土地や建物の売却価格を確認できる不動産の査定ソフト まとめ

土地や建物の売却価格を確認できる不動産の査定ソフト まとめ

 

不動産の売却価格を知る方法はいろいろありますが、一括査定サイトを利用したり、不動産サイトで相場を知ることができたりと、昔よりはるかに便利で簡単に情報を得ることができるようになりました。

 

さらに、不動産の査定ソフトを使えば、より正確に不動産の売却価格を知ることができます。

 

しかし、一般人に不動産の査定ソフトを使うことはできるのでしょうか?そもそも不動産査定ソフトは売っているものなのでしょうか?

 

あまり存在の知られていない不動産の査定ソフトとは一体どんなものか、まとめてみました。

pixta_30562231_M

不動産査定ソフトとはどんなものか?

 

不動産査定ソフトは、主に不動産会社や仲介業者が、不動産の価格を査定するために利用するものです。

 

その数は多くありませんが、有料のものも無料のものもあります。

 

基本的に不動産会社が利用するもので、一般の人が不動産の価格を知るためにはあまり向いていない仕様になっています。

 

計算方法はそれほど複雑ではないのですが、不動産の価格は流動的なので、計算式だけでなく、さまざまなデータが必要になります。

そのため、そういったデータを持たない一般の人には、査定ソフトで正確な査定価格を導き出すのは難しいと言えます。

 

 

不動産査定ソフトに必要なデータとは?

pixta_23925046_M
不動産会社などが不動産の査定をする時には、3つの計算方法があります。

 

・取引事例比較法

査定の対象になる不動産とおなじような条件の不動産の取引事例を比較して、価格を算出する方法で、マンションなどの査定によく使われています。

 

・収益還元法

査定の対象になる不動産が、今後どれくらいの価値や利益を生み出すかを予測して、査定価格を算出する方法で、賃貸物件などの査定に用いられています。

 

・原価法

査定の対象になる不動産を一から建築した場合の原価を算出し、建築年数による経年変化などを考慮して、現在の査定価格を割り出す方法で、一戸建てや土地の査定によく用いられます。

 

これらの計算方法からわかるように、査定ソフトを使用するには、過去の事例や未来予測するためのデータが必要になってきます。

 

査定ソフトの一例

 

・WEB版 価格査定マニュアル/不動産流通推進センター

査定方法:戸建住宅は原価法、マンションや土地は事例比較法を採用。

利用料金:年間3,240円(税込)

売却価格提案書や査定結果をエクセルで出力。

WEB版の利用には、利用登録が必要。

 

無料の査定ソフトは、不動産会社の業務に必要な書類を作成するサポートが主なもので、シンプルな査定ソフトというのはあまりないようです。

pixta_13917365_M

査定サイトを利用する

 

ネット上の一括査定サイト以外にも、所在地や面積、構造などの項目を入力するだけで、簡単に査定結果を知ることのできるサイトもあります。

 

こういったサイトの場合は、既にデータベースが存在しているので、入力する度にリアルタイムの査定結果が出てくるので、簡単で確実です。

 

個人情報を入力して連絡を待つ必要もないので、とにかく査定価格や相場を知りたい場合には、査定サイトが最適と言えます。

 

※よく似た内容の記事はこちら
よくインターネットで見かける査定サイトの口コミや評価は信用できる?

 

査定アプリを利用する

 

スマホやタブレットを使用する場合、無料の不動産査定アプリが豊富です。

住所、面積、築年数などを入力するだけで、瞬時に仲介価格や買取価格まで表示されるものもありますし、不動産売却の情報や、法律などのお役立ち情報まで得ることができます。

アナログな方法も試してみる

WEBやアプリやソフトなど、デジタル面での技術の進化ばかりが目立ちますが、最終的に不動産を売買するのは、やはり人対人になります。

もし、売却したい不動産の近くに不動産屋さんがあるようなら、思い切って訪ねてみるのはどうでしょうか。

 

デジタルでは計り知れない情報や知識は、地元の不動産屋さんにしか存在しないものも多いでしょう。

 

その周辺の相場はどのくらいか、もし売却するとしたらいくらくらいが妥当か、相談してみると、ほかのものでは得られない貴重な意見を頂くかもしれません。

アナログとデジタルのいいところを活かして、ベストな選択をするようにしたいですね。

※よく似た内容の記事はこちら
2つの不動産査定、「簡易査定」と「訪問査定」って実際にはどう違うの?

 

不動産査定ソフトは不動産業者向き

 

不動産査定ソフトと聞くと、必要な情報を入力すれば、誰でも査定結果を知ることができるような印象を受けますが、実態は不動会社などの企業や、不動産鑑定士などプロの人が、売買取引の業務をスムーズに行うために存在しているようです。

 

興味のある人は、チャレンジしてみるのもいいかもしれませんが、有料であまり安くないものが多いので、自分の不動産の査定価格を知りたいだけなら、無料のサイトやアプリを使用するのが近道と言えます。

 

また、査定の計算方法はあまり複雑でなく、計算式を公開しているところもあるので、エクセルなどで計算式を作って、カスタマイズしている人が多いようです。

 

やはり、不動産売買を生業としているプロの人たちにはかなわないので、正確な査定価格を知るためには、査定依頼をして、信頼できる不動産会社のパートナーを見つけられるようにしてください。

 

Youtube、Twitterもやってます!チャンネル登録も宜しくお願いします!

twitter

Youtube

【関西不動産買取センター】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

banner_650_200


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です