2016年の「住みたい町ランキング」発表!あなたの町はランクインしている?

16-10-16

2016年の「住みたい町ランキング」発表!あなたの町はランクインしている?

 

有名不動産会社が独自に集計したデータを元に、住みたい町ランキングが発表されました。

 

参考URL(SUUMO住みたい街ランキング):https://suumo.jp/edit/sumi_machi/

 

過去にも様々な町がランクインし、その後の不動産の価格にも影響を及ぼしたといわれているので、これから不動産を売買するという方にとっては、非常に重要な情報といえます。

 

ランキング上位には東京都内の町が多くランクインしており、関西圏のランキングも、大阪周辺の町が集中しているという結果になりましたが、あなたの町はランクインしているでしょうか。

※よく似た内容の記事はこちら
【不動産の売却】都道府県別・首都圏で相場が高い人気のエリア トップ10

 

初めての1位を獲得

54493849 - tokyo skyline at sunset.

2016年の住みたい町ランキングでは、恵比寿が初めての総合1位に輝きました。元々男性人気が高い町ではあったのですが、今年に入ってからは女性票も増加してきており、特に30代以降の票数が大きく増加しています。

 

恵比寿周辺の特徴は、飲食店が多く集まるという点にあり、最近は有名な肉職人のレストランが初の日本出店を行ったほか、様々な飲食店が新たにオープンし、駅ビルがリニューアルするなど、周辺の新しい店舗が大きな話題を呼ぶようになってきています。

 

恵比寿のもう一つの特徴として、昔ながらの人付き合いが続く落ち着いた町並みが広がることも見逃せません。周辺の個人商店の中には古くから営業しているお店も多く、ご近所とのつながりが強く、どこか人情味を感じる雰囲気が、日々を過ごす町並みとして親しみやすいと好評です。

 

唯一のネックとしては、家賃相場が都内でもトップクラスに高いという点です。逆にトップクラスの家賃相場だからこそ、恵比寿で暮らすことがステータスになると考える意見もあり、恵比寿への転居を目指して頑張っている方も少なくないようです。

 

根強い人気の町

 

関東圏の住みたい町ランキング2位の吉祥寺は、前年まで5年連続でランキング1位を記録していた根強い人気の町です。今年は大きな商業施設がオープンするなどの話題に欠け、注目度が下がったのがランクダウンにつながったのではといわれています。

 

ランクダウンした吉祥寺ですが、町そのものの魅力が損なわれたわけではありません。日々のお買い物に使える多くの商業施設が建ち並び、ライブハウスやミニシアターなど、若者も多く訪れる施設も充実し、夜には色々なお酒や食事が楽しめる飲み屋町まで揃っています。

 

近年では井の頭公園の自然回復を目指した取り組みが実施されており、今までは濁っていた池を、再び透明なものに変えるための活動を続けるなど、様々な角度から暮らしやすい町作りを目指しています。

 

住宅事情については、駅近くに閑静な住宅地が広がっており、一人暮らし向けの集合住宅から、大きな一軒家まで、多くの方が暮らせる生活環境が揃う、衣食住が揃った大変暮らしやすい町となっています。

 

関西1位の魅力

55453852 - cityscape of kyoto, kansai, japan

関東の住みたい町ランキングでは東京都内の町がランキングを席巻しましたが、関西では兵庫県や大阪府の町が高い人気を集めています。

 

4年連続で1位に輝いた西宮北口は、地元ではニシキタとも呼ばれ、大阪の中心地と神戸の中心地の間で発展した、どちらの地域にもいける便利な町として知られています。

 

駅周辺には大きな商業施設も多く、西宮阪急とイズミヤを中心に、260を越える専門店が集まる阪急西宮ガーデンズをはじめ、最近ではアクタ西宮がオープンしたことで話題を呼んでいます。さらに関西の文化発信拠点として注目されている兵庫県立芸術文化センターなど、様々な施設が揃っています。

 

住環境に注目してみると、西宮北口周辺には、閑静な住宅地が広がっています。中でも有名な甲風園をはじめ、多くの住宅地が造成されており、新しい再開発計画が進められるなど、現在も発展が続いています。賃貸物件数も大変多く、世代を問わず住める土地としても人気です。

※よく似た内容の記事はこちら
【不動産・土地売買】都道府県別リサーチ!関西エリアの相場ランキング

 

再開発が進むエリア

20548981 - highrise apartment building

兵庫県と共に高い人気を持つ大阪の町が、4年連続で2位にランクインしている梅田です。大阪には複数の梅田駅がありますが、ランキングでは全てを含めて梅田として票を集計しています。

 

梅田は現在も大規模な再開発が進められているエリアで、2013年にはグランフロント大阪が開業し、たくさんの専門店や高級ホテル、タワーマンションが建ち並んでいます。その後も様々な開発事業が進んでおり、2022年度にはJR東海道線支線の地下化が予定されています。

 

今後予定されている再開発計画による商業施設の増加だけでも、大変魅力的な梅田でありますが、住宅事情も大変充実しており、梅田に該当するエリアが広いこともあって、たくさんの住宅の中から、自分たちの生活スタイルに合わせた住宅を探すことが出来ます。

 

タワーマンションなどの高級住宅が目立ちますが、他のエリアには単身者向けの住宅も多く、どんな人でも受け入れてくれる懐が広い町となっています。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産の売れ行きに影響する?嫌われる立地や環境とは?

 

住みたい町の不動産を探す

 

東京や兵庫、大阪といった、日本全国でも有数の都市部は、住みたい町として選ばれることが大変多く、不動産の価値も非常に高いものとなっています。こうした人気のある町に暮らしたいというステータス重視の人も多く、不動産売買で大きな利益を得ようと考える方も少なくありません。

これから住みたい町に暮らしたいと考えている方は、少しでも理想に近い不動産を探せるように、こまめに情報収集することをオススメします。

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】

・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です