かしこく家を売るために知っておきたい3つのポイント

16-09-51

かしこく家を売るために知っておきたい3つのポイント

 

せっかく家を売るのであれば、できるだけかしこく売りたいものです。

 

とは言っても、そもそも家を持つということは、住み続けるということとも言えるわけですので、実家を継いだり、海外などへの転勤といったようなことでもなければ、家を売る機会というのはなかなか訪れるものではないでしょう。

 

だから実際に家を売ることになったとしても、何から手をつけてよいのがわからないという人もいるのではないでしょうか。

ここでは、かしこく家を売るために知っておきたい3つのポイントについて、解説していきます。

※よく似た内容の記事はこちら
売値に大きな差が出ることも・・・損せず家を売るための3つの工夫

 

1.きちんと仕事をしてくれる不動産会社を選ぶ

pixta_19389758_M

家を売ることになったとして、すでに購入者が決まっているのでなければ、不動産会社に仲介を依頼することになります。

かしこく家を売るためには、きちんと仕事をしてくれる不動産会社を選ぶことが、1つ目のポイントです。

 

広告活動

不動産会社は、家やマンションなどの不動産を売るときには、広告活動をします。

 

★レインズ(指定流通機構)への登録

物件の情報をレインズ(指定流通機構)に登録します。

情報を登録することで、他の不動産会社から購入希望者などの情報が得られる機会ができます。

 

★広告チラシの制作・配布

物件の広告チラシを作成し、新聞の折込やポスティングをして、購入希望者を募ります。

 

★情報雑誌・インターネットへの掲載

物件の情報を不動産情報雑誌や、インターネットの不動産サイトなどに掲載します。

 

状況報告

不動産会社は、定期的に販売活動の進み具合を家の売主に報告します。

例えば、「内覧希望者からの連絡が○人あった」「内覧の希望があまり集まっていない」などといったことをその都度報告し、どのようにしたら物件が「売れる」のかについてアドバイスをします。

そしてこうしたコミュニケーションが売主ときちんと取れるかどうか?というのが不動産会社の選び方の目安となります。

 

媒介契約

仲介を依頼する不動産会社と結ぶ契約です。契約には、専属専任媒介契約専任媒介契約、そして一般媒介契約の3種類があります。

 

基本的にどの契約も契約期間は3ヶ月ですが、専属専任媒介契約や専任媒介契約を締結した場合は、不動産会社がすべて前述した広告活動を行ってくれますが、一般媒介契約の場合は売主自身がある程度担うことになります。

 

★契約の解除

不動産会社と媒介契約を結んだのは良いのだけど、物件の売れ行きがあまり良くなかったり、広告活動や報告を熱心にやってくれないといった場合、契約の解除ができます。

契約期間の3ヶ月を満了した時点で、「更新しない」「解約する」といった意思を伝えれば、不動産会社との媒介契約は終了できます。

そのときには、できるだけ書面で残すように心がけてください。電子メールのやり取りでも問題ありません。

※よく似た内容の記事はこちら
「家を売る」基本のポイント!どんな方法で不動産を査定するの?

 

2.複数の不動産会社を比較する

不動産会社を選ぶときには、複数の会社を比較した上で決めるのが、かしこく家を売るための2つ目のポイントです。

 

知人というだけで選ばない

不動産会社の選び方であまりおすすめできないのは、「知人」というだけで仲介を依頼するやり方です。

不動産会社にはそれぞれ得手不得手があり、新築物件を得意とする会社、中古物件を得意とする会社、投資用物件を得意とする会社、売却を得意とする会社、賃貸物件を得意とする会社といったように、それぞれの特徴と依頼する物件が上手く合えば良い取引となるのですが、そうでなかった場合は、その後の人間関係がシビアなものになりかねないためです。

 

簡易査定

複数の不動産会社を比較する際におすすめなのが、簡易査定をしてもらう方法です。

インターネットのサイトの中には、物件の地域や間取りなどを入力するだけで、大まかな見積金額を出してくれるものがあります。

この簡易査定を複数の不動産会社にしてもらい、その中から実際に訪問査定をしてもらい、担当者の応対や雰囲気などを見ることで、信頼できる不動産会社と出会うことにつながります。

 

3.売却価格の決定

48650152 - housing, tablet smartphone

かしこく家を売るための3つ目のポイントは、売却価格の決定です。

基本的に売却価格は、不動産会社が出した査定金額をもとに決められることが多いのですが、できれば「希望価格」「相場価格」「最低価格」の3つを決めておきたいものです。

 

★希望価格

売主が「この金額で売れてほしい」と思える金額です。

 

★相場価格

不動産会社の査定金額が基準になります。

 

★最低価格

物件の売れ行きが良くない場合、値下げして販売することも考えられるため、売主が「これ以上の値下げはできない」と思われる金額です。

 

※例えば最初に希望価格で販売してみてから、売れ行きに応じて相場価格→最低価格と変更していくのもひとつの方法です。

※よく似た内容の記事はこちら
家を売るなら知っておこう!「不動産鑑定士」の役割とは?

 

まとめ

37033212 - selling of house

かしこく家を売るためのポイントは、広告活動や報告をきちんとしてくれる「仕事のできる不動産会社に仲介を依頼する」ことです。

それから簡易査定を利用して、できるだけ複数の不動産会社から選ぶようにします。

そして売却価格を決める際には、「希望価格」「相場価格」「最低価格」の3つを設定しておくことが大切です。

かしこく家を売るためにも、不動産査定してみてはいかがですか?

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】

・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です