どう活用する?相続した不動産を無駄にしないための賢い選択肢

どう活用する?相続した不動産を無駄にしないための賢い選択肢

 

相続した不動産物件をどのように活用するかによって、今後の収益が大きく変わっていきます。

そのまま放置しても、固定資産税が発生するだけです。

 

思い入れのある実家の場合、手放したくない気持ちがあるかも知れませんが、現実的な選択肢を考えましょう。

 

リフォーム、ホームステイジングなど選択方法はいろいろです。住宅を担保にして現金の借り入れなど、幅広い選択肢を検討してみましょう。

 

相続した不動産物件を活用しよう

pixta_14423516_M

相続した不動産物件は、主に賃貸で運用する方法と売却する二通りとなります。売却に関しては、出来る限り高く、早く買い取りをしてもらうことが重要です。

 

賃貸で貸し出す場合には、土地、建物などの状況により方向性が変わってきます。正しい方法で運用をしないと、結果的に収益が見込めない事になる可能性があります。

 

突発的に相続したために、明確な方向性が決まらず、放置されてしまうこともあります。しかし、放置しておいてもまったく収益を生まず、逆に負担になってしまうだけですので、早めに運用方法を考えた方がよいと言えるでしょう。

※よく似た内容の記事はこちら
売却だけではない!相続や離婚でも「不動産の査定」が必要になる理由

 

地元の不動産業者に相談してみよう

pixta_23924261_M

遠方の物件を相続した場合、賃貸、売却ともにご自身で管理するには難しいところがあります。その場合、地元で信頼できる不動産業者に相談し、運用や売却を任せる方法がありますので検討してみましょう。(場合によってはリフォームが必要になる場合もありますので、長期的なプランについても相談してみることをおすすめします。)

 

土地、マンションなどの場合には、管理によって収益性が大きく違ってきます。駐車場や、賃貸で貸し出すときの相談も合わせて行うと良いでしょう。

 

全国的に展開している業者に買取を依頼

 

放置しておき運用の予定がないのであれば、不動産を素早く買い取りをしてもらい、現金化してしまう、ということもひとつの方法です。そのときには、買い取りに力がある全国展開している業者に相談する、というのが良いでしょう。

 

急がない場合には、仲介によって売却を依頼する方法もあります。

 

業者によって、物件、地域の仲介や売却には強みや専門がありますので探してみてもよいかもしれません。査定を依頼したときにも10パーセントほど、金額に差額が発生することも珍しくありませんので、出来る限り高く売却するためにも、複数の業者に査定依頼をして、売却の準備をすることがポイントとなります。

※よく似た内容の記事はこちら
相続した不動産、相続人が2人以上いる場合の手続きの進め方

 

実家を相続した場合

 

相続で多いケースとしては実家を相続したときです。思い入れがあるが、現在在住は実家から離れており、住む予定がないというときについてお話します。

 

この場合には、リフォームをして賃貸で貸し出すか、売却するかのどちらかになります。多少の期間は家族の大切な思い出を大切にすることも良いですが、長くなると固定資産税の問題が発生します。思い出も大切ですが、現実的に運用、売却の方法を考えることも大切です。

 

実家のリフォームは専門業者に

 

実家を相続して、リフォームをして賃貸で運用するときには、一戸建て、分譲マンション共に、専門業者に相談することが重要です。その際は、収益性を考えてリフォームの費用も忘れずにしておいてください。

 

場合によっては、銀行に相談し、相続した物件を担保にしてリフォーム、返済計画を立てることもひとつの方法です。固定の収入と、リフォームなどの費用を相殺することができるため、おおよその収益の見込みを立てられます。リフォームしたほうが当然、物件の状態もよくなるため、賃貸で運用するときにも高い収益性を見込めます。

 

売却の場合にはホームステイジングを

 

相続した物件を売却するときにはホームステイジングは欠かせません。オープンハウスの状態だからこそ、閲覧される方に高い印象を持ってもらえるように配慮したいところです。

 

部屋の光の採光や家具の配置など、すっきりと整理をすることです。また、目立った汚れや水回りなどは一度、清掃をしてすぐに使えるようにするとよいでしょう。

 

実際に閲覧した方の印象が違うだけで、買取価格が大幅に変動することも珍しいことではありません。ホームスティングは初期費用もリフォームと比較すると圧倒的に負担を少なくすることができますのでおすすめの方法です。

※よく似た内容の記事はこちら
相続税の節税のためのマンション購入のメリットとデメリット

 

リフォームしてご自身が住む選択肢も

48613706 - house selling concept with housing, tablet smartphone

都内の分譲マンションを相続した場合、もしご自身の在住が賃貸物件であれば転居をする方法もあります。その場合、老朽化や暮らし方が違うときには思い切ってリフォームをするのも良いかもしれません。(リフォームの現金が必要な場合には相続した物件を担保に、金融機関に相談するのも良いでしょう。)

 

結果として、現在の賃貸物件の支払いよりも安価で、より条件のよい物件で住む事が出来る場合があります。リフォームであれば、古くなった部分も大幅に修繕が可能です。

 

内装なども一からご自身でデザインできますので、新しい生活を始めることも可能です。また、物件を購入するわけではないため、月々の支払いもそれほど高額にならないというメリットもあります。

 

Youtube、Twitterもやってます!チャンネル登録も宜しくお願いします!

twitter

Youtube

不動産が信じられないほど早く買取。もっと早く不動産を売りたい人は他にいませんか?
・不動産を最速48時間で現金買取!
・仲介手数料完全無料!

―オーディンスタッフ一同より―



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です