築30年超のマンションでもOK!スムーズに売却する極意!!

皆さん、築30年以上のマンションでも問題なく、売却できることご存知でしたか?

底堅い人気のある中古マンションですが、築30年を超えてくると少しは売却しにくくなります。
築30年超のマンションを売るには、古いマンションの特徴を理解し、しっかり準備をして売却活動に取り組むことが必要です。

では、築30年のマンションをスムーズに売却するにはどのようなことをしたらいいのか?

そこで今回は、これから築30年前後のマンションを売却する予定がある方は当然、他にも不動産売却を考えている方が知っておいた方が良い3点をご紹介します!!

1、築30年超のマンション売却の相場

2、築30年超のマンションが売却しにくい理由

3、築30年超のマンションをスムーズに売る方法

 

1、築30年超のマンション売却の相場

 

まず最低限、売却活動を上手に進めるためには、押さえておきたい事項としてあげられるものは、相場の基礎知識です。

主な地域における築30年超のマンション売却の相場は上記のようです。

もちろんあくまで相場なので、立地や間取り等で相場より高く売れたり安くなってしまうことはありますが、購入しようと考えている人は相場を目安に買うかどうかの判断をしてきますので、自分のエリアの相場を頭の隅に入れておくだけでも良いと思います!!

 

2、築30年超のマンションが売却しにくい理由

 

築30年超のマンションが売却しにくい1番大きな理由が、、、

◆原則として住宅ローン控除を利用できなくなるから

住宅ローン控除とは、住宅ローンを組んで自宅を購入すると買主が所得税等を節税できる制度になります。

中古住宅で買主が住宅ローン控除を利用するには、主に以下の要件を満たしていることが必要です。

マンションは主に鉄筋コンクリート造または鉄骨鉄筋コンクリート造で建てられているため、マンションは基本的に「耐火建築物」です。

イの要件は、耐火建築物の場合には、築25年以内であれば住宅ローン控除を適用できるとしているため、築25年以内のマンションは住宅ローン控除を利用できる物件になります。

つまり築30年目の物件が売却しにくいのは、住宅ローン控除が大きな障害となっていることを知っておきましょう。

 

3、築30年超のマンションをスムーズに売る方法

 

前章で売却しにくい理由を解説しましたが、問題はありません!!
弱点を補うような売却方法を取ることで、スムーズな売却を実現できる可能性は広がります!!

  1. 空き家の状態で売る

  2. リフォームせずに売る

この2点の訳について詳しく解説していきます。

1、空き家の状態で売る

築30年超のマンションでは、住宅ローンを完済している売主も多いと思われます。

住宅ローンが完済していれば、住み替えで先に物件を購入しても二重ローンとはならないため、経済的な負担は軽いはずです。

経済的な負担が軽ければ、先に購入を行い、引っ越した後に売却を行う「買い先行」の買い替えができます。

空き家のメリットとして下記の5点があげられます。

空き家の状態で売却すると様々なメリットがありますので、できるだけ空き家にしてから売ることをおススメします!!

2、リフォームせずに売る

なぜリフォームしないで売ることおすすめするかは、リフォームして下手に値段を高く設定するよりも、リフォームせずにそのまま売りに出した方が買主は決まりやすい傾向があります。

さらに築古の物件は、購入後に自分の好みでリフォームしたがる買主も多いため、売主にリフォームされてしまうと買主の趣味と合致せず、かえって売却しにくくなってしまうこともあるからです。

また、リフォームはせっかく行っても売却でその費用を回収できるとは限りません。
リフォームすることで逆に損をしてしまうこともありますので、リフォームせずに売ることをおススメします。

 

まとめ

 

いかがでしたか。「築30年超のマンションの売却」について解説してきました。

築30年超のマンションは、「住宅ローン控除を原則として利用できない」理由で売却しにくくなりますが、「空き家の状態で売る」、「リフォームせずに売る」などといったことでいろいろな角度から補完することもできます。なので築古だからといって、受け身になる必要はございません。

事前準備もスムーズに売却活動するためには必要不可欠ですのでそちらも知っておくこといいです!!

皆さんのマンション売却が、スムーズに進むことを願っています。

これからもよろしくお願いします。

今人気のリノベーションをこっそり覗いてみる?

リノベーションの施工事例を見て、本物のリノベーションが、どんなもか気になりませんか?

➡️ リノベ先輩の素敵なお家はこちらからご覧いただけます。

 

今、新築は価格が高い割には、居住空間が狭くなったことにお気づきですか?

中古買ってリノベーションする場合、新築買うより1000万円も安く、且つ、びっくりするほどいいお家にお住まいいただけます。

 

 

【初心者向きリノベーションガイドブック&事例集を無料プレゼント】

このような方におススメ!

不動産購入・リノベーション初心者必見!

物件の選び方や購入方法について新築物件との違いを知りたい方

リノベーションとリフォームの違いがわからない方

リノベーションのメリットデメリットを聞きたい方

中古リノベ 事例を見ながらポイントや費用感の話を聞いてみたい方

➡️こちらからお受け取りください「リノベーションガイドブック」

 

追伸

記事の内容が良かったと思われましたら、「シェア・いいね!」の応援よろしくお願いいたします。

西 恭平

[VR視聴体験]バーチャルリアリティー:QRコードから、下記デザインのバーチャル体験をしていただけます。

 

 

 

リノベーション参考事例です。

上記の間取りからリノベーションで下記のような間取りに自分好みに変更することもできます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

売る時リフォームする必要はありません!デザインを描いても十分リアリティを体感できます

 

私たちの不動産ご売却のポリシーは、売りたい人、買いたい人に心底喜んで頂くことです。

私たちなりの努力の甲斐あってか、「ご売却されるお客様」のお家が、新しい居住空間に生まれ変わり、そしてそのリノベーションされたお家を、お引き渡しする前に内見して頂けます。こちらの見学ツアーは、皆さま大変大喜びされます。

 

また、ご購入いただく買主様にも、ご自身のたっての希望だった。本当の意味での「わがまま」を押し通した!!

デザイン力のあるリノベーション空間を手に入れられたのです。

毎日が「わくわく」の連続です。

最後に、ご自身の大切なお家、大事にお使い頂けます。

こちらが何よりも、私たちの不動産ご売却のポリシーでございます。

 

【無料物件査定はこちら】

 

私たちは、不動産売却のお仕事にポリシーを持って、ご対応をさせていただきます。

私たちが考えるお家のご売却は、「笑顔の数珠つなぎ」です。

私たちの強みの一つに、リノベーションのデザイン力がございます。

 

これは、物件を売る前にリノベーション工事をしてくださいというお願いではありません

むしろ逆で、物件をご売却前に、リフォームなどの修繕をして売る必要はありません。

※細かくは割愛しますが、弊社のデータ分析では、最悪の場合、リフォーム費用(150万)をまるまる損をされたと聞いております。

 

  • 不動産一括査定サイトで、複数の業者からひっきりなしに、電話を掛けて来られたくない方。
  • 後悔しない不動産会社選びをされたい方。
  • 不動産コンサルティングマスターがご担当致します。
  • 既存住宅保険をご活用されるメリットデメリットをお知りになりたい方
  • 簡易インスペクションを無料でお受けされたい方

今すぐ、こちらからお問い合わせください。

西 恭平



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です