不動産会社への仲介手数料は節約できる?

不動産会社への仲介手数料は節約できる?

 

マンションや土地などの不動産の売買は、個人で行うこともありますが、多くの場合、不動産会社に仲介を依頼することになります。

仲介手数料は、不動産の売買契約が成立することで発生する不動産会社への報酬です。

 

この仲介手数料によって、物件の販売活動のための広告費用を賄うことになるため、大抵は仲介手数料の上限価格で取引されています。

 

仲介手数料とは?

 

仲介手数料は、前述したように、不動産の売買契約が成立することで発生する、不動産会社が受け取る報酬です。

 

不動産会社に仲介を依頼するのは、売主(物件の所有者)と買主(物件の購入者)になるのですが、売主側の仲介業者と買主側の仲介業者が2つあるケースと、売主と買主の仲介業者が1つというケースがあります。

 

仲介手数料の計算式

 

仲介手数料の上限金額の計算は、200万円以下の売買価格の場合が5%、200万1円以上400万円以下の場合は売買価格の4%+2万円、400万1円以上は売買価格の3%+6万円となります。(別途消費税が加算されます)

 

例えば売買価格200万円の場合、200万円×5%×1.08(消費税8%)=108000円が仲介手数料の上限金額になります。

 

売買価格350万円の場合、(350万円×4%+2万円)×1.08(消費税8%)=172800円が仲介手数料の上限金額です。

 

そして売買価格3000万円の場合は、(3000万円×3%+6万円)×1.08(消費税8%)=1036800円が仲介手数料の上限金額となります。

 

仲介手数料の節約はできますか?

 

大抵の不動産会社は、上限金額で仲介手数料を請求しているため、節約することは、理論上では可能です。

仲介を依頼した不動産会社に「仲介手数料の節約をしたい」と持ちかけることはできるでしょう。

 

だからといって、「はい、そうですね。仲介手数料を少なくしましょう」と、受け入れてくれる不動産会社というのは、そうそういないのではないかと思われます。

 

何故ならば、前述したように、物件の販売活動のための費用を、仲介手数料によって補っているためです。他にも、不動産会社の社員に支払う人件費や、店舗の賃料なども仲介手数料によって支払われています。

 

そのため、仲介手数料を上限額で支払ってくれる売主と、そうでない売主とでは、不動産会社の担当者のモチベーションに影響が出ることも考えられます。

仮に近くのエリアで同じような物件があった場合、仲介手数料を上限額で支払ってくれる売主に優先して購入希望者を紹介するといったこともあるかもしれません。

 

もしも交渉による仲介手数料の節約を考えているのであれば、そうした可能性も踏まえた上で行うようにした方が良いでしょう。

 

仲介手数料が割引に?

 

仲介手数料の節約を考えている場合、あらかじめ仲介手数料が無料や半額の不動産会社を選択するという方法があります。

仲介手数料が割引となるのは3つのパターンがあります。

 

1.自社から紹介した買主の仲介をした場合に、売主もしくは買主の仲介手数料が無料になる

 

2.自社にて買主の仲介をした場合に、売主と買主から半額ずつ仲介手数料をもらう

 

3.他社にて買主の仲介をした場合に、売主の仲介手数料が半額になる

 

仲介手数料が割引になる理由

 

本来なら上限額で請求される仲介手数料が無料や割引になるためには、それ相応の理由があります。仲介手数料の節約を考えている人は、初めから仲介手数料が無料もしくは半額といった不動産会社に仲介を依頼すると良いでしょう。

 

1.広告費用を減らしてコストを削減

 

仲介手数料が無料や半額になる理由には、広告費用を減らしてコストを削減するといった企業努力があります。

 

不動産の売買では、広告活動として、物件のチラシを作成してから新聞の折込に入れたり、物件の近くでポスティングを展開したり、不動産の情報誌に物件情報を掲載してもらうことがあります。

 

それぞれ印刷代や掲載のための費用、人件費などがかかるため、ひとつひとつは少なかったとしても、集まると結構な金額となります。

 

例えば広告活動をインターネットの不動産情報サイトへの掲載のみにすることで、広告費用を大きく削減することができます。

 

2.店舗を持たない

 

仲介手数料が割引や無料となる不動産会社の中には、店舗を持たずに営業をする会社も少なくありません。基本的にインターネット上で売買取引を進められるため、あえて店舗を持たないことで、賃料などの経費の削減をしています。

 

3.人件費のカット

 

仲介手数料を半額や無料としている不動産会社の場合、電話営業のための社員や、オープンハウスへの人員配置を少なくしたり、もしくはしないことで、人件費をカットする努力をしています。

 

まとめ

 

不動産会社に支払う仲介手数料を節約するためには、初めから仲介手数料が無料や半額となっている不動産会社に仲介を依頼することが近道となります。

 

仲介手数料を節約することも大切ですが、何よりも信頼できる不動産会社に仲介を依頼することの方が、希望通りの不動産売買につながります。

お手持ちのマンションや一戸建てを不動産査定してみてはいかがですか?

関連記事:不動産会社に支払う仲介手数料の計算式とその内訳について

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】

Youtube、Twitterもやってます!チャンネル登録も宜しくお願いします!

twitter

Youtube



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です