瑕疵担保責任(契約不適合)責任とは?

こんにちは、荒木です。

「瑕疵担保責任とは何か?」

分かりやすくご紹介します!

瑕疵(かし)とは、住宅などの欠陥や傷、不具合などの事で、

物理的瑕疵

耐震基準の不適合、雨漏り、シロアアリ被害など

環境的瑕疵

臭気、騒音、振動など

心理的瑕疵

過去の自殺や事故などの情報、暴力団やカルト拠点など

法律的瑕疵

都市計画法、建築基準法、消防法などの法令に抵触している場合など

大きく分けて、4項目の瑕疵があります。

瑕疵担保責任から「契約不適合責任」名称変更

2020年4月に瑕疵担保責任から【契約不適合責任に名称が変更されて、

売主が負うべき責任の範囲が広がりました。

瑕疵担保責任では、不具合などがあった場合に請求できることは、

【契約解除、損害賠償】の二種類でしたが、

契約不適合責任では、更に二種類追加で【追完請求、代金減額請求】

も出来るようになりました。

瑕疵担保責任では隠れた瑕疵でしたが、

契約不適合責任では瑕疵が隠れているかどうかの問題ではなく、

契約の内容に適合しない場合に、

負わなければならない責任と分かりやすくなりました。

人気記事【不動産売却のトラブルを避けるために!】

追完請求と代金減額請求

1.追完請求とは

契約の内容と適合しない場合に、修繕などを求めることが可能です。

例えば、契約内容にインターホンが付いていると記載されているにも関わらず、

ついていなかった場合、取り付けてくださいと求めることが可能です。

2.代金減額請求とは

買主が売主に対し、十分な期間を設けて追完請求したのに、

対応してもらえないときに請求出来る権利です。

上記の例で、インターホンを取り付けてほしいと、追完請求し、

十分な期間を設けても、対応してもらえなかった場合、

契約不適合に応じた代金減額請求をすることが可能です。

話題記事■住宅ローン控除引き下げ!

契約不適合責任の期間

契約不適合責任には期間があり、

買主は、契約不適合(瑕疵)を知ってから

1年以内に売主に通知をしなければ権利を失ってしまいます。

また時効があり、1年以内に通知をしていても、

売主にその後請求することなく、5年または10年が経過してしまうと、

買主の権利は時効によって失われます。

ですので、買主が瑕疵を知って5年以内に、

追完請求や代金減額請求などの対応を売主に請求することが必要です。

また、買主が瑕疵にずっと気づかず、引渡しから10年経過すると、

対応を求める権利自体を失ってしまうので注意が必要です。

弊社にご連絡をする場合は?

弊社の特典のご紹介

私たち、オーディン都市開発では、ご売却される売主様のために、仲介でのご売却のサービスも行っております。

また、私たちは、建物の状態をしっかりと見れる研修を受けており、地域相場や勢いだけの営業ではなく、建物状態をしっかりと見た価格判断も行えます。

また、私たちをお選びする最大の理由は、『住宅診断は弊社の特典として、売主様にはサービス』で行っているということです。

細かな規則はあるのですが、住宅診断は弊社の特典として無料で行っております。

通常は、10万円ほどの費用負担がかかりますが、これらは弊社の特典として弊社負担で、ご売却と同時にすぐに行います。

そして、弊社がご依頼しているパートナー住宅診断会社は、日本で最も大きな組織であるサクラグループで行っており、他ではそこまで測定するのですか?というくらい、細かな測定を行いますので、最も安心して住宅診断を行える環境は、当社では揃っているのです。

実績ナンバーワンのさくら関西はこちらからご覧いただけます。

 

是非、この機会にオーディン都市開発でご売却活動をされてみませんか?

0120ー16ー8553までご連絡をいただくか、直通は06ー4256ー1092番までご連絡を頂きますと専任のスタッフがご対応をさせて頂きます。

この機会に、是非『高値で売り、売ってからの安心安全のご売却』今すぐご連絡を!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。