意外と知らない方が多い「リフォーム」と「リノベーション」の違い

家作りを始める時、一度は疑問に思う「リフォーム」と「リノベーション」の違い。
みなさんもリフォーム、リノベを検討したときに「二つの違いはなんだろう
」と感じたことはありませんか?最近話題の                                           リノベーション」を、リフォームと同じ意味合いで使う方も多いでしょう。
ただし、二つの違いを知っておくと住まいづくりに役立てることができるのです。

【古いものを新しい物に替える】リフォーム

 

一般的に言うリフォームとは、「古くなったものを新しいものへと取り替える」ことを指します。
例えば古くなって故障が目立つコンロを新しくしたり、在来工法の浴室をユニットバスにしたりする工事は「リフォーム」です。

リノベーションと比較するとキッチンリビング・風呂場などで行われる工事が多く、                                                            基本的には破損していたり、汚れていたり、年劣化が目立っていたりする部分を“直す”という意味を持ちます。                                                   身近な賃貸物件も長く住まわれた物件は、次の入居様のために、リフォームをされる業者様も多いです。

【物件の価値を高める】リノベーション

リノベーションは、「物件の価値を高め」ための工事を指す言葉。

リフォームは「元あるものを回復する」工事であるのに対して、リノベーションは                                                              間取りや空間のデザインを変更することで“物件の価値そのものを上げる”工事を行います。

例えば家族が増えたために仕切り壁を取りリビングダイニングキッチンに変えたり、                                                                     反対に使わなくなった子供部屋を一つの部屋に、広々とした主寝室を作ったりと、                                                                           家族構成に合わせて暮らしやすい家に改築する工事がリノベーションです。

リフォーム」と「リノベーション」違いが分かれば、物件を探しているときに                                                                       「リノベーション済み」と書いてあるのなら「本来の間取りから変更された物件」ということがわかります。
リフォーム済みであるなら、元の設備が修理され、新しくなっていると予想できるでしょう。

リフォームとリノベーション、それぞれの違いとメリット・デメリット

リフォーム・リノベーションそれぞれの意味を解説しましたが、                                                                                  業者によっては二つの言葉に明確な線引きをせず、どちらの言葉も同じ意味で使うこともあります。
ただし、先ほどご紹介したように「工事規模」や「性能」に違いがあるため、二つの違いをもう少し詳しく見ていきましょう。

工事規模の違い

リフォームが一部分を取り替えるだけの工事であるのに対し、                                                                                     リノベーションでは大規模な間取り変更などの工事も含みます。

リノベーションの工事では、「フルスケルトン」といって                                                                                      骨組みの状態まで解体し作り直すケースもあり、リフォームと比べると規模が大きくなるのが特徴です。

性能の違い

リフォームでは設備を取り替える、張り替える、作り変えるといった工事が                                                                                 行われるため、極端に言えば「新築状態」以上のものは作れません。
一方、リノベーションは元の住まい以上の性能を高める工事であるため、                                                                                 設計によっては「新築状態」以上を目指すことも可能です。

リフォームのメリット・デメリット

リフォーム、リノベーションにはそれぞれメリットとデメリットがあります。
目的に合わせた工事を選び、家作りの参考にしてみてください。

リフォームのメリット

リフォームはリノベーションと比べ、工事が「短期間」で費用も「安い」です。                                                                          なるべく早く工事を済ませたい」という方にとっては、                                                                                       建て替えやリノベーションをするよりも楽に家作りができるでしょう。

また、住み慣れた家の雰囲気はそのままに、最新の設備の住まいが実現できるのもメリットのひとつ。
リノベーションを行うと間取りから内装までがらっと変わってしまうため、                                                                               「これまでの家が気に入っている」という方にはリフォームをおすすめします。

リフォームのデメリット

リフォームのデメリットは、メリットにも通じる「一部分のみしか改修できないこと」です。
予算も安く工事も短期間ではあるものの、リフォーム工事をしても新築状態以上を望むことはできません。

リフォーム工事の中には、内装すべてを新しいものにする「フルリフォーム」もありますが、                                                                          そもそも「家族が増えたから広いリビングが欲しい」「部屋数を増やしたい」などの                                                                           目的で家作りをするなら、リフォームではなくリノベーションを検討するとよいでしょう。

リノベーションのメリット・デメリット

次は、リノベーションのメリットとデメリットを見ていきましょう。

リノベーションのメリット

リノベーションの最大のメリットは、ライフスタイルに合わせて自由に設計できること。
ずっと暮らす家だからこそ、家族が増えたり、一方で成長と共に別々の家で暮らしたりと                                                                        家族構成も変わってきますよね。
その都度、家族に合わせた住まいの形を実現できるのがリノベーションのメリットです。

また、「元ある家よりも価値が高まる」点も見逃せません。
マイホームを作りたくても、人気のエリアはすでに住宅が建っていたり、                                                                               物件が見つかっても設備や環境に不満があったりというときには、                                                                                             中古物件をリノベーションで新築以上のものに作り替えることもできます。

リノベーションのデメリット

リノベーションはリフォームと比べると、工事費用は高く工事期間も長期的になります。
今すぐに住環境を整える必要がある方や、仮住まいを用意しなくてはならない方にとってはデメリットとなるでしょう。                                                             

また、リノベーションはどの物件にも行える工事ではありません。
築年数が古い物件だと耐久性に難があるケースもあるため、専門の業者と一緒に物件選びをする。                                                                     リノベーションが可能かどうか一緒に検討することが大切です。

リフォームとリノベーション、どう使い分ける?

それでは、リフォームとリノベーション両者のメリット・デメリットをまとめてみましょう。

リフォームリノベーション
費用一般的に安い一般的に高い
間取り変更工費を上げれば可能全体的に可能
工事期間短い長い

例えば築浅の物件を家族に合わせて作り替えるなら、                                                                                        リノベーションよりもリフォームを選んだほうが費用も安く済み、                                                                                           工事期間も短くすぐに暮らし始めることができます。                                                                                         

しかしリノベーションを選ぶと工事期間が長くかかり、                                                                                        物件の費用に加えてリノベーションの工事費用もかかるなど、                                                                                        予算を多めに見積もる必要が出てくるでしょう。

一方で築年数の経った物件であれば、フルリフォームをしても家事導線が悪い、                                                                               家族人数に対して間取りに不満があるなど、リフォームに                                                                                        お金をかけた分ほどのメリットを感じられないかもしれません。
この場合は、リノベーションを選ぶと住まいがより理想に近づきます。

二つの違いを知って「理想の家」作りを

リフォーム・リノベーションを行うときは、この二つの違いを分かった上で                                                                            「現状維持のまま修理的に工事をしたいのか」「間取りを変更して根本的な改修をしたいのか」                                                                                    どちらの目的で家作りをするのかを考えておきましょう。
物件に対し、両者のどちらが適しているかは専門的な知識のある業者の意見を参考にするのがおすすめです。

大阪府・兵庫県でリフォーム・リノベーションを行うなら、オーディン都市開発へ。                                                                              物件やその環境の特徴を捉えて、理想に合った家作りをご提案します。
実際のリノベーション施行事例を3D撮影画像で閲覧することもできるため、                                                                                今から家作りを考えている方はぜひ参考にしてみてください。

不動産会社選びにはオーディン都市開発がおすすめ!


 

私たちは、ご売却に強い不動産会社です。

しかし、今の時代高く売るなんてことは当たり前なので、ここでは高値で売れる売却に強い会社をアピールする訳ではありません。

問題は、売った後のアフターフォローです。

私たちは、ご売却後に、ご購入された買主さんから、クレームの出ないような仕組みを使っているのです。

これは他社さんには無いサービスであり、大手不動産会社でのご売却の場合は、逆にこのサービスは費用が発生してしまうのです。

それを私たちは、ご売却特典として専任以上のお客様全てに、『無償にて特典サービス』を行なっております。

これは本当に喜ばれるサービスになっており、ご説明させて頂いた売主様は、皆さん私たちにご売却のご依頼をされるのです。

 

ご売却をご依頼する場合は、まずは査定から始めてください

私たちは、AIを駆使したAIデータ査定から、過去の成約事例をもとにして取引事例比較法など、細かな分析をもとに査定価格を算出しております。

そして、この査定の価格にご納得をいただいた場合は、「ご訪問査定の流れ」になり、私たちを選ぶべく特典サービスをご確認いただいております。

無駄な時間は取らせません。

1、取引事例比較法

2、収益還元法

3、原価法

4、物件近隣パートナー企業への聞き取り調査

5、近隣施設から割り出す価格調整

6、謄本評価など法的な書類・権利関係

これらを分析して、市場の今売れる価格を導き出します。

正確無比、売れなかった不動産はありません!!

 

またこれに加えて、マンションの場合は、直近3年間の過去の売買事例の同じマンションで売れた例の平米単価平均を出しておくことで、概ねいくらぐらいで売れるのかがわかります。

 

お問い合わせいは、0120ー16ー8553までお電話いただくか、下記の「今すぐ査定する」をクリックして、査定フォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

記事執筆者:西 恭平(不動産業歴18年・宅地建物取引士)「インスタグラム」で西恭平を確認してみよう。

 

今人気のリノベーションをこっそり覗いてみる?

 

リノベーションの施工事例を見て、本物のリノベーションが、どんなものなのか気になりませんか?

➡️ リノベ先輩の素敵なお家はこちらからご覧いただけます。

 

今、新築は価格が高い割には、居住空間が狭くなったことにお気づきですか?

中古買ってリノベーションする場合、新築買うより1000万円も安く、且つ、びっくりするほどいいお家にお住まいいただけます。

 

【初心者向きリノベーションガイドブック&事例集を無料プレゼント】

このような方におススメ!

不動産購入・リノベーション初心者必見!

物件の選び方や購入方法について新築物件との違いを知りたい方

リノベーションとリフォームの違いがわからない方

リノベーションのメリットデメリットを聞きたい方

中古リノベ 事例を見ながらポイントや費用感の話を聞いてみたい方

➡️こちらからお受け取りください「リノベーションガイドブック」

 

追伸

記事の内容が良かったと思われましたら、「シェア・いいね!」の応援よろしくお願いいたします。

西 恭平

[VR視聴体験]バーチャルリアリティー:QRコードから、下記デザインのバーチャル体験をしていただけます。

 

リノベーション参考事例です。

上記の間取りからリノベーションで下記のような間取りに自分好みに変更することもできます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

売る時リフォームする必要はありません!デザインを描いても十分リアリティを体感できます

 

私たちの不動産ご売却のポリシーは、売りたい人、買いたい人に心底喜んで頂くことです。

私たちなりの努力の甲斐あってか、「ご売却されるお客様」のお家が、新しい居住空間に生まれ変わり、そしてそのリノベーションされたお家を、お引き渡しする前に内見して頂けます。こちらの見学ツアーは、皆さま大変大喜びされます。

 

また、ご購入いただく買主様にも、ご自身のたっての希望だった。本当の意味での「わがまま」を押し通した!!

デザイン力のあるリノベーション空間を手に入れられたのです。

毎日が「わくわく」の連続です。

最後に、ご自身の大切なお家、大事にお使い頂けます。

こちらが何よりも、私たちの不動産ご売却のポリシーでございます。

 

【無料物件査定はこちら】

 

私たちは、不動産売却のお仕事にポリシーを持って、ご対応をさせていただきます。

私たちが考えるお家のご売却は、「笑顔の数珠つなぎ」です。

私たちの強みの一つに、リノベーションのデザイン力がございます。

 

これは、物件を売る前にリノベーション工事をしてくださいというお願いではありません

むしろ逆で、物件をご売却前に、リフォームなどの修繕をして売る必要はありません。

※細かくは割愛しますが、弊社のデータ分析では、最悪の場合、リフォーム費用(150万)をまるまる損をされたと聞いております。

 

  • 不動産一括査定サイトで、複数の業者からひっきりなしに、電話を掛けて来られたくない方。
  • 後悔しない不動産会社選びをされたい方。
  • 不動産コンサルティングマスターがご担当致します。
  • 既存住宅保険をご活用されるメリットデメリットをお知りになりたい方
  • 簡易インスペクションを無料でお受けされたい方

今すぐ、こちらからお問い合わせください。

西 恭平

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です