不動産売却の媒介契約は、一般媒介と専任媒介のどちらが良いでしょうか?

16-12-61

不動産売却の媒介契約は、一般媒介と専任媒介のどちらが良いでしょうか?

 

不動産を売却する場合、不動産会社や仲介業者に買主との間に立ってもらって、仲介してもらう人が多いでしょう。

このような媒介契約には、一般媒介と専任媒介がありますが、一体どちらがいいのでしょう?

 

1.媒介契約とは?

不動産を売却するために、不動産会社や仲介業者に間に立ってもらい、売主と買主の仲介をしてもらいますが、その時に売主と業者が結ぶのが媒介契約です。

媒介契約には、一般媒介契約と専任媒介契約、さらに専属専任媒介契約という3種類があります。

売主は、どの媒介契約にするかを選ぶことができます。

 

2.一般媒介契約のメリット・デメリット

一般媒介契約は、複数の不動産会社と媒介契約を結ぶことができます。

契約期間に制限はありません。

 

<メリット>

不動産を査定する場合にも、一社だけではなく、複数の会社に査定を依頼することで、より正確な相場を知ることができるので、媒介契約も複数と結ぶことで情報を広く得られたり、より高値で売却してくれる不動産会社に依頼することができます。

 

また、自分で買主を探して選んで契約することも可能です。

複数の媒介契約をしていても、いつでも解約することができます。

 

<デメリット>

不動産会社は、一般媒介契約の場合、不動産業者のみが閲覧できる流通機構「レインズ」へ売却物件の情報を登録する義務がありません。そうなると、売却物件の地元の不動産屋などに情報が回らなくなり、地元で不動産を探している顧客を逃すことにもつながる可能性があります。

 

また、一般媒介契約では、不動産会社は依頼者である売主に状況を報告する義務がないので、定期的に状況を知ることが難しくなります。

 

最大のデメリットとして、一般媒介契約では、複数の不動産会社に依頼していて、いつでも解約できるということから、営業にあまり力を入れてくれない可能性があります。

 

どれだけがんばっても、ほかの業者に売却されたら努力がムダになってしまうので、不動産会社としては、専任媒介契約を結んでくれるお客さんのほうを大事にするでしょう。

 

3.専任媒介契約のメリット・デメリット

専任媒介契約は、ひとつの不動産会社のみと契約することができます。

契約期間は3ヶ月以内になります。

 

<メリット>

依頼された不動産会社は、7日以内に「レインズ」に登録する義務があります。

「レインズ」に登録されれば、不動産業者の間で情報が回り、売主を見つける手助けになります。

 

また不動産会社は、2週間に1回ごとの状況報告義務があるので、売主は売却不動産の進捗や状況を逐一受け取ることができます。

 

専任媒介契約は、1社のみなので、依頼された不動産会社にとっては、売買契約まで仲介できれば、必ず仲介手数料を受け取ることができるので、注力して購入希望者を探したり、営業に取り組んでくれます。

 

自分で購入希望者を探すことは可能で、売買契約を結んだ場合は、不動産会社へ仲介手数料を支払う必要はありません。

 

<デメリット>

売主にしてみれば、1社の不動産会社に任せる事になるので、本当に信頼できる不動産会社を選ばなくてはなりません。

契約を結んだ後に、ほかの不動産会社が良かったかも・・・と思っても、契約を結んだ後に中途解約する場合は、違約金や経費の請求をされることがあります。

 

4.専属専任媒介契約のメリット・デメリット

専属専任媒介契約は、ひとつの不動産会社のみと契約することができます。

契約期間は3ヶ月以内になります。ほぼ専任媒介契約と同じ内容です。

 

<メリット>

依頼された不動産会社は、5日以内に「レインズ」に登録する義務があります。

また不動産会社は、1週間に1回ごとの状況報告義務があるので、売主は売却不動産の進捗や状況を逐一受け取ることができます。

 

専任媒介契約は、1社のみなので、依頼された不動産会社にとっては、売買契約まで仲介できれば、必ず仲介手数料を受け取ることができるので、注力して購入希望者を探したり、営業に取り組んでくれます。

 

<デメリット>

本当に信頼できる不動産会社を選ばなくてはなりません。

契約を結んだ後に中途解約する場合は、違約金や経費の請求をされることがあります。

自分で購入希望者を見つけて契約することはできず、必ず不動産会社を通して契約することになります。

専任媒介契約よりも、さらに制約が厳しくなっています。

 

5.どの媒介契約を選ぶべきか?

専属専任媒介契約は、専任媒介契約とほぼ同じ内容ですが、制約が厳しいので、選ぶ場合は一般媒介契約か専任媒介契約のどちらかになるでしょう。

一般媒介契約か専任媒介契約のどちらがいいかは一概には言えません。

サイトによっては、一般媒介契約をすすめていることもありますし、専任媒介契約をすすめているところもあります。

 

どちらも納得できる理由ですが、ひとつ言えることは、自分に合った媒介契約を選ぶことでしょう。

 

一般媒介契約は自由度が高いですが、その分力が分散してしまうことになりかねません。

 

ただ、たくさんの不動産会社に会っていろいろな話を聞くことで参考になることは多いでしょう。

 

もし、信頼できる不動産会社が決まっているのなら、迷わず専任媒介契約にするのがいいでしょう。

 

専任媒介契約は3ヶ月以内と期間が決まっているので、1社目でだめだったらほかの業者を選ぶなど、失敗してもやり直すこともできます。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です