本当に売却を任せても大丈夫?インターネットの査定サイトの落とし穴

本当に売却を任せても大丈夫?インターネットの査定サイトの落とし穴

 

「不動産を高く売りたい」というのは、不動産を売却したい人の心理です。そして、この心理を悪用した手口もあるので注意しましょう。

 

相場より高い査定金額を提示し、その高額査定を真に受けて業者に任せてしまうと安値で売却されて後悔することになります。

 

仲介での高額査定は警戒する、これが基本です。たとえば、相場1,500万円なのに「2,000万円の査定額になりました」と言われたら要注意。

 

なぜなら、2,000万円の査定額がついても実際に売れるという根拠はないからです。しかも、物件を見ないで簡易の査定で2,000万円と言われるわけなので、実に怪しいです。

 

関連記事:賢い利用法は?急増するマンション売買の査定サイト

 

pixta_24266538_M

高額査定に要注意

 

しかし、「高く売りたい。」という心理から、「2,000万円で売るのは厳しいと思いつつ、その業者と契約してしまった・・・。」というケースは少なくありません。

 

では、なぜ悪質な不動産会社は高額査定を提示するのでしょうか。それは、「とりあえず契約したい」からです。とりあえず契約を結んで、売れるはずのない高値で数ヶ月の時間をかけて、「この金額では売れません」と徐々に値段に落とすように売主を誘導する手口です。

 

そして、最終的には、相場より安い価格まで落とし、売却させます。はじめの高額査定は「とりあえず契約」するためのエサだったのです。

 

すぐに売りたいと思っていても、このような悪質な不動産会社の行為で時間とお金を無駄にしてしまうのは好ましくありません。

 

また、売れ残り物件のイメージが付き、ますます売れにくくなる場合もあります。不動産は、付加価値がなければ相場より高く売れることはほとんどありません。

 

物件の付加価値を見つけてくれる業者に依頼し、「査定金額と実際の売却金額はイコールではない」ということを忘れずに、信頼できる不動産会社を見つけましょう。

pixta_13937740_M

査定で優良度をチェックする

 

すべての不動産会社が悪徳ではないので、正しく査定を利用すれば信頼できる不動産会社と出会える可能性が高く、売却に失敗することもありません。

 

ポイント1 査定は複数の不動産業者に依頼する

 

査定価格だけで売却を依頼する不動産会社を決めるのはナンセンスです。査定価格が高いからと言ってその不動産会社に売却を依頼してはいけません。

 

売却依頼を取るために、わざと高く査定する悪質な不動産会社もいるからです。大切なのは、査定価格ではなく査定額の根拠です。

 

ポイント2 不動産価格査定書をチェックする

 

不動産価格査定書は、売却希望の人に対して売却金額の根拠を提案する資料です。査定額の根拠が書かれており、その根拠はそのままその不動産業者が買い手に説明する理由でもあります。

 

そのため、その根拠に納得しなければ買い手も価格に納得することはないでしょう。買い手の立場になって不動産価格査定書をチェックすることで、その査定書の信憑性が判断できます。

 

査定するにあたって、売却する不動産のことを調査しなければなりません。まずは、いろんな資料を集めます。この作業は手間であり費用もかかりますが、売却物件の特徴を把握するためには重要なポイントです。

 

この作業で売り手から出された資料をそのまま使ったり、最新の資料を収集していないような不動産会社には売却を依頼してはいけません。

 

不動産価格査定書には査定根拠として必要資料が添付されているので、そうした情報も不動産選びの目安にすることができます。

 

ポイント3 高額査定は信用しない

 

 

客観的な根拠に基づいて査定していない不動産会社はNGです。不動産の正しい価格というのは、売買の世界では不透明です。

 

いくらで査定して、いくらで売り出そうが、売主の自由。ところが、それでは買い手は納得しません。買い手は合理的な価格でないと納得しないのです。

 

査定が客観的な根拠に基づいていないような不動産会社への売却依頼は避けるのが無難。ちなみに、高額査定は根拠がないので注意しましょう。

 

また、不動産を売るときには買い手から値引き交渉されるケースが多く、そのときにも査定の根拠をきちんと買い手に説明し、その価格で購入しても買い手にとって不利益でないことをしっかり理解してもらうためにも必要です。

 

査定が客観的な根拠に基づいていないと、買い手へ説明できず、セールスポイントが弱くなってしまうでしょう。結果、値引き交渉に応じて安値で売られてしまうことになります。

 

関連記事:査定価格で決めるのはNG!仲介を任せてはいけない不動産会社の特徴

pixta_23408340_M

査定額よりも査定の根拠が重要

 

査定価格の考え方をきちんと説明してくれる不動産会社を選びましょう。不動産の価格は本当に不透明なものなので、だからこそ不動産鑑定士などという立場が設けられているわけです。

 

査定の考え方一つで査定価格は大きく変わります。不動産の価格、また不動産の売却についてどのように考えているのかがきちんと説明してくれる不動産会社に依頼してください。

 

 

複数の不動産会社に査定を依頼し、それぞれの不動産会社をチェックしなければならないでしょう。そのため、ザックリまとめて処理する一括査定はオススメできません。

 

関連記事:不動産の査定を複数に依頼したほうがいい理由

 

【関西不動産買取センター】

・最短48時間以内に現金化が可能!?

・後悔しない不動産会社選びのために

Youtube、Twitterもやってます!チャンネル登録も宜しくお願いします!

twitter

Youtube

 

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

ーオーディンスタッフ一同よりー

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です