築年数15年以上のマンションを売るためのコツ

築年数15年以上のマンションを売るためのコツ

 

ほとんどのマンションは、新築の時から築年数が経つほどに、売却価格が下落していく傾向があります。

 

中には地域の再開発や、それまでにはなかった鉄道の駅ができたりといったようなことがあると、マンションの売却価格が上昇することもありますが、大抵の場合は築20年くらいまでは価値が低下していきます。

 

ここでは、築年数15年以上のマンションを売るためのコツを解説していきます。

 

リフォームはした方が良いか?

 

築15年以上のマンションとなりますと、老朽化が進行するため、中には不動産会社などからリフォームをすることを勧められるケースがあるようです。

 

もちろんリフォームをしてきれいな状態にしてから販売することで、イメージアップの効果もあるのですが、一方で、リフォーム費用が回収できるほどの価格で売れるか?と言われると、どちらかと言うと難しいことが多いようです。

 

もしもリフォームを行うならば、壁紙を交換したり、電球を交換する程度に収めておいたほうが良いかもしれません。

 

購入する側も、後から自分たちが使いやすいようにリフォームをすることを前提として、築15年以上のマンションを購入することは少なくありません。

あくまでも故障や不具合のある箇所のみに、行うようにする方が良い結果につながるようです。

 

ハウスクリーニングはした方が良いか?

 

ハウスクリーニングは、専用の洗剤を使用して、通常では落としにくい換気扇の油汚れなどを洗浄しています。なかなかチェックしないようなサッシ周りなどの細かな部分の汚れに関しても、しっかりと清掃してくれます。

 

「ハウスクリーニング済み」ということで、築15年以上のマンションを販売するのも付加価値となるかもしれません。

 

例えば、ペットと住んでいたり、喫煙者が家族にいたり、小さな子供がいる場合は、住んでいると慣れて気がつきませんが、内覧に来る購入希望者にとっては、「臭い」として捉えられてしまう可能性があります。

 

そうした場合にハウスクリーニングをしておくというのは、物件のイメージを良くすることにつながります。

 

「水回り」を清掃しておきましょう

 

築15年以上のマンションは、水回りの部分を清掃しておくことで、印象が良くなります。

 

例えばキッチンのシンクやコンロをきちんと磨いておいたり、お風呂や洗面所はカビや水垢、鏡の曇りを優先的に落とすようにします。

トイレは便器の黄ばみや黒ずみを落とすようにし、臭いの対策もしておきましょう。

 

大規模修繕のタイミング

 

築15年以上のマンションの場合、大規模修繕工事の前後で売却の仕方が変わってきます。

外壁の塗装や補修は10年から12年に1回、給排水設備の修繕やエレベーターの扉や内装の交換は15年に1回が目安となっています。

 

こうした大規模修繕工事のための費用は、居住者が毎月支払う修繕積立金が元手となります。工事の内容や規模に応じて工事費用が異なるため、これまでの修繕積立金で足りるのであれば問題ありませんが、工事費用が上回る場合には、修繕積立金が値上がりすることも考えられます。

 

そのため、大規模修繕工事の前に築15年以上のマンションを売却する場合には、修繕積立金の残高をあらかじめ知らせておくのも、良い条件で売るためのコツと言えるでしょう。

 

一方で、大規模修繕工事が終わった後に築15年以上のマンションを売却する場合は、工事終了済みということで、購入者にとって安心できる物件というイメージにつながります。

 

築年数15年のマンションの良いところ

 

築年数15年のマンションは、2000年4月から施行された「住宅品質確保促進法」に基いて建設されているため、遮音性を高めるための工夫として、コンクリートの厚さを180ミリほどにしたり、IHクッキングヒーターや食器洗浄乾燥機、浴室乾燥機や床暖房、バリアフリーに関する設備のある物件もあります。

 

そのため、設備の状態が良ければ、売却にも良い影響を与える可能性があります。

もしも故障や不具合があるようなら、きちんと修理や部品の交換をしておくと良いでしょう。

 

それから、1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災以降に建設されたマンションの場合、地震対策を考慮して建てられている物件が多いようです。そのため、リノベーション用としての買取も期待できます。

 

一括査定の利用

 

築年数15年以上のマンションの売却の際には、3社以上の不動産会社から査定をしてもらうと良いでしょう。

不動産会社によって、価格のつけ方が異なるため、1社だけに絞ってしまいますと、場合によっては100万単位で差額が出ることもあるようです。

 

そのため、インターネットの一括査定を利用して、物件のある地域や築年数、間取りなどを入力することで、簡易査定をしてから、条件の良さそうな不動産会社から訪問査定をしてもらうことで、希望する売却に近づくことができます。

 

まとめ

 

築年数15年以上のマンションを売却するコツには、水回りの清掃をしておくことがあります。汚れの度合によってはハウスクリーニングを利用するのも良いでしょう。

築年数15年以上のマンションを、不動産査定してみてはいかがですか?

関連記事:一戸建てやマンションの築年数と査定価格との関係

 

【関西不動産買取センター】

・最短48時間以内に現金化が可能!?

・後悔しない不動産会社選びのために

Youtube、Twitterもやってます!チャンネル登録も宜しくお願いします!

twitter

Youtube



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。