不動産の査定を複数に依頼したほうがいい理由

16-09-85

不動産の査定を複数に依頼したほうがいい理由

 

不動産の売却を考える際、売主の多くは物件がいくらで売れて欲しいという希望額を提示します。売主と買主の間に不動産会社が仲介に入る場合は、売主の希望に沿えるよう努力しながら、買主を募集することになります。

 

不動産会社は確実に物件が売れるように努力しなければなりませんが、まずは事前に物件をしっかりと査定して適正な金額を求め、そこから広く募集をかけていく必要があります。

 

この辺りは売主の努力というよりも、仲介する不動産会社の営業方針や不動産市場の動きなどに左右されてくる部分です。

※よく似た内容の記事はこちら
売却だけではない!相続や離婚でも「不動産の査定」が必要になる理由

 

プロの不動産会社に査定を依頼しよう

46618811_l

不動産の売買では、不動産会社を通して売り手と買い手が出会うのが一般的です。売りたい人と買いたい人を繋ぎ、スムーズに契約に至るよう仲介を行うのが不動産会社の役目とも言えます。

 

初めて売買を経験される方は、できれば不動産会社を仲介することをおすすめします。売り手が自分自身で買い手を探したり、すでに買い手が見つかっているようなケースも珍しくありませんが、住宅や土地の売買は個人で行うには少々手間がかかります。

 

信頼のできるプロの不動産会社を経由した方が効率的ですし、余計な時間や手間もかかりません。

 

ただし、1社だけの見積もりでは、会社によって査定方法や基準に違いが出てくるので、できれば複数社から見積もりを取りましょう。

 

不動産会社によって、物件や土地そのものの売買価格の差が付いていますし、査定方法によっては10%程度もの差がつくことも珍しくありません。

 

不動産の相場を知るためにも、また売り手にとってより良い条件で売買を進めるためにも、前もって数社に依頼をしておき、査定額を揃えておくことをおすすめします。見積もりを取った結果、極端に安い・高い会社は適正価格ではない可能性もあります。

 

売主自身も不動産の相場を調べるなどして客観的に判断を行うと確実ですが、難しい場合は不動産会社をいくつかピックアップし、複数から見積もりを取るようにしましょう。

 

複数の査定で適正な販売額が求められる

少しでも客観的な判断を得るためには、売り手が複数の不動産会社に査定を依頼することが大切です。

 

仮に1社だけに依頼すると、その会社の査定金額しか得ることができませんし、有利な条件や金額というものも割り出しにくくなります。

 

しかし、2社以上に依頼をして初めて査定額に差がついてくるので、そこで売り手は自分の希望額に近い不動産会社を選ぶことができます。

 

売り手が希望する販売額というのは、あくまで売り手の希望にすぎません。物件の中と外、周辺の環境などを精査し、客観的なデータに基づいて金額を算出することで、初めて買い手にとって現実的な金額となり、合意から契約に至ります。

 

もしも売り手が自主的に設定した金額で不動産を売る場合には、買い手が納得しないために、トラブルに発展する可能性もあります。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産査定の比較の参考に!オーディン不動産スピード買取サービス事業部の不動産査定方法とは?

 

不動産会社の選び方

31374418 - portrait of businessman looking uneasy.

複数から見積もりを取るといっても、自宅近くに不動産会社が揃っていないとか、1社しか見つからないという方も多いかと思います。

 

しかし最近では、インターネット上から申し込みが可能な「一括査定」を利用して、複数の不動産会社にまとめて査定が依頼できるようになりました。

 

不動産会社といっても、規模や知名度、得意としているエリアや物件などが細かく異なっているため、一つとして同じ会社はありません。全国に店舗を持つ最大手から、地域に根差した企業まで、大小に関わらずそれぞれの会社に特徴があります。

 

投資用物件など、居住用以外の物件を売買する際には、投資の相談にものってくれる会社がベストです。反対に、住み替えなどのためにマイホームを売りたい方は、地域の情報に精通しており知識の豊富な企業に見積もりを取ってもらいましょう。

 

知名度や規模に関わらず、売りたい物件とその周辺の環境や状況に詳しい不動産会社を選んでみてください。

 

次に、不動産売買に関して手続きがスムーズで、対応が丁寧な会社を選びましょう。売り手と買い手の双方を繋ぎながら、資金計画や住み替えの相談、手続きの進行などが滞りなく進むよう、一貫してスピーディな対応を取ってくれる会社なら安心してお任せできます。

※よく似た内容の記事はこちら
2つの不動産査定、「簡易査定」と「訪問査定」って実際にはどう違うの?

 

まとめ

58812285 - gavel and scales of justice and law books on desk in law office

不動産の売買は、決められた順序を踏みながら、きちんと段取りをしていかなければなりません。少しでも期間が延びると、売り手と買い手双方の足並みが揃わなくなったり、思わぬトラブルに繋がる可能性もあります。

 

スムーズに取引を進めるためには、まずは見積もりを取って適正価格を導くことが大切です。絶対的に信頼できる1社があったとしても、できれば2社以上の複数に見積もりを取ってもらい、査定方法や内容をチェックして、納得できるまで説明を受けることです。

 

ちょっとした疑問点にも答えてくれる会社なら、物件の契約から引き渡しまでトラブルなく運びますし、売り手と買い手の要望をきちんとヒアリングして、現実的な価格を提案してもらえます。

 

これから不動産の査定を考えている方は、ぜひ一括査定や複数の不動産会社による査定を利用して、所有している不動産の適正価格をチェックしてみてください。

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】

・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です