家を売る時にやっちゃダメな間違いTOP3

FROM:西 恭平

この話をするのは、理由があります。

私たちはこれまで、たくさんの「あらゆる不動産」を買い取らせていただきました。

  • 隣同士が繋がった小さいお家(連棟住宅)
  • 前の道が1mしかないお家(再建築不可物件)
  • お亡くなりになれてたお家(心理的瑕疵物件)
  • とても小さな土地のお家(10坪未満の住宅)
  • 大きな川、海の真隣の土地
  • 山奥のお家
  • 前の道が1mのアパート
  • 騙されて買わされた接道の無いお家(連棟・再建築不可・融資不可)
  • 道が狭く入り組んだ奥にある廃墟アパート
  • 人通りの少ない古いビル
  • 大きい賃貸マンション
  • 500坪を超える大きな土地

数え上げるときりがありませんが、その他、マンションや、田んぼ、ハイツやコーポと言った。

まさに、あらゆる不動産を、買い取らせていただき、500件以上にものぼる不動産の買取実績があります!

「お客様の声&買取実績」をご覧ください。買取らせていただいたお客様の声インタビュービデオをご視聴いただけます。

↓クリックしたら見れます。


我々プロから見て、多くの人たちは、不動産売却で損をしているから、、

私のお仕事は、不動産直接買取と、不動産スピード買取になります。

どちらも、不動産を買い取ることにはなりますが、ふと考えてみると、、

「買い取った不動産はどうなる?」です。

もちろん、購入させていただいた不動産は全て販売させていただきました。

山奥の物件も、10坪未満の土地も、家も、前の道が狭い家も、全て売り切っています。


現在は、山奥の不動産や、関西圏・東京圏、以外のお客様へのご対応は終了しました。

前の道が狭いお家や、廃墟のアパートは今でもご購入させていただいております。

※私のご相談はかなり評判がいいので、フリーダイヤル(0120ー16ー8553)担当の西までご連絡ください

※ご相談であれば、他府県のお客様でも、しっかりとしたアドバイスをさせていただきます。

そんな私からみると、多くの人は、家を売る時にやっちゃダメな間違いを犯しています

多くの不動産を買い、多くの不動産を売って来たのですが、やはり売り方の工夫については、人一倍努力をして来ました。

本当に少しのことで、手元に残るお金が7万円や、10万円のブレ幅は付きものです。

しかし、それをしっかりと押さえることで、私でいう利益が増える訳ですから、血眼になるのも当然かも知れません。

私の利益ということは、あなたの場合は、間違えた選択をすると、本来貰えていたはずの7万円や10万円が、貰えなくなる場合もあると言う事です。

実は言いにくいのですが、あなたの場合はもっと深刻な「やっちゃダメな間違い」に注意をした方がいい。

これからお話しする3つの「やっちゃダメな間違い」は、非常にインパクトがあり、過去に間違って売ってしまった人からすると、衝撃がすご過ぎて、後悔の念に悔やまれるでしょう。

それでは1つ目:リフォームしたら、すぐに売れるとそそのかす仲介業者の甘い罠

私の販売データによると、一戸建て・分譲マンションは、単なるリフォームをするだけでは、見合った分の価格が上がらなかったことです。※自社データ、リフォームをしない方が80%手元にお金が多く残った。

例えば、不動産が売れる金額(正確には、売れるであろう金額・相場価格)には、ある程度幅を持った範囲内で、売れる。相場の価格帯があります。

1500万円であれば、1680万円〜1500万円が相場の範囲になり、この場合の見方として正しいのは、最低でも1500万円で売れると言う、絶対的な数字を持つことです。

そして、ちょうどこの価格帯のリフォームをしていない不動産を売ろうとしている場合、トイレ、キッチン、全面クロスなど、お風呂以外はピカピカにリフォームして、150万円を掛けたとしましょう。

これで、1680万円で売れる・・・いや、出だしの出値は、1780万円で行きましょう!と元気よく声を掛けてくるのは、仲介の営業マンです。

こういった事例の場合は、まず、1500万円〜1680万円の幅が相場であるにも関わらず、リフォームをしたら1780万円で売れるとそそのかすのが、仲介の営業マンです。リフォームしたら少し高く、そして早く売れると、、

この答えは、たまに売れます。不動産は不思議なもので、たまに出した金額で売れる時もあります。

しかし、無情にも手応えがない!売れないぞ!ってなる時も当然にあります。

そんな時に、販売した時の価格は、1500万円台まで落ち込むこともあります!つまり、仮に1550万円で売れた場合、あなたの最初に出したリフォーム代金の150万円はなんだったんだ!ってなりませんか?

これが仲介業者の甘い罠です。相手は、手数料商売です。手数料なら売値が下がったとしても対して影響はありません。

そして、何と言ってもリフォームでも少しちょろまかしている所でしょうか!?

なんて言うと、トリプルパンチと言うか・・

この場合は、リフォームをせずに販売していたとしても、実は1680万円の出値で売れる場合もあります。

もちろん、場所や、家の痛み具合などによっても変わりますが、概ね基本となる考え方は同じです。

信じるか信じないかは、あなた次第です。

 

追伸:150万円出しちゃった場合は、だいたい述べ250万円くらい損したことになりそうですね。

『彼を知り己を知れば百戦殆からず』ー孫子

 

追追伸

続きの話は、連載ものとしてまた書きます。

不動産売却マイスター:西 恭平

関西圏のお客様へ

「頼んで良かった」満足したお家売却されたい方は、フリーダイヤル(0120ー16ー8553)担当の西までご連絡ください

なんの努力もすることなく、可能な限り適正価格で且つ、3ヶ月であなたの不動産を販売することを保証します。もし、売れなかった場合は、お代を頂かないことも保証します。

ただし、私の言う販売価格は、先ほどの例でいう1500万円から1680万円が相場の売れる価格であり、1780万円からの出値では最初は様子を見ますが、反応が無ければ、価格を調整することに同意して頂ける方にだけ、サービスをご提供させて頂きます。

※不動産は反応が大事です。特に新規の物件で反応がなければ、価格を調節した方が結果、高く売れます!

なので、はなから売れもしない金額で販売して欲しい、とか、なんの根拠があって売値を決めていらっしゃるのかが、はっきりされない方へご対応は致しかねます。

ただし、我々にお任せ頂けますと、、

1、なかなか家が売れなくてイライラすることも、フラストレーションが溜まることもありません。

2、家の買い替えや引越しであっても、スケジュールに目処が立てれるようになります。

3、お金が少しでも多く貰えるサポートもさせて頂きます。

つまり、あなたが手に入るものは、、

なんの努力をすることもなく、イライラもフラストレーションもたまる事がなく、可能な限り適正価格で且つ、3ヶ月以内で家を売る事であり、またそれを保証いたします。

「頼んで良かった」満足したお家売却されたい方は、フリーダイヤル(0120ー16ー8553)担当の西までご連絡ください



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です