不動産Gメンが語る「一括査定サイト」甘い罠に騙されるな!最悪の場合契約解除もあり得る事態に!!

皆さん、こんにちは!不動産売却マイスターの西です。←不動産Gメン

最近は、不動産を売りたいと思われた場合、不動産売却の一括査定サイトをご使用になられることも増えたのではないでしょうか?

今日はそんな不動産売却一括査定サイトについて、表の話と、裏の話を語って行きたいと思います。

 

そもそも一括査定サイトの仕組みって知ってますか?

一括査定サイトというのは、代表的なものを挙げますと、以下のようなサイトのことになります。

 

物件の情報を入力するだけで、上記のサイトに登録する不動産業者に一斉に10社ほどに、売却査定情報としてメール通知が入る仕組みになります。

そして、今や大手不動産会社の住友不動産販売や、三井のリハウスなんかも、上記のような「一括査定サイト」を使用しているようです。

しかし、この一括査定サイトに少し疑問点を持ったことはないでしょうか?

確かに、10社程の不動産会社さんに、査定を依頼するのだから、査定額は違っていて当たり前だと思います。

ですが、あなたが本当に知りたいのは、査定額でしょうか?

それとも売れる価格のことでしょうか?

 

査定額と売れる価格の違い

図の一番左をご覧ください。

A社3180万円の査定額、B社2980万円の査定額、C社3480万円の査定額になっています。

この違いは、なんなのでしょうか!?

実際、弊社「関西中古不動産売却センター」では、査定を行う場合以下の査定方法を用いて、査定をしています。

  1. 収益還元法
  2. 取引事例比較法
  3. 近傍類に地域の比較法

もし仮に、上記の査定方法を用いるのなら、査定額に開きが出るわけがありません。もし仮に、査定額に開きが出るのでしたら、それは、単なる査定と、売れる価格での査定の違いになります。

図を見れば、明瞭です。図を見ていただけますと、どこにも売れるとは書いていません笑。

あくまでも、査定額に開きがあるだけのお話で、実際に売れた!もしくは、この価格であれば売れる!なんてことは、どこにも書いていないのです。

この仕組みを利用すれば、仮にC社が最も高い査定額を出しているのですが、実際C社に販売活動を依頼したとして、売れた価格が最も安い査定額を提示したB社だった場合、あなたはかなりの時間的損失を受けることになるでしょう。

 

売れるまでの時間的損失について

B社は、売れる価格での査定額を提示していたとしたら、もしかすると、B社が一番信用できる会社かも知れません。

ですが、あなたは何も売れる価格で販売するよりも、少し高い価格から売れるかどうかをチャレンジしたい!とお思いになるのではないでしょうか!?

 

この答えは、B社にもし販売活動の依頼をしたとしても、B社はあなたに対して、これは売れる価格です。ですので、売れる価格から少し高い価格でチャレンジしてみましょうと言ってきた場合、やはり、B社が最も信頼するべき業者になると思いませんか?

でも、実際にあなたが選ぶのは、ほとんどがC社になるのです。最低でも選ぶとしてA社までではないでしょうか?

 

A社の言い分として、実は売れる価格でお伝えすると、価格が低いと思われるので、売れる価格よりも少し高い価格で、私たちはチャレンジしたいのです!でしたら、A社に関しても、信頼に値する業者であるとも言えます。

では、最後にC社に販売活動を依頼したとしたら、どうなってしまうでしょうか?

その答えが、「売れるまでの時間的損失」を受けることになるのです!

時間的損失とは、本来は、A社やB社が提示した価格帯であれば売れていたのに、売れもしない価格でC社が査定を提示したから、実際に販売活動を行なっても、売れるはずもなく、徐々に徐々に価格を下げていき、結局はC社のいう価格で取引が纏まったとしたら、それだけ売れるまでに時間がかかってしまったということになります。

もし仮に、あなたが、いやそれでも良い、早く売れる必要がないため、ゆっくり時間をかけて売りたいのでしたら、それでもいいのでしょうが、そうではなくて、あなたがもし売りたい期日が決まっていた場合、最も最大の損失である「売れない損失と、無駄な時間」がかかってしまい、挙句の果てには、売れなくて、仕方がないので買取業社に売ってしまった。しかも仲介手数料ありで、、なんていうことにもなりかねません。

 

話は少しそれますが、今世界的に経済がガタガタの状態であるのは、このブログを読んでいるあなたなら、すでにお気づきかも知れませんが、、、

売れなくて、売れなくて、結局は売れないまま、価格が大暴落してしまったら、本当に売れなくなってしまい、価格を大きく落として売る羽目になってしまいます。

これでは、C社の言い分はどうなることやら、、

ですが、これが巷で起きている一括査定マジックなのです。このマジックは相当先の時代まで受け継がれることになりますが、私の読みでは、いずれ一括査定を人々が選ばなくなる時代はやってきます。

なぜなら、嘘がバレるからです。

そもそも論なのですが、一括査定に登録している業者というのは、どんな業者かあなたはご存知でしょうか?

私から言わせて貰えば、なんの苦労も努力も企業として行なっていない業者になります。

 

それはどういうことなのか?

それは、一言で言いますt、ブログで業務の状況を配信したり、動画を使って、業者が行っている業務について発信したりしていない業者ほど、一括査定に頼りがちになるということです。

これが、なぜ未来では、一括査定を選ばなくなるのか?

それは、動画やインスタ、Facebookで業務の状況を詳しく説明している業者がいたとしたら、そこはどのようなサービスを行い、またどんな人が、どんな風に業務を行っているのかが、見えるからです。

ですが、先ほど申し上げた一括査定に登録している「名もなき業者」は、誰にも知られていなく、そこではどんな業務を行ってくれるのかが、ホームページ上でしか書いていなく、本当に信頼できるのかが不透明になります。

 

一括査定サイト側の裏話

実は、一括査定側も、一括査定をして欲しくて、かなり強引な手法で、お客さんを集めたりしています。

 

●グーグル広告:グーグル広告で「不動産売りたい」というキーワードで、入札をした場合、ワンクリックの単価は、高い時は2000円を超える時があります。ワンクリック2000円ですよ!あなたが試しに押したクリック1回が、2000円になります。

これは高い方といえば高い方になり、実は不動産業界というのはどうしても広告の入札単価が高くなってしまいます。

この高いクリック単価を乗り越えるべく、一括査定サイトをGoogle検索で上位に広告を出し続けるとしたら、その企業はかなりの広告費をかけていることになります。

 

一括査定サイトの儲けの出し方

どのみち、一括査定を行うお客さんを増やさないといけないことは重々わかっていただけるとは思いますが、不動産屋も集めらないといけないのです。

ですが、それが不動産屋を集めるのは簡単なことです。それは不動産屋が広告を出す場合、クリックしただけで2000円取られるとしたら、そんなお金は中小企業レベルの不動産屋では到底出すことのできないお金になります。

 

そして、名も通っていないよくわからない業者ですから、当然にYouTubeのような動画で配信していませんし、ブログも書いていないことでしょう。

つまり、よくわからないような不動産屋の集まりが、一括査定の正体であり、一括査定を使わなければ売却の依頼も入ってこないような業者であるということです。

また、10社ほど一斉送信で不動産屋に売却査定情報が流れるのが、一括査定なのですが、その業者の費用というのは、1問合わせあたり、概ね1万円から1.2万円になります。※こちらは税抜きです。

10社に対して、送信した一括査定業社の売り上げは、10万円になります。一方、その売却依頼を受けた業者の方は、ライバルが10社もいるわけですから、必死になって電話をします。

必死になって、メールをします。そして最終奥義は、必死こいて、売れもしない価格を提示するのです。

なぜなら、査定1件に対して1万円以上のコストをかけているわけですから、販売任せてもらいたいと必死に、売れもしない査定額を提示するのです。

 

一括査定会社も、10万円は入ってくるものの、1件の査定を取るために、広告コストを支払わなければなりません。

仮に、1件の問合せを取るために9万円使ったとしても、手元に1万円残ります。これが1日100件のお問合せがあった場合、1日の利益は100万円になり、30日で3000万円の利益となるのです。

 

ここで巷の不動産営業マンの嘆き話

一括査定を会社として取り入れている業者は、かなり多いです。

私は、他の会社の営業マンと話す機会が多いので、よく一括査定の話になるのですが、営業マン曰く、一括査定のことを信用、信頼していない感じです。

よく話になるのが、「一括査定って、全然電話繋がらないよね?」になります。

こちらは、50年を超える中堅どころの「大阪の中堅不動産屋」の営業マンからの愚痴になります笑。

 

つまり、不動産屋として一昔前は、チラシを巻いて、売却依頼を受けていたのですが、今やチラシは紙切れのようになり、ほとんどのお客さんが、ネット使って、不動産を売ったり買ったりします。

一括査定を使わないと、売却依頼が入ってこないので、会社の方針で一括査定サイトに3〜4つ登録をして、売却情報をもらい、査定を行い、販売依頼を受けるというような流れになるのですが、肝心の営業マンは、一括査定はライバルが多く、電話をしても電話が繋がらないので、やる気のない状態、、、

もしくは、一括査定でも広告費用がかかっているので、何としても売却の依頼を取りたいので、売れもしない価格で査定を行い、無理やり販売依頼を受けるという流れが、最近の風習になっているのです。

 

このブログの毎月のお問い合わせは?

このブログは運営して、すでに8年ほどになりましたが、ブログの記事数は、900記事近くあります。

また、「関西中古不動産売却センター」として、YouTubeも配信しており、月間で頂けるお問い合わせの件数は、10件〜15件ほどになっております。

本来はこの形でお問合せをいただいた方が、あなたにとってもわかりやすい!

ですので、私たちがお仕事をさせていただける割合というのは、お問い合わせ頂いた殆どのお客様と、お仕事に繋がり、不動産を仲介での売却、または買取サービスを行わさせていただいております。

 

もし私たちに不動産売却のご依頼を頂いた場合

私たちは、どちらかと言えば、正確に売れる金額をお伝えした上で、少し上を狙ってチャレンジ価格で販売をしてみましょう!というスタンスでお仕事をさせて頂いております。

関西中古不動産売却センターとして、以下のような不動産のご売却が可能です。

●賃貸マンション:大型の賃貸マンションから、1億円以下の賃貸マンションまで、買いたいお客様を全国で抱えております。

●商業ビル・テナントビル:こちらも大型から、小型な3階建程度のビルも、買いたいお客様を全国で抱えております。

●ロードサイド店舗:コンビニや、ライフォート、飲食店などの幹線道路沿いの店舗も取扱しております。

●アパート・ハイツ:築年数が古いアパートから、空室が多い、若しくは全室空いているアパートでも売れます。

一戸建て・マンション:実需要と言われる「自分で住むよう」の物件も買いたいお客さんを多く抱えています。

 

私たちの強みは、全国の投資家を抱えていることや、デザインやリノベーションが自社で行えます。

不動産投資は、私の最も得意としている分野になり、全国で講演を行なっては、私の投資手法をお伝えしております。

 

魔法のリノベのように、私たちは本気でリノベーションにも取り組んでいます。上記をクリックしていただくと、動画が見れます。

 

私たちに不動産売却をご依頼する場合

お電話が一番早い:0120ー16ー8553

お問合せフォームこちらをクリック(仲介の場合もこちらからお問合せください)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。