家を売るなら知っておこう!「不動産鑑定士」の役割とは?

16_09_48

家を売るなら知っておこう!「不動産鑑定士」の役割とは?

 

「不動産鑑定士」という資格について、普段あまり耳にすることはないのではないでしょうか。一般的にその仕事を垣間見る機会は少なく、認知度が低い資格であるともいえるでしょう。

 

ですが、近年、不動産を売却したい売り主が、不動産鑑定士に鑑定を依頼するケースも多くなってきています。

 

不動産鑑定士は不動産の売却の際にどのような役割を担っているのでしょうか?

 

※よく似た内容の記事はこちら
不動産鑑定士に学ぶ!土地や建物の査定価格に関係する7つの条件とは?

 

不動産鑑定士とはどのような資格なのか?

50788566_l
 

まず不動産鑑定士とは一体どんな資格なのかということについて見ていきましょう。

 

不動産鑑定士という資格は、不動産の価値を鑑定するために設けられた国家資格で、この資格なしに不動産の鑑定を行えば刑事罰に処せられます。

 

その鑑定の範囲は非常に広く、土地や建物などはもちろんのこと、土地や建物の所有権、抵当権、空中権、漁業権などの権利にも及び、スキー場や砂浜、ゴルフ場、造船所、墓地、文化財に指定された建物なども含まれます。

 

不動産鑑定士の業務成果として最も目にする機会が多いのが、地価公示などの土地の価格でしょう。私たちがよく耳にする「地価」も、不動産鑑定士によって定められているのです。

 

不動産鑑定士はどうやって不動産を鑑定するのか?

 

不動産鑑定士の業務のひとつとして、住宅などの建物の価値を鑑定するというものがあります。不動産の売却を考えている方にとって、最も気になる部分がここでしょう。

 

不動産鑑定士に依頼して、売却予定の不動産の価値を鑑定してもらうことができれば、適正な売却価格を知ることができます。

 

不動産の売却を考えている方が不動産鑑定士に依頼することが増えているのは、適正な価格を知って、少しでも不動産を高く売りたいという考えがあるからです。

 

不動産鑑定士はどの様に住宅の鑑定を行うのか、その鑑定についてご紹介します。

 

鑑定の方法として利用されるのは3つです。

 

取引事例比較法

売却する予定の不動産と条件が近い物件を参考にして査定額を出す方法です。

 

例えば同じような条件の物件が2,000万円で売りに出されていたときには、その金額と近い金額で査定額を算出します。

 

収益還元法

売却予定の不動産の現在の価値と、将来的にどれだけの利益を生み出すかということを併せて算出する方法です。

 

投資不動産の場合に多用されます。

 

原価法

売却予定の不動産の建築費用から築年数による減価償却を行って、現在の価値を算出する方法です。主に一戸建てなどの場合に利用されます。

 

主にこれら3つの方法から査定額を算出しますが、更に不動産の土地の状態や周辺の環境、地盤の状態、周辺の交通施設の状態も含めて、最終的な鑑定結果を出すのが不動産鑑定士です。

 

ここまで詳しく鑑定してくれますので、確かに正確な不動産の価値を知ることができるでしょう。

※よく似た内容の記事はこちら
マンションや一戸建てを鑑定する不動産鑑定士の仕事とは?

 

不動産を売るときには不動産鑑定士に依頼するべき?

44737751 - housing image

 

自分の持っている不動産の価値を知るためには、不動産鑑定士は欠かせません。

 

では、不動産売却の際には不動産鑑定士に鑑定を依頼する方が良いのでしょうか?

 

不動産鑑定士に依頼するためには、当然ですが費用が掛かり、その費用はおよそ10万円から15万円と言われています。

 

そしてその費用を払って鑑定を依頼したとして、実際に不動産を売却する際には、その鑑定額で売却できるとは限りません。

 

確かにその不動産には鑑定されただけの価値があるのでしょうが、実際に購入するのは不動産が欲しいと思っている買い手です。

 

買い手から鑑定額ほどの価値がないと感じられてしまえば、不動産は売ることができません。

 

ですが、もちろん不動産鑑定士に依頼するメリットもあります。

 

不動産鑑定士に鑑定をしてもらってるという事実は、その不動産の売却価格が適正なものだったという証明になります。

 

売却した後に買い手との間に何らかのトラブルが生じてしまった際には、「鑑定済みの物件である」ということで回避できる部分もあります。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産の任意売却で覚えておきたい10のポイント(前編)

 

鑑定よりも現実的な査定額を知ることができる方法は?

pixta_12964352_M

 

不動産鑑定士に依頼するかどうかは、結局のところ「それだけの費用をかけて不動産の価値を知る必要があるか」という売り手の思いによります。

 

鑑定してもらったから確実にその価格で売れる、という訳でもありませんので、目安として鑑定を依頼するのは良いでしょう。

 

ですが最近では、インターネットで不動産の無料査定を行ってくれる業者も多くなってきています。

 

「不動産スピード買取サービス」では、メールやフリーダイヤルで査定を申し込めば、通常30分以内に査定結果を知ることができるのです。

 

その後実際に物件の状態や周辺の環境などを見て再査定されますので、こちらも目安としての査定額です。

 

ですが、不動産鑑定士が出した査定額よりは、実際に手にすることができる金額に近いことは間違いありません。

 

一般の不動産購入希望者が買い手になるわけではなく、不動産スピード買取サービスが買い手になりますので、査定額を出されたらその金額で買い取ってもらうことができるからです。

 

高い費用を出して不動産鑑定士に依頼するのであれば、その前に無料査定を申し込んでみることをオススメします。

 

すぐに売却予定不動産の査定額を知ることができる不動産スピード買取サービスで不動産査定してみてはいかがですか?

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】

・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です