不動産売買で使われるレインズってなんですか?一般人も見られますか?

不動産売買で使われるレインズってなんですか?一般人も見られますか?

 

高額な買い物の代表例である住宅や不動産。それらの購入を考えている方は、少しでも安くて自分の理想に合った不動産を得るために、さまざまな情報源から情報を仕入れることになります。

 

もちろん売却を考えている方にとっても、不動産会社を比較したり、物件の売り出しに最適なタイミングを見極めるために、情報をリアルタイムで調べることになります。

 

しかしここで一つの問題として考えられるのが、「不動産会社で紹介されている物件が似通っている」という問題です。せっかく複数の不動産会社を回ったのに、同じ物件しか紹介してもらえないと、少し手抜きのような印象も受けますよね。

 

実はこの現象は、不動産会社が「不動産流通標準情報システム(レインズ)」を使うことで、リアルタイムに不動産の情報を得ているからなのです。

 

そこで今回は、レインズについてさらに詳細に紹介をしていきたいと思います。

 

・レインズの仕組みとメリット

レインズ(REINS)とは「REAL ESTATE INFORMATION NETWORK SYSTEM(不動産流通標準情報システム)」の略称で、頭文字を取ってレインズと呼ばれています。

 

建設省及びセンターが共同開発し、建設大臣から直接指定を受けて、日本全国の4ヶ所の不動産流通機構によって運営されています。

 

レインズは日本全国の不動産の情報を更新するためのネットワークシステムです。1988年に宅地建物取引業法が改正され、そこから現在では東日本・中部・近畿・西日本の4つの法人によって運営されています。

 

レインズに登録している不動産会社は、不動産の売却を引き受けた分をレインズに登録します。日々膨大に蓄積されていく売却予定の不動産情報から、買い手は納得のいく不動産を探してもらい、購入を考えることになります。

 

レインズでは売り出し中の不動産を掲載するほかにも、購入にふさわしい不動産を呼び出してチェックしてもらう使われ方もされており、リアルタイムでの情報交換が可能となっています。

 

・レインズは一般人の閲覧不可

現在、レインズを利用することができるのは指定流通機構に会員登録をしている不動産会社のみと決められています。

 

たくさんの条件の良い物件が登録されているなら、ぜひ一般人にも確認や閲覧をさせてほしいという意見もみられますが、指定流通機構に会員登録をしている不動産会社のみと決められていますので、不動産業者などを介して紹介や相談を受けるのがもっともスピーディな方法になります。

 

ただし、不動産会社と結ぶ媒介契約のうち「一般媒介契約」についてはレインズに物件を登録する義務が発生しないため、この一般媒介契約によって販売されている不動産はレインズにも登録されていない可能性があります。

 

・レインズを利用することのメリット

レインズは一般人には閲覧できないサイトですが、不動産会社を介して利用すること自体にはメリットがあります。

 

売り主にとっては、不動産業界やそれに関わる買い手などから広く購入希望者を探せるので、売却がスムーズに進む可能性が期待できます。不動産会社は、豊富な物件の中から購入希望者におすすめを伝えることができるので、最終的な成約に至れば会社のポイントや実績の一つになります。

 

買い主にとっては、レインズに掲載されている物件のうち、できるだけ有利な条件で購入できる確率がアップします。自力で不動産会社を回って物件を確認する手間が省け、買い主側に有利な条件で販売されている物件に出会える可能性もあります。

 

・レインズを使っているところはすべて同じ?

不動産会社の多くはレインズを利用して商売をしているため、どの会社でもやっていることはほとんど変わらないのではないかという意見があります。

 

しかし、いくらレインズが多くの不動産情報を扱っているといっても、日本中のすべての不動産情報が100%掲載されているわけではありません。

 

一般媒介契約のように、レインズに登録されていない不動産もたくさんありますし、広告活動を一切省いて売買が進められる場合もあるため、レインズは必要に応じて利用されています。

 

・まとめ

レインズは日本全国のさまざまな物件を情報として集めているサイトですが、必ずしも条件に合う不動産が掲載されているとは限りません。そのため、それぞれの不動産会社が保有している物件情報にも注目したいところです。

 

まだレインズに載っていない物件や土地に関しては直接伺うしかありませんが、こちらの条件に合うものは率先して紹介してもらえますので、確認するのが一番早い方法になります。

 

売り主は、自分の所有している不動産がレインズに載っているかどうかをチェックすることがまず大切なポイントになります。

 

専属専任媒介契約や専任媒介契約を結んでいる場合は、自動的にレインズに登録がされますが、一般媒介契約や賃貸物件の場合は、レインズへの登録が義務付けられていない場合があります。

 

レインズは買い手と売り手にとって重要な要素となるサイトですが、不動産会社が情報を適切に管理していることが大前提。常に適切に販売活動を進めているかをチェックしていくようにしましょう。

 

関連記事:家を売るなら覚えておこう!不動産売却のデータベース「レインズ」とは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です