはずです。

そのためにも、無理なく続けられるシステムを作ることが大切です。資産形成に回せるお金がどのくらいなのかを検討するとともに、積立預金やつみたてNISA、iDeCo(個人型確定拠出年金)のような制度を活用するのもおすすめです。

知っておきたい資産形成の3つの基本

効率良く資産形成をしていくためには、資産運用が役立ちます。

例えば、毎月1万円を封筒に入れて貯金した場合は、1年で12万円、10年で120万円貯まりますが、これを銀行に預ければ、120万円にプラスして利子を受け取ることができます。債権や投資信託といった投資商品を活用すれば、さらに大きな利益を得ることもできるでしょう。

しかし、資産運用にはリスクもあります。できるだけ損失を抑え、着実に資産形成していくためには、3つの基本を押さえておく必要があります。

1.じっくりと長期運用をする

そもそも、資産形成は長期的に資産を形成していくものですから、資産運用を行う場合も、長期運用が基本になります。長期運用を行うことで、複利効果を得ることができます。

例えば、10万円を年利1% で運用した場合、税金を考慮せず単純計算すると、1年後には1,000円の利息が得られます。これを翌年も運用し続けた場合、今度は10万1,000円に対して1% の利息が受け取れるため、受け取り利息は1,010円にアップします。これが複利効果です。 運用期間が長期になればなるほど、複利の効果は大きくなります。

2.リスク回避のために分散投資をする

分散投資とは、ひとつの投資先ではなく、さまざまな投資先に対して投資をするということです。

例えば、A社の株式に100万円を投資したとしましょう。この場合、A社の株価が下がると、ダイレクトに影響を受けることになってしまいます。一方、A社~E社まで、5社に投資を行えば、A社の株価が下がっても、ほかの会社の株価が上がれば損失をカバーできます。このように、分散投資を行うことは、リスクの分散に役立ちます。

会社だけでなく、業界や国、投資商品(株式なのか、債権なのか、不動産なのか等)など、さまざまな観点から、投資先の分散を検討しましょう。

とはいえ、多くの投資先に投資を行うためには、それだけの元手が必要になりますし、投資先の選定も簡単ではありません。

そこで便利なのが、投資家から集めたお金を複数の投資先に投資する、「投資信託 」や不動産投資信託の「J-REIT (ジェイリート)」、上場投資信託の「ETF (イーティーエフ)」といった投資商品です。これらを活用することで、少額の元手しかなくても、無理なく分散投資が行えます。

3.少額でも毎月コツコツと積立投資をする

毎月決まった金額を資産形成に回す積立投資は、長期的で着実な資産を作っていくためにおすすめの手法です。

資産運用に役立つ積立投資には、つみたてNISAやiDeCo(個人型確定拠出年金)があります。特に、つみたてNISAは、積立形式の投資に特化したNISAで、約20年間、投資信託の購入額は毎年40万円までという制限はありますが、長期にわたって運用益が非課税 になるというメリットがあります。

ただし、つみたてNISAは2037年までの制度のため、購入できるのは2037年までとなります。なお、2037年に購入した投資信託は、その後20年間、非課税で保有することが可能です。

一方、iDeCo (個人型確定拠出年金)は、老後資金のための資産運用に適した手法です。毎月一定額の金額を払い込んで運用を行いますが、拠出金は全額所得控除の対象となります。節税しながら資産運用ができて、運用益も非課税となるため、老後資金のための資産形成を行いたい方にとってメリットは大きいといえるでしょう。

一方、「原則60歳以上になるまで引き出すことができない」「手数料がかかる」といったデメリットもあります。

将来への備えのために資産形成を始めよう

資産形成には、長期運用、分散投資、積立投資の3つの基本を押さえた資産運用が効果的です。できるだけ長いスパンで資産運用を行うためにも、早い段階から資産形成を意識した家計管理を行いましょう。

まとまった資産があれば、老後の備えになるだけでなく、不測の事態や不意の出費にも対応することができます。安心して暮らすためにも、自分に合った資産形成方法について考えることをおすすめします。

 

不動産会社選びにはオーディン都市開発がおすすめ!


 

私たちは、ご売却に強い不動産会社です。

しかし、今の時代高く売るなんてことは当たり前なので、ここでは高値で売れる売却に強い会社をアピールする訳ではありません。

問題は、売った後のアフターフォローです。

私たちは、ご売却後に、ご購入された買主さんから、クレームの出ないような仕組みを使っているのです。

これは他社さんには無いサービスであり、大手不動産会社でのご売却の場合は、逆にこのサービスは費用が発生してしまうのです。

それを私たちは、ご売却特典として専任以上のお客様全てに、『無償にて特典サービス』を行なっております。

これは本当に喜ばれるサービスになっており、ご説明させて頂いた売主様は、皆さん私たちにご売却のご依頼をされるのです。

 

ご売却をご依頼する場合は、まずは査定から始めてください

私たちは、AIを駆使したAIデータ査定から、過去の成約事例をもとにして取引事例比較法など、細かな分析をもとに査定価格を算出しております。

そして、この査定の価格にご納得をいただいた場合は、「ご訪問査定の流れ」になり、私たちを選ぶべく特典サービスをご確認いただいております。

無駄な時間は取らせません。

1、取引事例比較法

2、収益還元法

3、原価法

4、物件近隣パートナー企業への聞き取り調査

5、近隣施設から割り出す価格調整

6、謄本評価など法的な書類・権利関係

これらを分析して、市場の今売れる価格を導き出します。

正確無比、売れなかった不動産はありません!!

 

またこれに加えて、マンションの場合は、直近3年間の過去の売買事例の同じマンションで売れた例の平米単価平均を出しておくことで、概ねいくらぐらいで売れるのかがわかります。

 

お問い合わせいは、0120ー16ー8553までお電話いただくか、下記の「今すぐ査定する」をクリックして、査定フォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

記事執筆者:西 恭平(不動産業歴18年・宅地建物取引士)「インスタグラム」で西恭平を確認してみよう。

 

今人気のリノベーションをこっそり覗いてみる?

 

リノベーションの施工事例を見て、本物のリノベーションが、どんなものなのか気になりませんか?

➡️ リノベ先輩の素敵なお家はこちらからご覧いただけます。

 

今、新築は価格が高い割には、居住空間が狭くなったことにお気づきですか?

中古買ってリノベーションする場合、新築買うより1000万円も安く、且つ、びっくりするほどいいお家にお住まいいただけます。

 

【初心者向きリノベーションガイドブック&事例集を無料プレゼント】

このような方におススメ!

不動産購入・リノベーション初心者必見!

物件の選び方や購入方法について新築物件との違いを知りたい方

リノベーションとリフォームの違いがわからない方

リノベーションのメリットデメリットを聞きたい方

中古リノベ 事例を見ながらポイントや費用感の話を聞いてみたい方

➡️こちらからお受け取りください「リノベーションガイドブック」

 

追伸

記事の内容が良かったと思われましたら、「シェア・いいね!」の応援よろしくお願いいたします。

西 恭平

[VR視聴体験]バーチャルリアリティー:QRコードから、下記デザインのバーチャル体験をしていただけます。

 

 

リノベーション参考事例です。

上記の間取りからリノベーションで下記のような間取りに自分好みに変更することもできます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

売る時リフォームする必要はありません!デザインを描いても十分リアリティを体感できます

 

私たちの不動産ご売却のポリシーは、売りたい人、買いたい人に心底喜んで頂くことです。

私たちなりの努力の甲斐あってか、「ご売却されるお客様」のお家が、新しい居住空間に生まれ変わり、そしてそのリノベーションされたお家を、お引き渡しする前に内見して頂けます。こちらの見学ツアーは、皆さま大変大喜びされます。

 

また、ご購入いただく買主様にも、ご自身のたっての希望だった。本当の意味での「わがまま」を押し通した!!

デザイン力のあるリノベーション空間を手に入れられたのです。

毎日が「わくわく」の連続です。

最後に、ご自身の大切なお家、大事にお使い頂けます。

こちらが何よりも、私たちの不動産ご売却のポリシーでございます。

 

【無料物件査定はこちら】

 

私たちは、不動産売却のお仕事にポリシーを持って、ご対応をさせていただきます。

私たちが考えるお家のご売却は、「笑顔の数珠つなぎ」です。

私たちの強みの一つに、リノベーションのデザイン力がございます。

 

これは、物件を売る前にリノベーション工事をしてくださいというお願いではありません

むしろ逆で、物件をご売却前に、リフォームなどの修繕をして売る必要はありません。

※細かくは割愛しますが、弊社のデータ分析では、最悪の場合、リフォーム費用(150万)をまるまる損をされたと聞いております。

 

  • 不動産一括査定サイトで、複数の業者からひっきりなしに、電話を掛けて来られたくない方。
  • 後悔しない不動産会社選びをされたい方。
  • 不動産コンサルティングマスターがご担当致します。
  • 既存住宅保険をご活用されるメリットデメリットをお知りになりたい方
  • 簡易インスペクションを無料でお受けされたい方

今すぐ、こちらからお問い合わせください。

西 恭平

 

コメントを残す



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です