不動産業界の「両手仲介」が巧妙化している実態

不動産業界の「両手仲介」が巧妙化している実態

 

不動産を売るときに知っておきたいこと、良いことも悪いこともたくさんあります。良いことばかりに目を向けて情報収集をするのではなく、最悪のケースなども考えておくことをおすすめします。万が一の時に損失を少なくできますし、自分の為でもあります。信頼できると思ってお願いしていた不動産業者が、実は信頼してはいけない業者なのかもしれません。

 

不動産売買もビジネスですから、やはり売主は納得のいく買い手が見つかるまで、自分の不動産を自分で守らなくてはいけません。

 

知っておきたい情報として、不動産業界の両手仲介についてお話しします。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産業界の闇ってあるの?「両手仲介」と「囲い込み」

両手仲介って何?

42322699 - real estate, real estate agent, house.

不動産業界における両手仲介というのは、物件の売主と買主、両方から手数料を受け取るという意味があります。不動産業者は仲介手数料を受け取ることによって利益を出しています。何も受け取らずに仲介をするだけでは、不動産業者には何の利益もないどころか、販売活動の為に使った経費分が赤字になってしまいます。当然不動産業者もビジネスですから、ボランティアでやっていることではない限り、仲介手数料が発生するのは当然ですね。

 

賃貸物件で考えるとわかりやすいですが、敷金や礼金など初期費用の種類がたくさんある中に、仲介手数料というものが必ずあります。その金額は不動産業者や物件によってさまざまですが、大体家賃1ヶ月分、ということになっています。その利益を得るために、物件探しをしてくれるのです。

 

これは不動産の売り買いの時も同様です。不動産を売却するときは売主が売る手伝いをしてくれた不動産業者に対して仲介手数料を払い、不動産を購入するときには、買う手伝いをしてくれた不動産業者に対して仲介手数料を払うことになっています。

 

売主からだけ、買主からだけとどちらか一方からしか仲介手数料を受け取らないという取引は片手仲介といいます。売る物件を所持している不動産業者に対して、違う不動産業者が問い合わせなどをして、結果的に売買契約が結ばれた場合、それぞれ別々の不動産業者に手数料は支払われることになります。

 

もしも同じ不動産業者が、売主の売る手伝いもして、買主の買う手伝いもした場合、両方から仲介手数料をもらえることになりますよね。これが両手仲介、と呼ばれるものです。決して両手仲介で手数料を受け取ることが違法というわけではありません。しかし、不動産業界内では悪しき習慣と呼ばれています。

※よく似た内容の記事はこちら
マンションの「仲介」と「買取」との違いはありますか?

両手仲介で起こる影響

8958769 - a conceptual image of someone receiving their key to their new home.

両手仲介の何がいけないといわれているのか、それは不動産業者が両手仲介で手数料を受け取ろうとするばかりに、売主に大きな損失が発生する恐れがある、という点です。

 

どちらからも手数料を受け取りたいという思いがあると、売る機会を逃してしまうでしょう。本来違う不動産業者から売り出している不動産に対して問い合わせがあって、まだ契約などもなかった場合は喜んでその物件を紹介するのが不動産業界のありかたです。しかし、どちらからも手数料を受け取りたいと思っていると、問い合わせがあっても嘘をついて断ってしまいます。これはもちろん売主は知らないことです。

 

そして自分たちで買主を探してくるように活動するため、売れるまで時間がかかるのです。売れるまで時間がかかれば、当然値下げのタイミングも考えなくてはいけないですし、どんどんと資産としての価値が低下していってしまいます。

 

場合によっては無理な値下げを迫られることもあります。不動産業者が、売主の希望額よりも低い金額で買いたいという希望者を探してきた場合、本来ならちゃんと納得できる価格で売れるように手伝ってくれるのが業者の役目なのですが、自分たちの利益を優先して値下げさせ、無理に安く売らせようとする可能性があります。

 

その結果、3500万円で売りたかったのに、3000万円にさせられてしまった…などと後から考えると大きな損失となってしまいます。他の不動産業者が3500万円で買うという人を見つけて問い合わせをしていたとしても、自分たちが見つけてきた買主じゃないと両手仲介にならないので、値下げを迫るのです。

※よく似た内容の記事はこちら
怪しい業者に注意!不動産会社の「囲い込み」が売主に与える被害とは?

不動産業者の悪質な行動を見破る方法

20587570 - young businessman using computer

売主にとってマイナスでしかない両手仲介には気を付けなくてはいけません。もしかして両手仲介の為に物件を囲い込みされているかも…と気づくためのポイントがあります。

 

・妥当な金額なのに購入希望者が見つからない

・なかなか売れない

・無理な値下げを薦めてくる

というような行動です。不動産業者の中には、相手は素人だからそんなことに気づかないだろうと思ってやっているところもあります。もしも不安に感じたら、不動産業者にどんな販売活動をしているか、細かく問い詰めてみましょう。軽く流されてしまうようなら、思い切って違う不動産業者に相談をおすすめします。その物件を買いたい人がいる、と問い合わせをしてもらって、断られるようなら囲い込みが発生しています。

 

両手仲介で利益を倍得ようとする行為は、売主にとってマイナスになることしかありません。気を付けて業者選びをしたいですね。

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です