相続対策としての不動産投資…「落とし穴」はないのか?

相続税対策として、不動産投資をすることで

本来支払らなければいけない金額を少しでも圧縮しようとする手法は

近年多くみられます。

ただしかし、ここには落とし穴があり、

高利回りのうたっているケース程

注意しなくてはいけない場合が多いです。

不動産投資を本気でやりたいという想いから行う物件購入と

相続で不動産を買ったほうがお得だから

という理由で買う方法では、後者のほうが

【投資】としてのやっていく本気度が違います。

この隙を狙って、利益を狙ってくるハイエナのような

営業マンが多いことも現状です。

しっかり知識をつけませんか?

 

●賃貸目当てで不動産を買ったけど、入居者が全くはいらず当初の予定の家賃から下げる必要がでてきた

●家を買ったけど、そこは再建築不可の物件で建替え自体ができない土地だった

●家を買ったけど瑕疵だらけ!住めるようにするためには多額のリフォーム費用が発生した

など、知っておかないと大きな問題になります。

 

かしこいあなたは、しっかりと勉強し、不動産購入にいたってくださいね!

参考↓

今から備えよう!不動産の相続税対策!

【不動産投資Newspicks】

★忙しいあなたに最適!1週間のうち僅か5分で不動産ニュースをインプット!!

《多くの不動産投資家が購読しています》 不動産投資家なら必然的に知るべき

「不動産ニュース」をピックアップして 毎週月曜日に発行しています。

【ご登録は下の画像をクリック!】 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です