不動産をオークションで売るのは賢い選択か?個人売買のメリット・デメリット

16-10-78

不動産をオークションで売るのは賢い選択か?個人売買のメリット・デメリット

 

日用雑貨や趣味の物から、車や権利などさまざまな物が売買されるネットオークション。最近では不動産をオークションで競売にかける人も登場し、個人間での不動産売買が一般化しつつあります。

 

個人間での不動産売買は、よほどお互いに信頼があるか、売買の流れを把握していなければ難しい印象もありますが、実際にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

※よく似た内容の記事はこちら
仲介や買取、オークションや個人、不動産を売却するための4つの方法

不動産のオークション売買のメリット

53605540 - sale real estate sign in front of house

それでは早速、オークションにかけるメリットについて見ていきましょう。

 

1、購入希望者に出会いやすい

日本最大手のYahoo!オークションをはじめ、国内のオークションのほとんどはインターネット上で行われています。

 

ここに不動産を掲載するということは、不動産会社を通じて売り出しをするのとは別に、多くの人目に触れるという意味があります。

 

不動産売買の世界では、一般的なオークションの取引と比べて高額な買い物になります。そのため、売り手が購入者を探す場合、それなりに時間をかけていかなければならず、まとまった期間が必要になります。

 

しかしネットオークションなら、短時間の間に多くの人からのアクセスが見込めるので、購入希望者に出会える確率がアップします。

 

不動産会社を通じて募集をかけるよりも、より簡単かつスピーディに売買契約が結べるということです。

 

2、高額で売買ができる

ネットオークションでは、複数の購入希望者が出た場合、希望者同士の競り合いが発生します。

 

次から次へと価格をアップして入札を繰り返すので、売り手の希望額以上に物件の価値がアップする可能性もあります。

 

「アクセスが便利・立地が良い・ロケーションが抜群・物件内部の状態も良好」という物件があったとして、その物件を一つの商品として見なした場合、4つの条件がそれぞれ物件の商品価値を上げる理由になります。

 

買い手は「少しでも希望に見合った物件を」と思い入札を行いますから、それが結果的に物件の売買金額をアップさせる要因となります。

 

3、ストレスなくスムーズに売買ができる

販売者と購入者がダイレクトにつながるネットオークションでは、時間をかけずに手軽に需要と供給をマッチングさせることができます。

 

ここに不動産会社や仲介業者が入ると、間に一人を入れた状態でやり取りをしなければなりません。不動産売買に手慣れている方の中には、ストレスなくやり取りをしたいと思う方もいますので、そうした場合にネットオークションは便利な使い方ができます。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産売却を個人で行う時の注意点

不動産のオークション売買のデメリット

51100490 - asian worker shows the sign of prohibition

次に、オークション売買によってもたらされるデメリットについて見ていきましょう。

 

1、契約上のトラブルが発生しやすい

気軽に入札・落札ができるネットオークションでは、販売者と購入者が直接やり取りできる反面、お互いに信用が少ない状態で契約を進めなくてはなりません。ここがネットオークションの難しいところでもあります。

 

不動産会社や仲介業者に入ってもらうと、売り手と買い手の双方に不動産会社が介入できるので、信頼性を損ねることなく安全に売買が進みやすくなります。

 

しかし個人間となると、落札から契約、物件の引渡しまではすべて当事者間の責任となりますので、途中で売り手と買い手のどちらかがキャンセルをしたり、契約の解除や破棄といったトラブルにつながるおそれもあります。

 

法律が絡むトラブルにまで発展すると、個人間で問題を解決することは難しくなってしまいます。

 

不動産の買い物には多額のお金がかかりますので、リスクはあらかじめ減らしておいて、安全に売買を進めたいところです。

 

2、気軽に利用できてしまうリスク

不動産の売買にはさまざまな手続きが発生し、そのつどお金がかかる高い買い物です。そのため、売り手も買い手も、双方がそれなりに覚悟を定めたうえで売買契約を結ばなくてはなりません。

 

しかし、ネットオークションなら気軽に商品を出品し、落札することができます。深く考えずに出品や落札をしてしまったために後悔し、契約解除を申し出てトラブルになるというリスクもあります。

 

販売者は物件や土地を引渡す意志を、また購入者は相応の金額を支払って不動産を手に入れる決意を固めたうえで、オークションでの売買に臨む必要があります。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産会社に仲介してもらわずに個人でも不動産の売却はできますか?

まとめ

ネットオークションは不動産会社を介さずとも、簡単に売り手と買い手を結び付けてくれるサービスです。しかし一方で、個人間のトラブルのリスクも付いて回るため、慎重な姿勢で売買を進めていかなければなりません。

 

売り手は自分の所有している不動産が1円でも高く売れて欲しいと思うものですし、買い手は1円でも安く手に入れたいと思うものです。

 

しかしだからといって、一度落札された物件をキャンセルしたり、出品自体を取り消してしまうと、個人としての信用問題にも関わります。

 

ネットオークションには、他にはないメリットとデメリットがあります。これから物件や土地をオークションにかけようと考えている方は、あらゆるリスクを鑑みながら慎重に売買を進めていく必要があります。

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です