早く売るか?高く売るか?思い通りに家が売れない3つの理由

早く売るか?高く売るか?思い通りに家が売れない3つの理由

 

不動産が売れない理由はいろいろ考えられますが、その一つとして「売却価格が適正でない」ことが考えられます。売り方の問題として、不動産会社の価格設定は重要です。

 

しかし、仲介を依頼している不動産業者が取り扱い物件を増やしたい一心で預かったものの、価格設定が間違っていて買い手がつかないという状況です。

 

不動産売却にはいくつかの種類の媒介契約があり、不動産会社はなかでも専任媒介契約が欲しいという思惑から、高い価格を提示して預かろうとする場合も同様です。

 

本来であれば、「その価格では売れない」というアドバイスを不動産会社がすべきなのですが、別の不動産会社に流れてしまうのを恐れ、適正価格をアドバイスしません。

 

不動産を売却する際は、できるだけ複数の不動産会社に査定を依頼し、自分の希望価格を伝える前に、適正な売却価格を聞き出すようにしましょう。

 

また、自分から先に希望価格を言ってしまうと、それに合わせて不動産会社は査定価格を提示するケースもあるので注意しましょう。

 

関連記事:

不動産が売れないときにチェックする5つのポイント

 

売れにくい3つのケース

 

一戸建て住宅やマンションなど、中古物件には「売れない理由」が潜んでいることもあります。不動産の種類別に、その理由を見ていきましょう。

 

問題のある一戸建て

 

土地付き戸建て住宅で再建築不可となっている場合、土地としての価値があまり見込めないため、有効な用途を見出しにくく、手を出さないほうが無難とみなされてしまい、売れないことがあります。

 

問題のあるマンション

 

1階マンションの場合、高層住宅であるマンションのメリットが出にくいため、不動産業者としても売りづらくなります。

その一方で、エレベーターのないマンションで4階や5階など高層階にある物件だと、高齢者が手を出しづらいというデメリットも考えられます。

 

問題のある土地

 

用途地域や地区計画、前面道路など、さまざまな規制によって縛られている土地は売りにくくなります。自分の土地だからといって何でも建てられるわけではなく、規制の影響を受けるところが土地を売る際の難しさです。

 

不動産売却で「よくある問題」

 

買い替えで不動産を売却する場合、住宅ローンが残っていると新しく購入する物件とダブルローンになる可能性があるので段取りが重要です。

 

買い換え時期を最初に決めてしまわず、今の家が売れるのを待ってから買い替えの段取りをするのが好ましいと言えるでしょう。

 

また、最近は空き家を売却する人も増えてきていますが、使わない家を放置していると建物が劣化し、家の劣化や汚れなどにより売れにくくなるケースもあります。

 

雨が降った後には窓を開けて換気したり、冬は定期的に暖房を入れて部屋を暖めたりするなど空き家を少しでも高く売るためには管理が必要です。

 

関連記事:

売れない不動産を売るための「テコ入れ」の方法とは?

 

pixta_11970707_M

早く売るか?高く売るか?の問題

 

不動産が売れないとき、早く売るか、高く売るか、どちらを選択するかはポイント。なぜなら、不動産の売却は、タイミングと価格が比例する関係にあるからです。

 

早く売ることを優先すると価格において妥協が必要になる一方、価格を優先すると売れるまでじっくりと待つ必要があります。

 

なかなか売れないという状況が続いているという場合は、価格面で折り合いがついてない可能性が高いため、価格を下げることで解決します。

 

しかし、価格を下げてばかりだと、残っている住宅ローンの返済や新しく購入する不動産の資金計画など、さまざまな方面に影響が出てしまいます。

 

売却したい不動産の正しい相場を把握したうえで、妥当な価格を決めて売りに出し、購入希望者との交渉に対応する姿勢をもつことが、「売れない」という状況を回避するために有効な対策かもしれませんね。

 

査定と価格設定は重要

 

不動産が売れない理由はいろいろ考えられますが、その一つとして「売却価格が適正でない」ことは大きな問題です。不動産会社の価格設定が間違っていると売却に影響してしまいます。

 

価格設定が間違っていて買い手がつかないという状況は避けなければいけません。顧客をとるために、わざと高い査定価格を提示する不動産会社もいるので要注意です。

 

不動産売却にはいくつかの種類の媒介契約があり、不動産会社はなかでも専任媒介契約が欲しいという思惑から、高い価格を提示して物件を預かろうとする場合も同様です。

 

しっかり適正な売却価格をアドバイスしてくれる不動産会社のほうが好ましいと言えるでしょう。不動産を売却する際は、できるだけ複数の不動産会社に査定を依頼し、自分の希望価格を伝える前に、適正な売却価格を聞き出すことが大切。

 

複数の不動産会社の査定結果を照らし合わせ、その不動産会社の対応や実績などを総合的に考慮したうえで仲介を任せる不動産会社を選ぶようにしたいですね。

 

思い通りに不動産が売れない場合、不動産会社選びが間違っているケースもあるので見落とさないように覚えておきましょう。

 

関連記事:

なかなか買い手が見つからない!不動産会社を変更するタイミングは?

 

 

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】

・最短48時間以内に現金化が可能!?

・後悔しない不動産会社選びのために

 

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

 

bnr_03

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です