マンション購入の際についてくる修繕積立金って何?

マンションを購入する際にかかってくる費用として、購入費用のほか、管理費修繕積み立て金というものがでてきます。 修繕積立金とはどういったものかと言うと

傷んできたマンションの共用部分を修繕する時に必要な資金です。

ですから、管理費修繕積立金が毎月必要になってきます。 大規模修繕工事は、物件によっても異なりますが、10~15年に一度のサイクルで行われます。 ちなみに管理費とはマンションを維持するためのお金です。エントランスがいつも綺麗に掃除されていること、困ったときには管理人さんが助けてくれること、この安心を生み出してくれているのが管理費なのです 管理費の相場は様々ですが、平均をすると月額1万円~15,000円程度の物件が多いようです。修繕積立金の平均月額が6,500円のため、毎月2万円程度の支払い義務が発生します。 また、お隣さんと支払う金額が違う場合がありますが、それはお部屋の専有面積の違いによってでてきます。単純に専有面積が大きければ多くの金額を支払う必要があります。住んでみて初めて知ったという方も中に また近年、修繕積立金不足が社会問題化しているという事が記事やニュースとして騒がれることがしばしばでてきました。 初期費用を出来るだけ抑えたい、売主と買主が起こした問題で、現在支払っている修繕積立金だけでは今後やっていけなくなるかもしれないということです。 戸建て所有と比べ、マンションなら修繕をそこまで考えなくて楽だという考えでマンションをご購入の方は注意が必要でしょう。   参考記事 積立は必要?一戸建て住宅の修繕費用は一世帯あたり約●万円


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です