中古住宅ご購入の流れについてご説明いたします!

こんにちは、荒木です。

中古住宅を購入するには、様々な手続きが必要となります。

そこで今回は、中古住宅購入の流れについて、

簡単に分かりやすく、ご説明させて頂きます。

基本的な流れ

1.住宅の情報を集める

2.物件の内覧

3.購入が決まれば申込

4.ローンの事前審査

5.売買契約、重要事項説明

6.ローン契約

7.残代金の決済、引渡し

こちらも人気記事

 

1.住宅の情報を集める

不動産会社から物件情報を紹介してもらったり、

ネットで気になった物件を集めたり、情報を集めましょう。

場所、予算、間取り、立地条件、入居時期、こだわりなど、

ここがブレてしまうと、振り出しに戻ってしまうので、

慎重に明確に決めてから探しましょう。

 

2.物件の内覧

ある程度、内覧物件候補が絞れたら、

信頼できそうな不動産会社に連絡をし、内覧を申し込みます。

最終候補が見つかれば、午前午後で日当たりや周辺情報が変わることもある為、

何度か見たり調べたりするのもおススメです。

 

3.購入が決まれば申込

購入が決まれば、申込書を記入し、不動産会社経由で売主へ提出してもらいます。

 

4.ローンの事前審査

住宅ローンを利用する場合、事前にローン審査を行います。

審査期間は、大体ですが、数日から1週間ほどとなります。

買主の収入や、勤続年数、その他ローンなどの申告申込をして、仮承認をもらいます。

 

5.売買契約、重要事項説明

基本的に、重要事項説明と売買契約は同日に行います。

重要事項説明とは、物件の情報、売買条件に関する説明です。

重要事項説明が終われば、売買契約の締結をします。

契約書内容を買主、売主それぞれ確認し、署名、捺印をおこない、手付金を支払います。

 

6.ローン契約

売買契約締結後、住宅ローンの本審査にはいります。

事前審査と同じように調査が行われ、源泉徴収票、課税証明書、売買契約書、住民票などが必要になってきます。

本審査が通れば1、2週間ほどで承認通知が届きます。

 

7.残代金の決済、引渡し

引渡し時、仲介の不動産会社、買主、売主、司法書士、金融機関担当者が

揃っておこなうのが一般的で、

ローンの実行と、決済の振込、登記申請を行っていきます。

完了すれば、鍵を引渡しで終わりです。

併せて読みたい記事はこちら

 

弊社にご連絡をする場合は?

弊社の特典のご紹介

私たち、オーディン都市開発では、ご売却される売主様のために、仲介でのご売却のサービスも行っております。

また、私たちは、建物の状態をしっかりと見れる研修を受けており、地域相場や勢いだけの営業ではなく、建物状態をしっかりと見た価格判断も行えます。

また、私たちをお選びする最大の理由は、『住宅診断は弊社の特典として、売主様にはサービス』で行っているということです。

細かな規則はあるのですが、住宅診断は弊社の特典として無料で行っております。

通常は、10万円ほどの費用負担がかかりますが、これらは弊社の特典として弊社負担で、ご売却と同時にすぐに行います。

そして、弊社がご依頼しているパートナー住宅診断会社は、日本で最も大きな組織であるサクラグループで行っており、他ではそこまで測定するのですか?というくらい、細かな測定を行いますので、最も安心して住宅診断を行える環境は、当社では揃っているのです。

実績ナンバーワンのさくら関西はこちらからご覧いただけます。

 

是非、この機会にオーディン都市開発でご売却活動をされてみませんか?

0120ー16ー8553までご連絡をいただくか、直通は06ー4256ー1092番までご連絡を頂きますと専任のスタッフがご対応をさせて頂きます。

この機会に、是非『高値で売り、売ってからの安心安全のご売却』今すぐご連絡を!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。