信頼できる不動産会社や仲介業者を見極める基本

信頼できる不動産会社や仲介業者を見極める基本

 

不動産物件を売却する場合、不動産会社や仲介業者を利用します。ここでは信頼できる不動産会社や仲介業者を見抜く方法を紹介いたします。

 

一口に不動産物件を扱う業者といっても、色々な種類があります。貸借、売買、土地を買って開発して分譲するデベロッパーと呼ばれるものも不動産会社の1つです。

 

不動産業界では、不動産物件には必ず所有者が存在していることを前提として、活動しています。

 

売主から依頼された物件を最も利益率が良いように取引するのも、不動産会社の仕事の1つです。

 

それでも、 1つの営業所で広範囲に渡る不動産物件を管理するには限度があります。

 

どの不動産会社でも指定流通機構を通じて、広範囲の物件を仲介することは可能ですが、さすがに東京から新潟まで、直接、営業担当者が同行することはなく、現地の担当者に任せるケースがほとんどです。

 

不動産会社には得意分野があります。例えば、賃貸物件専用会社、リゾート専門会社、など数えたらきりがないほどです。

 

これらの物件を探すのに最も手っ取り早いのが、インターネットで検索する方法があります。目的の物件を探す、あるいは所有している物件を売ろう、などと考えている人は、いくつかの不動産会社に一括査定をしてもらうという方法があります。

pixta_29714919_M
※よく似た内容の記事はこちら
売れ残る原因は仲介業者の力量?仲介を依頼すると後悔する不動産会社の特徴

それから、不動産会社のホームページだけではなく、コンビニなどで無料で配布されている不動産情報誌なども重要な資料として賃貸や売却を考えている人には助かる情報です。

 

インターネットのホームページを見ていると、そこに掲載されている物件を見て、賃貸が得意であるなど不動産会社のカラーを知ることができます。

 

不動産業界の中でも、宅地あるいは建物の売買や賃貸を仲介する業種を宅地建物取引業といいます。これを営むためには国土交通大臣または都道府県知事の免許を受ける必要があります。

 

免許を受けると免許番号が交付されます。営業所内に掲げられている宅地建物取引業者票に記載されているほか、名刺などにも免許番号が書いてあります。免許番号がない場合、無免許営業という場合がありますので、確認するようにしましょう。

 

宅地建物取引業の免許には、免許を与えた人の違いによって、大臣許可と知事許可になりますが、この場合、免許としての違いはありません。

 

不動産業界関係者が加入する業界団体は、 4つあります。どの業界団体でも不動産取引に関するトラブルの相談窓口ですので、覚えておいた方が良いでしょう。

 

・全国宅地建物取引業協会連合会

・不動産流通経営協会

・全日本不動産協会

・全国住宅産業協会

 

業者のほとんどは、宅地建物取引業協会に加入しており、その割合は全国で約8割です。

4つの業界のいずれかに所属していないと指定流通機構の利用ができないため、ほとんどの業者が業界団体に所属しています。

pixta_5302456_M
※よく似た内容の記事はこちら
査定を複数に申し込む理由と不動産会社が査定で使う方法

大手の業者にはいずれの業界団体にも加入していないケースがあります。所属団体の確認だけはしておく必要があります。

 

業者の情報は国土交通省に検索システムがありますので、ここで検索することが可能です。

 

免許番号には、更新回数を示す数字があります。数字が大きいほど更新回数が多いので、長期間営業していることがわかります。ただ、更新回数は小さくても、営業年数が短いということはありません。

 

業者に不動産の売買、賃貸の場合、不動産会社と契約する前に、売却査定や賃料査定を行うのが一般的な流れと言われています。売却希望者らの査定額が高いと、良心的な会社であると錯覚してしまいそうですが、査定額を高くするのはあくまで営業の手の内などで、言いなりにならないことが重要です。

 

不動産業界の商習慣では、不動産の査定額は売買の当事者の価格交渉が必要で、査定額はそのまま売却につながることはありません。ほとんどのケースは、査定額を下回る金額で成約をしています。

 

不動産会社にとっては早く媒介契約をしたいので、査定額は高くして媒介契約を結んで、後から「売り手が承知していない」、などと言ってくるのがほとんどです。売主が長期間もう待てないということを知った上で、このような交渉をしてくるので注意が必要です。

 

ただ、不動産会社も仲介手数料が欲しくて、必死になるのです。相場より高い査定額で売れるとは、思っていないようです。このような場合、不動産業者に本当に売る気があるのか、あるいは買ってくれる顧客がいるのかどうかを確認してみるのも1つの方法でしょう。

 

不動産物件を売買するのは、一生に1度あるかないかの出来事です。不動産会社は売却するまでの付き合いですので、仲介力を見極めるのは至難の業と言っても過言ではありません。

pixta_25451742_M
※よく似た内容の記事はこちら
不動産会社と締結する「媒介契約」と「売買契約」の違いとは?

では、不動産会社の力を見極めるポイントを見てみましょう。

 

まず、販売方法を多く持っていること。不動産物件の売り出し方法は、インターネット、専門雑誌。などたくさんあります。どの方法にも対応できる不動産会社は良い会社と言えましょう。

 

それから、対応が速いことも不動産会社を見極めるポイントです。ただちに媒介契約したと仮定して、いつまでにどのような方法で宣伝してくれるのか、スピード感を見ます。

 

不動産会社としては、だいたい3カ月間をめどに売却期間を設けます。この期間で売却できるようでしたら、良い不動産業者と言えましょう。

 

ですから、最初に不動産会社を見極める力を養っておくことをおすすめします。

 

 

【関西不動産買取センター】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―
banner_650_200

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です