不動産の売却には5つの手段がある!もっとも高く売れる方法は?

不動産の売却には5つの手段がある!もっとも高く売れる方法は?

 

所持している不動産を売却したいというときに、どうやって売却すれば最も高く売ることができるかということをご存知でしょうか?そもそも不動産の売却には5つの方法があります。最も一般的なのは不動産仲介業者に依頼して買い手を探してもらうという方法です。

 

ですがそれぞれの方法にメリットもあればデメリットもあります。それぞれのメリットとデメリットを知っておくことで、自分の所持している不動産が最も高く売れる方法が見えてくるでしょう。そこでそれぞれの売却方法の特徴についてご紹介したいと思います。

 

※よく似た内容の記事はこちら
売却する前に要チェック!不動産の売買で裁判になった事例を紹介

 

仲介

pixta_18356962_M

まず最も一般的だと思われる不動産会社の仲介による不動産売却についてです。売却したい不動産を業者に査定してもらい、その価格で購入希望者を募るというものです。

 

不動産がどのくらいの金額で売却できるかというのは、不動産の営業力や販売活動に左右されます。腕の良い担当者に担当してもらうことができれば、相場よりも高く売却することもできます。ですが販売活動を怠るような業者に依頼をすれば売却価格は査定額よりも低くなってしまうこともありますし、購入希望者がいくら待っても現れないというケースもあります。

 

また、仲介の場合には業者に対する成功報酬として「仲介手数料」を支払わなければいけません。この仲介手数料は税抜きの売却金額の3%+6万円+消費税となります。

 

 

個人売買

32011182_ml

これは業者に仲介を依頼せずに、売り主自らが買い手を探すという方法です。親族間での売買などでは比較的用いられる方法で、最近ではインターネットに個人売買専門のサイトもあり、以前よりも簡単に買い手を見つけることができるようになりました。

 

メリットとしては業者を介さないため、仲介手数料が発生しないという点が挙げられます。売り主の希望売却価格で購入したいという買い手が見つかれば、最も高く不動産を売却できる方法となるでしょう。売り手と買い手の直接契約になるため、手続きが簡単に済むというメリットもあります。

 

ですが手続きが簡単に済む分、後からトラブルが起きる可能性が高いのも個人売買です。売買契約を結んだ際の、売り手と買い手の理解が違っていたという点で問題になることが多いのです。不動産は高額なものですので、知識がないまま個人売買を行うのは危険です。

 

※よく似た内容の記事はこちら
別荘を売却する前に覚えておこう!知って得する4つのポイント

 

買取

不動産仲介業者ではなく、不動産買取業者に直接買い取ってもらう方法です。売却した物件は業者の利益分をプラスして販売されることになります。

 

不動産を直接買い取ってもらうことができるため、売却はとても迅速に完了します。業者によっては2、3日で取引が終了するという場合もありますので、できるだけ早く不動産を売りたいという方にとっては一番良い方法です。

 

更に仲介してもらうわけではないので、仲介手数料を支払う必要はありません。住宅ローンが残っている不動産でも買取可能の業者も多くなっています。どんな不動産でもほぼ買い取ってもらうことができます。

 

ですが買取価格に業者の利益分をプラスして販売する方法ですので、一般的に買取価格は仲介で売却する場合と比較して低くなります。

 

 

任意売却

住宅ローンが残っている不動産を、業者を介して売却する方法です。競売が開始されている不動産でも売却を依頼することができるので、住宅ローンが支払えないという場合にはとても便利です。売却価格は仲介のときと同等になります。

 

競売になると不動産の落札価格は、通常の不動産売却価格よりもかなり低くなります。その落札価格はローンの返済に充てられますが、それでも残ったローン分はその後も返済しなくてはいけません。その点任意売却であれば通常の不動産売却と同等の価格で売却することができるので、ローン残高も競売と比較すると少なくなるでしょう。

 

デメリットとしては業者への仲介手数料が不動産売却価格から差し引かれることと、原則ローンの滞納をした場合に選択する方法ですので、全国銀行個人信用情報センターに金融事故の情報が登録されることです。

 

 

オークション

最近ではインターネットで不動産の売買ができるオークションサイトがあります。ですが基本的には個人間でのオークションではなく、不動産業者を介してのオークションとなります。つまり実質的には仲介ということになります。

 

オークションは場合によっては最も高く不動産を売却できる方法ともなります。落札価格は入札者によって決まりますので、多くの入札者がいれば、それだけ高額で売却することができます。他の売却方法と比較して、売り主の想いよりも高値で売れる可能性を秘めています。

 

ですが入札者がいなければ落札はされませんし、1人しか入札者がいなかった場合には、最低落札価格で売却しなければならないことになります。最初の出品価格の設定が非常に難しいのがオークションです。そして業者を介する売却になりますので、仲介手数料も発生します。

 

※よく似た内容の記事はこちら
不動産の売却によるトラブルにはどういったものがありますか?その対処法は?

 

高く売却できる方法ほどリスクも大きい

40291139 - ideal home

不動産を売却するためにはこれらの5つの方法があります。最も高く売却できる可能性があるのはオークションですが、その分リスクも大きくなります。全体的に見て、高く売却できる可能性がある方法ほど危険性も増すという傾向にあります。

 

ご自身がどのような形で不動産を売却したいか、どのくらいの金額が希望なのかということも含めて、売却方法を検討するべきでしょう。

 

Youtube、Twitterもやってます!チャンネル登録も宜しくお願いします!

twitter

Youtube

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】

・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です