中古マンションは室内をメンテナンスすると高く売れる?

pixta_31672288_M

中古マンションは室内をメンテナンスすると高く売れる?

中古マンションを売るとき、室内のメンテナンスは重要です。メンテナンスといっても、簡単に言えば掃除やクリーニングのこと。

そして、「高く売れるか?」というよりも「内覧で好印象を与える」ことができます。内覧で買いたいなと思わせれば、結果的に希望価格での売却につながる可能性が高いです。

不動産の売却でメンテナンスは重要

 

たとえば、鏡やガラスなど「光るもの」が磨かれているだけで好印象に映ります。なぜなら、曇っているよりも、光っている方が「キレイ」と感じやすいからです。

同じように照明器具もぜひメンテナンスしてください。電球や蛍光灯を「明るいもの」に変えるだけで部屋が明るく、そしてキレイに映ります。

また、ドアノブなど、室内の様々なパーツを今風のデザインのものへ交換することで古さが払拭される効果があります。

出費は発生しますが、投資するだけの価値はありますので、ぜひ試しください。さらに、電球や蛍光灯を明るいものに変えるのもオススメです。

最近では売却前に室内の電気をLEDに変える人も増えています。また、古いデザインのドアノブや水道パーツなどもホームセンターなどで購入して交換しておくとよいでしょう。

※よく似た内容の記事はこちら
中古マンションの価値を高めるリノベーションの注意点
pixta_31864840_M

掃除で注意したい場所

 

内覧してもらう前に物件を隅々までキレイに掃除しておくのは必須。とくに、玄関や水回り、収納など購入希望者が細かくチェックする場所はピカピカにしておくこと。

キッチンやバスルーム、洗面台などの水回りは注意が必要で、生活感を感じさせないくらいクリーニングしておくのが好ましいです。

塗れていたり髪の毛が落ちていたり、錆やカビなど放っておくのは論外。清潔感がない物件ほど売れ残りやすく、値下げ交渉されやすくなります。

また、玄関が開放的な物件は内覧者に良い印象を与える傾向があり、玄関を開放的に見せる工夫も重視すべき点と言えますね。

窓のサッシやフローリングの隅など、目の行き届きにくい場所も新品同様キレイに仕上げましょう。売値にも大きく影響しますので、必ず覚えておきたいポイントです。

ニオイで購入をヤメる人もいる

 

内覧を左右する要素は視覚だけではありません。「嗅覚」も見逃せないポイントになります。部屋に入って嫌なニオイを感じたら、それだけでマイナス評価です。

花や草木のフローラルな香りはリラックス効果をもたらす良いニオイですし、刺激臭や悪臭は不快感を与えるニオイなのでNG。

良い香りがする空間では気持ちも開放的になり、打ち解けやすくなったり話がはかどったりして前向きな気持ちになれるものです。

反対に、不快なニオイを感じると、その場から離れたいという気持ちになるでしょう。タバコ臭やペットの臭い、カビ臭さや湿気のニオイはとくに要注意ですね。

隅々まで部屋がキレイでもニオイが原因で購入するのをヤメた、というケースもありますし、物件のニオイ対策は重要なポイントになると言えます。

内覧の前日、前々日には室内を徹底的に換気し、消臭剤で防臭することも大切です。一時的にではなく、根本的にニオイの原因を解決することも忘れてはいけません。

※よく似た内容の記事はこちら
マンション売却で買い手が見つかりにくい中古マンションの特徴と改善点
pixta_17045800_M

クリーニング業者に任せるのも一つの手段

 

費用は発生してしまいますが、場合によってはハウスクリーニング業者に清掃を依頼するのも一つの手段です。仕事や家事で忙しい中、部屋中の掃除を行うことは大変ですので、労力が必要な部分はプロに頼むのも得策かもしれません。

たとえば、床は部屋の中で一番広い面積を占めていますので、しっかりとクリーニングすれば、部屋が広くキレイな印象をもたらす効果があります。

内覧者は居住者が思ってもいないようなところを確認しますので、部屋の隅々まで注意が必要です。電球の交換など、自分たちで出来る部分は自分の手で行い、広範囲のところはプロに依頼するのも時間の短縮になります。

主にハウスクリーニング業者にメンテナンスしてもらう場所は、
●フローリング・絨毯
●シンク・換気扇・壁の油汚れ・ガスレンジ
●壁・タイル・バスタブ・カビ落とし・排水口
●トイレや風呂場
●洗面台一式
●ガラス窓やサッシ
●ベランダやバルコニー
●必要であれば畳の交換など

畳焼けがひどかったり壁紙が汚れていたりするときは思い切って交換してしまいましょう。とくに壁紙はニオイを吸収する性質があるので、生活臭が染み込みやすいです。

内覧者はニオイも気にしますので、交換することで解決できる問題は解決しておきたいですね。ふすまやふすまのサッシ、畳や壁紙などチェックしましょう。

メンテナンスするだけで内覧者に良い印象を与えることが可能になるため、放置して買い手を逃すよりは仕上げてから売ったほうが好ましいと言えます。

買い手は期待して内覧に来ます。そんな状況で汚れた室内や不快なニオイがすると大きなネガティブ要因になってしまうので残念です。

多少の費用は発生してしまいますが、マンションや一戸建てを早く売りたい人にとっては、効果的な方法なので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

【関西不動産買取センター】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

banner_650_200


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です