今流行りの「リフォーム一体型ローン」とは何か?

こんにちは、荒木です。

中古住宅を購入して、リノベーションもしたいという際に、

よく皆さん利用するのは、一体型ローンと呼ばれるローンです。

今回は、リフォーム一体型ローンについて詳しく説明させて頂きます。

 

中古住宅を購入する時に利用するローンは住宅ローンで、

リフォームを行う時に利用するローンはリフォームローンですが、

それぞれ別のローンなので、当然別に申し込みをする必要があります。

そこで、一体型ローンであれば、

1回の申込で両方の申込を受ける事が可能です。

 

一体型ローンのメリットとデメリット

メリット

◆諸費用を抑えることができる

ローン毎に手数料が掛かりますが、一体型であれば、1回で済みます。

◆毎月の返済金額を減らすことができる

リフォームローンは住宅ローンと比べると金利が高いですが、

一体型であれば、住宅ローンで借りられます。

◆住宅ローン減税の利用可能

リフォームローンでは利用不可ですが、

一体型であれば、住宅ローン減税の利用可能です。

デメリット

◆審査が厳しくなる。

住宅の購入費とリフォーム費が加算され、

金額も大きくなるので、より審査は厳しくはなります。

似たような記事はこちら

 

注意点

一体型の住宅ローンは、事前審査の段階で、

リノベーション費用の見積もりやリノベの図面が必要になることがほとんどです。

一般的な仲介会社だとリノベや一体型ローンの扱いに慣れていないので、

できる限りリノベーションのワンストップサービスの会社を選んでいきましょう。

弊社もワンストップサービスを行っていますので、是非ご相談ください。

こちらも人気記事

 

弊社にご連絡をする場合は?

弊社の特典のご紹介

私たち、オーディン都市開発では、ご売却される売主様のために、仲介でのご売却のサービスも行っております。

また、私たちは、建物の状態をしっかりと見れる研修を受けており、地域相場や勢いだけの営業ではなく、建物状態をしっかりと見た価格判断も行えます。

また、私たちをお選びする最大の理由は、『住宅診断は弊社の特典として、売主様にはサービス』で行っているということです。

細かな規則はあるのですが、住宅診断は弊社の特典として無料で行っております。

通常は、10万円ほどの費用負担がかかりますが、これらは弊社の特典として弊社負担で、ご売却と同時にすぐに行います。

そして、弊社がご依頼しているパートナー住宅診断会社は、日本で最も大きな組織であるサクラグループで行っており、他ではそこまで測定するのですか?というくらい、細かな測定を行いますので、最も安心して住宅診断を行える環境は、当社では揃っているのです。

実績ナンバーワンのさくら関西はこちらからご覧いただけます。

 

是非、この機会にオーディン都市開発でご売却活動をされてみませんか?

0120ー16ー8553までご連絡をいただくか、直通は06ー4256ー1092番までご連絡を頂きますと専任のスタッフがご対応をさせて頂きます。

この機会に、是非『高値で売り、売ってからの安心安全のご売却』今すぐご連絡を!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。