「家を売る」基本のポイント!どんな方法で不動産を査定するの?

16_09_42

「家を売る」基本のポイント!どんな方法で不動産を査定するの?

 

家を売るというのは人生にそう何回も経験することではありませんよね。

 

ですからほとんどの方が「家を売る」ことに関してはあまり知識がなく、その査定の方法についても良くわからない部分が多いというのが実情です。

 

ですが大切な不動産である自分の家を売るときには、その査定の方法について事前によく調べて、納得のいく査定をしてもらうことが必要となります。

 

自分の家のどこを見て、どういう方法で査定額が出てきたのかを知っていた方が、納得して家を売ることができるでしょう。

 

不動産業者は実際にどのような方法で査定を行うのでしょうか。

 

※よく似た内容の記事はこちら
不動産査定の比較の参考に!オーディン不動産スピード買取サービス事業部の不動産査定方法とは?

 

不動産の査定額はこうやって算出する

46904588 - businessman walking road,a lot of money

不動産を査定するにはまず「机上査定」「詳細査定」があります。

 

机上査定

住宅の築年数、地価などの情報から大体の査定額を計算によって算出する方法です。

 

詳細査定

実際の建物の状態や経年変化、周辺環境、土地の状態などを実際に訪問して査定する方法です。

 

机上査定は初期の段階での大体の査定金額を算出するのに使われ、詳細査定は実際に売り出し価格を決定するときに使われるものです。

 

そして机上査定の計算方法は、更に「積算法」と「取引事例比較法」という二つに分かれます。

 

この「積算法」「取引事例比較法」とはどう違うのか、どのように計算されるのかということについて見ていきたいと思います。

 

積算法について

積算法では土地の価格と建物の価格をそれぞれ分けて算出して、合計した金額が査定金額となります。

 

土地の価格は広さについてももちろんですが、その形状によっても大きく価格が変わり、例えば台形などの歪な形状や、長細い形状の土地は価格が低くなります。

 

建物は建てられた時点での建築費用から、築年数による減価償却額を計算して算出します。純粋に、土地の価格と現状の建物の価格を算出して査定する方法が積算法です。

 

 

取引事例比較法について

取引事例比較法は、査定対象である住宅周辺での同様の取引を参考にして査定金額を算出します。

 

査定に出したい住宅の周りで、同じような条件の住宅がどのくらいの価格で売り出されているか、どのくらいの価格で成約があったか、ということを参考にするという訳です。

 

例えば築浅の物件を査定に出した場合、周辺で似たような条件の新築物件が販売されていれば、その新築物件より高い査定額は出すことができなくなります。

 

同じような条件の物件であれば、新築の物件が優先的に売れていくと考えられるからです。

 

逆に築年数がかなり経ってしまい、積算法では価値がないと判断される物件であっても、取引事例比較法では周辺の成約事例などを判断材料として価値を算出することができます。

 

机上査定ではこのような計算方法を使用して、不動産の査定金額を算出します。

 

※よく似た内容の記事はこちら
不動産会社によってマンションの査定金額が異なる理由

 

実際の不動産の状況を見て査定する「詳細査定」

44735712 - housing image

ですが、不動産というのは実際に見てみない限りは正確な査定額を出すことはできません。

 

築浅の物件であっても、実際に見てみたら壁が割れていたり、日照条件が悪かったりすることもあり、その場合は当然、実際に売り出されるときの価格は低くなります。

 

机上査定である積算法では、住宅は築年数が20年以上経つと不動産としての価値は無くなってしまいますが、メンテナンスを定期的に行っている住宅であれば実際の価値はもっと高くなるはずです。

 

ですから、経年変化や周辺環境を実際に見て判断する「詳細査定」が欠かせません。

 

詳細査定で見るポイントは非常に多岐に渡り、前述した建物の傷み具合や日照条件などの他に、住宅の設備について、土地の形状はどうか、といったことを詳しくチェックしていきます。

 

更に上下水道や交通アクセス、周辺施設、周辺の道路状況なども加味されるので、実際の売りだし価格を知ることができます。

 

例えば学校や人気のあるショッピングモールが近くにあるなど周辺の施設が充実している場所であれば、不動産査定にはプラスとして評価されます。

 

このような場合も往々にしてあるので、住宅の査定には詳細査定をしてくれる業者を利用したいものです。

 

※よく似た内容の記事はこちら
2つの不動産査定、「簡易査定」と「訪問査定」って実際にはどう違うの?

 

家を売りたい方は無料査定がオススメです

43923456 - woman with a check mark

現在、家を売ろうか・・・と考えている方は、一度、「不動産スピード買取サービス」で無料査定してみると良いでしょう。

 

不動産スピード買取サービスの机上査定は敷地面積や建物面積、築年数などの不動産の基本的な情報に加えて、周辺環境や取引相場なども参考にして査定額を出してくれます。

 

更に詳細査定も無料で行ってくれるので、余分な費用をかけることなく実際の売り出し金額を知ることができます。

 

もちろん査定金額に満足できなかった場合は、キャンセルすることも可能です。その後のしつこい勧誘などもありませんので、安心して査定を頼むことができます。

 

机上査定の申し込みから基本的に30分以内で査定額を知ることができ、更に買い取りが成立した場合には最速48時間で現金を受け取ることができるというスピーディーさも人気です。

 

査定はフリーダイヤルかメールで簡単に申し込むことができます。自宅を売りたいと考えている方は、不動産スピード買取サービスで不動産査定してみてはいかがですか?

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】

・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です