成年後見制度とは?

こんにちは、荒木です。

皆さん、成年後見制度という言葉はご存じでしょうか?

普段の日常ではあまり耳にしない言葉かと思いますが、

本日は、成年後見制度ついてお話させて頂きます。

認知症の方や高齢者などの財産を守るための制度のことで、

判断能力が十分でない方に代わって、

親族など選ばれた成年後見人が財産管理などの支援を行います。

不動産においても、売却の際に、

成年後見制度を利用されている方もおられるので、是非知っておきましょう。

法定後見制度と任意後見制度

成年後見人制度は、

法定後見任意後見と2種別あります。

法定後見は、家庭裁判所の申立後、審判が確定したと同時に効力が発生しますが、

任意後見は、本人の判断能力が不十分になった時に効力が発生する、

予め、将来的に判断能力が不十分になる前に、

任意後見契約を交わし、後見人を指名できるという制度です。

法定後見人は家庭裁判所が選任するのに対し、

任意後見人は本人が予め指名できるという違いがあります。

 

法定後見は3種類

法定後見は【後見】【保佐】【補助】の3つに分かれていて、

これらをまとめて成年後見人等と言います。

症状の重さで分かれていて、補助<保佐<後見の順になっています。

詳しくは法務省のページをご覧ください←

掛かる費用

申立の際には、手数料や戸籍謄本取得の費用、

医師による鑑定費用などが発生するので、

総額6~10万円ぐらいの費用が掛かってきます。

また、後見人に対する報酬も発生しますが、

家庭裁判所が毎年決めることになっていて、総合的に判断します。

後見人等が親族などの場合は低額であるケースも多いです。

関連のある記事はこちら←

成年後見人等に選ばれる人

基本的には、他人に自分の財産などの保護を依頼するのは

不安を感じるのが圧倒的に多いので、親族が一般的です。

そのほかに、弁護士などの専門家が後見人に選任されることもあります。

併せて読みたい記事はこちら

弊社にご連絡をする場合は?

弊社の特典のご紹介

私たち、オーディン都市開発では、ご売却される売主様のために、仲介でのご売却のサービスも行っております。

また、私たちは、建物の状態をしっかりと見れる研修を受けており、地域相場や勢いだけの営業ではなく、建物状態をしっかりと見た価格判断も行えます。

また、私たちをお選びする最大の理由は、『住宅診断は弊社の特典として、売主様にはサービス』で行っているということです。

細かな規則はあるのですが、住宅診断は弊社の特典として無料で行っております。

通常は、10万円ほどの費用負担がかかりますが、これらは弊社の特典として弊社負担で、ご売却と同時にすぐに行います。

そして、弊社がご依頼しているパートナー住宅診断会社は、日本で最も大きな組織であるサクラグループで行っており、他ではそこまで測定するのですか?というくらい、細かな測定を行いますので、最も安心して住宅診断を行える環境は、当社では揃っているのです。

実績ナンバーワンのさくら関西はこちらからご覧いただけます。

 

是非、この機会にオーディン都市開発でご売却活動をされてみませんか?

0120ー16ー8553までご連絡をいただくか、直通は06ー4256ー1092番までご連絡を頂きますと専任のスタッフがご対応をさせて頂きます。

この機会に、是非『高値で売り、売ってからの安心安全のご売却』今すぐご連絡を!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。