不動産査定は嘘でもいい!逆に逆手にとってお仕事をちゃんとさせる

FROM:西 恭平

不動産査定額は殆どが嘘です。でも、例え査定額が嘘だったとしても、ちゃんと査定を依頼した不動産屋さんに、仕事をして貰おうと言うのが今日のテーマです。

この査定額が嘘というのは、何の偽りも有りません!

高い金額で売れると言われると、何だかその気になってしまいますし、例え査定額が嘘であったとしても、高く売れるのであれば、査定を出した不動産屋さんに依頼してしまうのは、仕方がないことです。

不動産屋さんは高い金額の査定を言いさえすれば、媒介契約が取れるので、競合他社に負けないためには、そう言わざる終えないと言うのも、気持ちはわからなくはないですが、

高い査定額でも売れると言った手前から、金額がなかなか下げれないと言うのも事実です。

これが一番厄介なのですが、売れないとわかったら、金額を下げないと売れないのです。

ここに、お客さんにとって不利益を与えてしまう原因を作ってしまっています。

高い金額で売り出ししてても意味がないし売れない

どれだけ販売活動をしたとしても、たかが知れています。

何せ、どの不動産屋さんであっても、どの物件でも案内することができるからです。

要するに、媒介を任せた不動産屋さんは、管理会社のような役割なのです。

不動産屋さんが悪いのですが、高く売れると言ったばっかりに、値段を下げる時期を見失ってしまうことでより一層物件が売れなくなります。

そもそも、高いと気が付いているのは、購入したい人たちです。欲しい物件があれば買いたい訳ですからネット上の色々な物件を見ているはずです。新規で出てきた物件も当然に抑えています。

そこで、高い金額でいつまでも売りに出しているとすると、買いたい人からしたら、「なんか曰くでもあるんじゃないかな!?」とか、この物件はいつまでも高いな!?って、

あなたが買主の立場であれば、そう考えるのが普通ではないでしょうか!?

査定額は嘘でもいい!でも販売計画は「いつ売れるか!?」決めておく。

高い金額の査定を出したところに、不動産売却を依頼したとしても、高いままでは不動産屋は力を入れてくれません。

自分たちで出した金額が足かせになっていて、うっとおしい気はしますが、逆に言えば、ちゃんと動いてもらえれば、適正に価格を下げていって、比較的高い金額で、売れるチャンスを掴めるのです。

不動産屋さんには、報告義務があるので、ちゃんと仕事をしているか確認することで、業者の選定を決めます。そして、ちゃんと仕事をさせておけば、価格を下げたとしても、自分自身で納得が行くことでしょう!

つまり、結論的には不動産屋さんは嘘をつくのが当たり前なので、ついた嘘については仕方がありません。※ほとんどの業者が嘘つきます。

ですが、その上でちゃんと仕事をさせる。

チラシはどれぐらい巻いたのか?

折り込み広告の反応はどうでしたか?

何人のお客さんを自分たちで連れてきたのか?

他社の案内は何件入っていましたか?

なぜ、最初にお客さんがいると言っていたのに、最初に出した査定額で売れないのか?

この辺りの質問を使うことで、業者の力量がわかりますし、逆にちゃんと仕事をしていない場合は、切りますと一言言えば業者も動きます。

動かない場合は、その業者に任せる意味がないので、別の業者を当たった方がいいです。

西 恭平



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です