不動産会社や仲介業者に依頼してマンションを売却するメリット・デメリット

不動産会社や仲介業者に依頼してマンションを売却するメリット・デメリット

 

マンションを売却したいという方でしたら、どうやって売却するのかということが最初に考えるべき問題になります。マンションを売却する方法としては不動産会社や仲介業者に依頼して売却してもらう方法と、不動産買取業者に直接買い取ってもらう方法の2つが考えられます。

 

どちらが良いのかというのは売却する目的にもよると思いますが、それぞれのメリットとデメリットについて知っておかなければ、どちらを選んで良いのかも判断できません。そこでここでは業者に仲介をしてもらってマンションを売却するときのメリットとデメリットについてご紹介したいと思います。

 

※よく似た内容の記事はこちら
不動産の売却時に仲介を依頼する不動産会社の選び方のコツ

 

業者を介してマンションを売却する際のメリット

56246412 - check the time to smart a smart watch

まずはマンションを業者に依頼して売却する方法にはどんなメリットがあるのか、ということについて見ていきましょう。

 

売却価格が高額になる傾向がある

不動産会社や仲介業者に依頼してマンションを売却してもらう場合には、業者から査定額を出してもらい、その金額に合わせて購入希望者を募るという形になります。ですから希望している売却価格で販売できる可能性が高くなります。

 

そして業者には仲介手数料という形で成功報酬が支払われることとになりますが、この仲介手数料は売却価格によって決まります。高額で売却できた方が仲介手数料も高くなり、業者の利益も増えるので、業者にとっても売却価格は高い方が有難いのです。

 

不動産買取業者であれば買取価格に自社の利益分をプラスして販売しますので、仲介してもらう場合と比較すると売却価格は低いことが多くなります。

 

※よく似た内容の記事はこちら
トラブルのもと!仲介を依頼しないほうがいい不動産会社の特徴は?

 

業者を介してマンションを売却する際のデメリット

67766125 - businessman standing at a turning point

次は業者に依頼して売却する方法のデメリットについて見ていきたいと思います。不動産買取業者と比較して確かに高額で不動産を売却することが可能ですが、そこにはもちろんデメリットもあるのです。

 

売却が完了するまでに時間を要する

業者を介して購入希望者を募るという売却方法ですので、購入希望者があらわれなければ売却は成立しません。場合によっては1年以上も売りに出している、ということになってしまう場合もあります。

 

その点、不動産買取業者であれば早ければ数日で売却が完了するので、できるだけ早く売りたいという方には買取業者の方が良いでしょう。

 

更に購入希望者があらわれなかったり、反響が悪かったりした場合には、最初に提示された売却価格から値下げをしなければならないこともあります。複数回値下げを行った結果、不動産買取業者が提示した査定額とそれほど変わらない金額で売買が成立する、という可能性もないわけではありません。

 

資金計画を立てることが難しい

購入希望者が見つかった時点で契約が成立しますので、マンションを売却して新しい不動産を購入したいという場合、資金計画を立てることが難しくなります。自分の売り出しているマンションがいつ売れるのか、いくらで売れるのか、という目途が付かないため、代替の不動産を購入したくてもできない、という状況になる場合があります。

 

リフォームをしなければならない場合がある

売却予定のマンションの設備が壊れている、著しい劣化が見られるといった場合には、売却前にリフォームをしなければいけないこともあります。リフォーム費は場所や規模によっても変わってきますが、一般的にはその金額を売却価格に上乗せすることはできない場合が多いです。

 

リフォームをした費用を売却価格に上乗せすることができた場合でも、その分マンションの価格が上がるため、購入希望者が見つかりにくくなるというリスクもあります。あまり売却価格を高く設定してしまうと、購入希望者が見つからず、結局値下げをしなければならなくなります。

 

※よく似た内容の記事はこちら
査定を依頼する前でも不動産会社は無料で相談にのってくれますか?

 

瑕疵担保責任に問われる

67764476 - money and businessman

瑕疵担保責任とは不動産の売買が成立した後、その不動産に欠陥が見つかった場合、売り主は損害賠償などの責任を負うというものです。売り主が売却の際に気づいていなかった欠陥についても、その責任を負わなければいけません。

 

マンションの場合には建物自体に欠陥が見つかったということは少ないでしょう。ですが、水漏れや設備の故障、ドアの不具合といった欠陥が見つかる可能性はあります。不動産買取業者に買い取ってもらった場合には瑕疵担保責任に問われることはありませんが、業者を介してマンションを売却した際には、売却後に出費がかさむというケースはあります。

 

仲介手数料がかかる

メリットのところでご説明したように、業者には仲介手数料を成功報酬として支払わなければいけません。その金額は簡易計算式で、400万円を超える売却価格がついた場合には、「消費税を含めない売却価格の3%+6万円まで」に消費税を足した金額が上限になり、この上限内で請求されることとなります。

 

不動産買取業者とどれだけ査定額の違いがあるかにもよりますが、仲介手数料を支払ったところで、手元に残る金額は仲介業者に依頼した方が多くなるでしょう。ですが、売却金額が高くなればなるだけ、この仲介手数料もたくさん支払わなければならなくなります。

 

マンションを不動産会社や仲介業者を介して売却すると、一般的には売却金額は高くなりますが、時間や手間がかかり、売却後の責任に問われるという点がデメリットとして挙げられます。買取業者か仲介業者か、どちらか決め兼ねているという場合には、一度査定を申し込んで双方の話を聞いてみるという方法がお勧めです。

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】

・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です