地方移住先の選び方 生活の質を守りながら生活費下げられる注目8都市をご紹介!!

皆さん、お家を売却される際はしっかりとした明確な理由があると思います!!

もし、まだ売却理由がさだかではない方や地方移住を少しでも考えているという方、一切考えていない方それぞれだと思います。

そこで今回は田舎や地方で暮らしたことがないという方、さらに老後は田舎でゆったりと夫婦二人で、、、と考えている方やそれ以外の方に地方移住先の暮らしについてご紹介していきます。

1、地方移住のメリット

2、地方移住するなら、、、おすすめの8都市

3、まとめ

 

1、地方移住のメリット

 

地方移住のメリットとして1番に挙げられる項目が家賃の安さです!!

地方は東京に比べ、家賃が格段に安く、都会で家計の大きな割合を占める居住費を、地方ならほかのことに回すことができます。

さらに年金支給額はどこに住んでも変わらないことで、都会に住んでいる人であれば、地方移住という選択肢もありだと考えます。

まず地方はたくさんあります。さて、どこに住むかの選択はかなり重要なものと言えます。

「地方移住とは不便な田舎暮らしを指すものではありません。生活のクオリティーを守り、生活費だけを下げる暮らし方です。」

以前、60代のご夫婦が東京から長崎に移住しました。その移住先を決める際は、それまでの生活とあまり変わらない生活が送れるよう、電車やバスなどの交通機関が整っており、商業施設や医療機関がそう遠くないところにあることも大切な条件としていました。

地方とは田畑の多い田舎だけではありません。このご夫婦のように今までと場所以外はほぼ変わりのなく生活でき、家賃が安い場所で暮らすということもありなのではないでしょうか?

 

2、地方移住するなら、、、おすすめの8都市

 

いきなりですがおすすめの8都市をご紹介させていただきます!!

「新潟市」「熊本市」「鹿児島」「松山市」「高松市」「岐阜市」「奈良市」「前橋市」8都市がおすすめです!!

共通点としまして、人口は30万~70万人の中規模都市で、大きすぎず小さすぎない都市といったところです。さらにコンパクトシティーを標榜していれば、徒歩圏内に公共施設や商業施設を集中させているため、使い勝手も良いです。

なので移動時間が減れば時間に余裕ができ、趣味などに費やす時間を増やすことも可能です!

 また、生活費や家賃が低いことも重要です。例えば東京23区を100として、消費者物価指数が96以下、家賃指が47以下といった地方都市が該当します。かつ人口密度が1平方キロメートルあたり1000人以上というような条件で探してみると下記のようなグラフになりました。

それに加えて「気候が温暖であること」「空港が近いこと」も加われば、おすすめ度がさらに増し、東京や大阪にいつでも行けるという精神的なゆとりも生まれてきます!

多くの方は地方は不便という固定観念があり、そう思っているだけで本当はそんなことありません。

なので是非一度考えてみてください!!

 

まとめ

 

地方移住に伴い、今までの人づきあいや人間関係が途絶えてしまうことを危惧される方、いられると思います。その点は安心してください!!

地方移住で生活のコストが下がれば、以前に暮らしていた街と往来する経済的余裕も生まれます。さらに現在はオンラインでのコミュニケーションも根づき始めているため、そうした不安もなおさら払拭できると思われます。

このようにこの時代だからおすすめできることです。

一度上記に挙げさせてただいた8都市、見て頂ければ嬉しく思います!!

これからも宜しくお願い致します!!

記事執筆者:西 恭平(不動産業歴18年・宅地建物取引士)「インスタグラム」で西恭平を確認してみよう。

 

今人気のリノベーションをこっそり覗いてみる?

 

リノベーションの施工事例を見て、本物のリノベーションが、どんなものなのか気になりませんか?

➡️ リノベ先輩の素敵なお家はこちらからご覧いただけます。

 

今、新築は価格が高い割には、居住空間が狭くなったことにお気づきですか?

中古買ってリノベーションする場合、新築買うより1000万円も安く、且つ、びっくりするほどいいお家にお住まいいただけます。

 

 

【初心者向きリノベーションガイドブック&事例集を無料プレゼント】

このような方におススメ!

不動産購入・リノベーション初心者必見!

物件の選び方や購入方法について新築物件との違いを知りたい方

リノベーションとリフォームの違いがわからない方

リノベーションのメリットデメリットを聞きたい方

中古リノベ 事例を見ながらポイントや費用感の話を聞いてみたい方

➡️こちらからお受け取りください「リノベーションガイドブック」

 

追伸

記事の内容が良かったと思われましたら、「シェア・いいね!」の応援よろしくお願いいたします。

西 恭平

[VR視聴体験]バーチャルリアリティー:QRコードから、下記デザインのバーチャル体験をしていただけます。

 

 

 

リノベーション参考事例です。

上記の間取りからリノベーションで下記のような間取りに自分好みに変更することもできます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

売る時リフォームする必要はありません!デザインを描いても十分リアリティを体感できます

 

私たちの不動産ご売却のポリシーは、売りたい人、買いたい人に心底喜んで頂くことです。

私たちなりの努力の甲斐あってか、「ご売却されるお客様」のお家が、新しい居住空間に生まれ変わり、そしてそのリノベーションされたお家を、お引き渡しする前に内見して頂けます。こちらの見学ツアーは、皆さま大変大喜びされます。

 

また、ご購入いただく買主様にも、ご自身のたっての希望だった。本当の意味での「わがまま」を押し通した!!

デザイン力のあるリノベーション空間を手に入れられたのです。

毎日が「わくわく」の連続です。

最後に、ご自身の大切なお家、大事にお使い頂けます。

こちらが何よりも、私たちの不動産ご売却のポリシーでございます。

 

【無料物件査定はこちら】

 

私たちは、不動産売却のお仕事にポリシーを持って、ご対応をさせていただきます。

私たちが考えるお家のご売却は、「笑顔の数珠つなぎ」です。

私たちの強みの一つに、リノベーションのデザイン力がございます。

 

これは、物件を売る前にリノベーション工事をしてくださいというお願いではありません

むしろ逆で、物件をご売却前に、リフォームなどの修繕をして売る必要はありません。

※細かくは割愛しますが、弊社のデータ分析では、最悪の場合、リフォーム費用(150万)をまるまる損をされたと聞いております。

 

  • 不動産一括査定サイトで、複数の業者からひっきりなしに、電話を掛けて来られたくない方。
  • 後悔しない不動産会社選びをされたい方。
  • 不動産コンサルティングマスターがご担当致します。
  • 既存住宅保険をご活用されるメリットデメリットをお知りになりたい方
  • 簡易インスペクションを無料でお受けされたい方

今すぐ、こちらからお問い合わせください。

西 恭平



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です