家が売れたとき仲介業者に支払う手数料の目安は?

家が売れたとき仲介業者に支払う手数料の目安は?

 

家やマンションなどの不動産を売却する時に、親族や友人など、あらかじめ買い手が決まっている場合はともかく、一般的には不動産会社に仲介を依頼することが多いようです。

 

ここでは、家が売れたときに仲介業者(不動産会社)に支払う仲介手数料と、その目安について記していきます。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産会社への仲介手数料は節約できる?

 

仲介手数料

50011356 - men and women who are working together in a bright office

仲介手数料とは、不動産の売買や賃貸物件にて、不動産会社が店子や買い手(もしくは売り手)を見つけてくれた際に、不動産会社に対して支払われるお金のことをいいます。

基本的には成功報酬のため、売買や賃貸の取引が成立しなければ、支払われることはありません。

ちなみに、宅地建物取引業の資格を所持してない人には、仲介手数料が支払われることはありません。

もしも請求された場合は違法行為となります。

 

仲介手数料の金額

仲介手数料は。売買契約の金額に応じて上限の金額が定められています。

どちらかと言うと、上限の金額となることが多いのですが、中には条件によって割引をしたり無料とする不動産会社もあります。

 

★仲介手数料の計算式(売買契約)

売買価格が200万円以下の場合、仲介手数料の金額の上限は5%+消費税の金額となります。

売買価格が200万1円から400万円以下の場合は、4%+消費税+2万円の金額です。

そして売買価格400万1円以上の場合は、(売買価格×3%+6万円)×1.08で算出されます。

 

仲介手数料が支払われるタイミング

売買取引の場合は、売買契約が結ばれた時に半分、決済もしくは引き渡しの時に残りの半分を支払うようになっていることが多いようです。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産会社に支払う仲介手数料の計算式とその内訳について

 

仲介手数料の割引

42819852 - business people think about money figures

仲介手数料は不動産会社の大切な収入です。仲介手数料が入ることを見込んで、チラシを制作して配布したり、情報雑誌に物件情報を掲載したり、インターネットの不動産サイトに物件情報を掲載するといった広告費用を使っています。

 

そのため、ほとんどの場合は、割引の交渉をしても取り合ってもらえないことが多いのですが、中には仲介手数料を半額にしたり無料にするパターンも存在します。

 

仲介手数料が無料もしくは半額になるパターン

①自社にて買い手の仲介をした場合、売主もしくは買い手のどちらかが、仲介手数料が無料になる。

 

②自社で買い手の仲介を行った際、売主と買い手の両方が仲介手数料が半額になる。

 

③他社で買い手の仲介がされた場合、売主の仲介手数料が半額になる。

 

無料や半額の理由

仲介手数料を無料や半額にしている不動産会社には、割引できる理由があります。

 

★広告費用の削減

売却活動で使われる広告費用には、新聞に折り込んだり、ポスティングで配布するチラシの印刷やポスティングアルバイトの人件費、情報雑誌に掲載する費用、インターネットの不動産サイトに掲載する費用が含まれています。

 

仲介手数料を無料や半額にしている不動産会社の場合、経費の負担が多いチラシの制作をやめて、インターネットの掲載のみにしているといったような工夫がされています。

 

人件費の抑制

一定以上の年代の方なら、電話で不動産の購入を勧められた経験があるかもしれません。

またはオープンハウスに、1日中営業担当がつきっきりで対応しているのを見かけたことがあるかもしれません。

 

仲介手数料の割引をしている不動産会社の場合、このような人員の配置をやめて、人件費を抑えるといった工夫をしています。

 

無店舗形態

実際の店舗を持たずにインターネット上だけで、大半の取引をしてしまう不動産会社も存在します。こうした無店舗形態の不動産会社の中には、仲介手数料が無料となっているところも少なくないようです。

 

解約の際の仲介手数料

仲介手数料は基本的に成功報酬のため、売買契約が成立しない限り、発生することはないのですが、解約した際に仲介手数料が請求されることもあります。

 

手付解約

手付解約は、売主が買い手から受領した手付金の倍額を支払うことから始まります。その際に買い手が手付金の返還を放棄したとみなされると、売買契約の解除が成立します。

この手付解約に関して、仲介した不動産会社は仲介手数料の請求権が認められています。

 

ローン特約解除

買い手が不動産物件の購入のために、銀行などの金融機関の住宅ローンを利用した際に、ローンの審査が通らなかった場合に、売買契約の解除ができる特約です。

このケースでは、不動産会社からの仲介手数料の請求はありません。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産会社に支払う「仲介手数料」の相場はどれくらい?割引もありますか?

 

まとめ

42758567 - calculater and ten thousands japanese yen

家が売れたときに不動産会社などの仲介業者に支払うお金である仲介手数料は、基本的には成功報酬になるため、売買契約が成立しない限り請求されることはありません。

 

仲介手数料は400万円を超えた売買価格の場合、(売買価格×3%+6万円)×1.08で算出され、この金額を上限として決められます。

 

不動産会社の中には仲介手数料を割引にしたり無料にしているところもあり、一定の条件をクリアすることで安くなるケースもあります。

仲介手数料が安くなるに越したことはありませんが、それ以上に信頼のできる不動産会社に依頼したいものです。あなたの家の不動産査定してみてはいかがですか?

 

Youtube、Twitterもやってます!チャンネル登録も宜しくお願いします!

twitter

Youtube

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】

・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です