海外に住んでいる人が不動産を売買する時の注意点

海外に住んでいる人が不動産を売買する時の注意点

 

日本で不動産を持ちながら、何らかの理由で海外に住んでいると、不動産を売りたいけど一度日本へ帰って手続きをするとなると大変…と感じてしまいます。日本で売れるまで滞在しなくてはいけないのかと思うと、海外を拠点として生活している人にとってはかなり難しいことです。誰かに頼めればそれもいいかなと思いながらも、やっぱり自分自身でちゃんと売却したいですよね。

 

もちろん海外に住んでいても、日本の不動産を所有している場合は不動産売却をすることができます。しかし、やはり日本国内に住んで売却をするときとは違い、必要な手続きも少し複雑になっています。ちゃんと手順を知ってから売却を検討しましょう。

 

海外に住んでいる人が日本の不動産をどう売却するべきか、ご紹介します。

 

どんな手順で売却をするの?

 

海外に住んでいる人で、1年以上日本にいない場合、海外在住歴1年以上となったら、非居住者となります。非居住者となれば、不動産売却をする上で代理人への依頼が必要です。親族が代理人でもいいのですが、安心なのは司法書士への依頼です。司法書士へ依頼すると同時に、用意しておきたい書類があります。まず一つ目は在留証明書です。在留証明書というのは、どこの国に住んでいるかを証明してくれる書類のことです。住民票の代わりとして必要になる証明書のことです。万が一前住所の証明ができないとなると、日本国領事館もしくは日本国大使館で入手できる除住民票もしくは戸籍の附票などが必要になる場合もあります。

 

そしてもう一つの書類が、サイン証明書です。サイン証明書は印鑑証明の代わりです。手続きをするうえで必要になる書類なので、ないと困ってしまいます。不動産売却をする場合は、2種類あるサイン証明書から、貼り付け式の証明書をもらわなくてはいけません。こちらも日本国領事館や日本国大使館にて受け取ることができます。

 

必要なものまで揃えたら、代理権限委任状の準備も必要です。これは契約について代理人を立てるために必要な書類であり、売主が不動産を売却する、代理人に立ち会ってもらう、という意思を示したものです。この書類がないと売主に売る意思があるのかどうかわからないため、契約を結ぶことはできません。

 

インターネットで検索してみるとフォーマットがたくさん出てくるのですが、不動産売却専用のものとして作ってみることをおすすめします。もしも用意できないと、海外から不動産を売却することができなくなってしまいます。

 

司法書士にまるごと必要となる書類を提出して依頼をし、売買決済のときには司法書士に立ち会ってもらう、という形で売却が可能です。でも自分で司法書士に依頼する方法がわからない、というときは不動産会社に仲介をお願いすると、司法書士の紹介やアドバイスなどもしてもらえます。

 

不動産売却で得た所得について

 

不動産売却をして所得が増えた場合、本来住んでいる場所に税金などは支払う仕組みとなっているのですが、海外に住んでいても日本で所有していた不動産を売却したことで所得が出たとなれば、課税対象となるので確定申告をしなくてはいけません。また買主が個人ではなかったり、買主および親族の居住用ではないとき、そして金額が1億円を超すときには源泉徴収も納める必要があります。

 

まずは相談してみよう

 

海外に住みながら日本にある不動産を売却するとき、できれば日本へ帰国して自分自身が立ち会いながら話を進められるのが一番いいかと思いますが、なかなかそういうわけにはいきません。代理人を立てて不動産売却をする人が多いです。

 

でも心配なのは、海外に住んでいるからといって手抜きをされてしまわないか、ということでしょう。本来はどこに住んでいる人が依頼をしたって、しっかりと広告を出したりしながら販売活動をして、売主に不利となるようなことはしない、というのが正しい不動産業者の行動です。でも、不動産会社によっては、売主が日本にいないのだし、少し手を抜いたってわからないだろう…という考えをする悪質な不動産会社もあります。

 

今の状態を報告しないとか、囲い込みをするとか、不動産会社に多くの利益が出るような売却話を進めるといったことを考えているかもしれません。海外にいると不動産会社がどのように販売活動をしているのかすぐに確認することができないので、少し不安は残ってしまうでしょう。

 

でも、だからといって信用できないから自分で…では困ってしまうので、海外にいながらいくつか信頼できそうな不動産会社をピックアップして相談してみましょう。中には海外に住んでいる人の不動産売却に対して得意としている業者もあります。日本の不動産を売るとなると大変と考えるかもしれませんが、得意としている業者にお願いすると、意外とスムーズに売却することができます。早く売りたいけど海外に住んでいるし…と躊躇っていた人は、ぜひ一度不動産会社に相談してみてください。

関連記事:信頼できる不動産会社や仲介業者を見極める基本

 

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】

Youtube、Twitterもやってます!チャンネル登録も宜しくお願いします!

twitter

Youtube

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です