住替えローン、はたして大丈夫?

売却価格よりもローン残高が大きい状態のことをオーバーローンと言います

住み替えが目的で売却を検討する場合はオーバーローンであるか否かは重要なので、

事前に査定で売却金額の予想を調べておくことをオススメします。

 

住み替えローンについて

住宅ローンを組んでマンションや一戸建てを買い替える際、住み替えローンを利用する人も多いはずです。

住み替えローンとは、新しいローンを組んで、さらに残っている前のローンも合算される仕組み。

 

新しい住宅を買うためのローンと売却する住宅のローンがダブルになります。

そして、売却したあと、売却金額を返済に充て、残ったローンを支払っていくというのが「買い先行」の住み替えローンの特徴です。

「売りが先か、買いが先か」は、住み替えローンでカギになるポイントです。

いずれにしても、住み替えローンは通常の住宅ローンよりも審査のハードルが高いため、

先走って売却を進めてしまうのは得策ではないでしょう。

現実的じゃない返済計画を立てるくらいなら、はっきり言って住み替えローンはオススメできません。

将来的にローンが払えなくなって差し押さえられるくらいなら、現状のまま住み続けたほうが得策です。

今の住居を売却し、住み替えをご検討のされる予定の方は

仲介売却よりも、直接買い取ってくれる不動産業者にご相談されることをお勧めしています。

参考記事↓

仲介、買取。選ぶならどっち?

不動産投資Newspicks】

★忙しいあなたに最適!1週間のうち僅か5分で不動産ニュースをインプット!!

《多くの不動産投資家が購読しています》 不動産投資家なら必然的に知るべき

「不動産ニュース」をピックアップして 毎週月曜日に発行しています。

【ご登録は下の画像をクリック!】 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です