相続した土地で損をしないための3つの方法

16-12-58

相続した土地で損をしないための3つの方法

 

土地を相続した場合、どのように活用すれば良いのでしょうか?

せっかく広い土地を相続しても、都会に出て住まいを設けている場合には、うまく活かせないことも多いですよね。

 

相続した土地を眠らせておいて損をしないためのポイントを3つの方法にまとめてみました。

 

1.定期借地権を利用して貸し出す

定期借地権とは、決められた期間だけ土地を貸すことのできる制度です。

通常の借地権では、土地所有者が更新を拒否できなかったり、建物の買取や立ち退き料を請求されるなど、借主に有利な条件でした。

 

そのため、土地を貸したら返ってこないのではないかと言う不安や、余計な費用がかかるという問題からなかなか土地を有効活用できない人も多かったのです。

 

定期借地権が創設されてからは、貸した土地が必ず返還され、立ち退き料などの請求もなくなり、安心して土地を貸し出せるようになりました。

定期借地権は、契約期間が満了したら更新する必要がないので、決まった期間で貸し出すことができます。

 

借主が土地に家を建てていた場合も、貸主が買い取る必要はなく、借主は原状回復して返還するようになりました。

 

定期借地権には3つの種類があります。

 

1)一般定期借地権

存続期間は50年以上で、用途制限はありません。借主が建物を建てて住んでいた場合、建物を取り壊して原状回復して返還することになります。

 

2)事業用定期借地権

存続期間は10年以上50年未満。

利用目的は、事業用建物所有のみに限ります。

交通量が多く広い道路に面している場合など、住居に向かない土地もコンビニや店舗などの事業に活かすことで活用できます。

 

3)建物譲渡特約付定期借地権

存続期間は30年以上で、用途制限はありません。

借主が家を建てて住んでいた場合、建物を取り壊すことなく、土地所有者が買い取って土地を返還します。

建物がアパートやマンションなどの場合、土地所有者がそのまま賃貸経営を引き継いで行うことができます。

 

2.売却する

土地のある地域が地方だったり、現在の就業先から遠い場合は、相続しても自分で住んだり活用することが難しくなります。

そんな場合は、思い切って売却してしまうのも有効な手段と言えます。

 

土地は持っているだけでは固定資産税がかさんでしまうので、手放すなら早いほうが得策です。

 

将来的にこどもに残しておくなら賃貸なども良いのですが、手っ取り早く収入を得たい場合には売却が近道です。

 

もちろんすぐに買い手がつくかどうか、希望の売値で購入されるかどうか保証はありませんが、時間のかかることですから、早めに着手するほうが良いでしょう。

 

まずは、査定をしてもらっておおよその相場を知り、価格を決めます。

また、売却するためには、相続登記の手続きをして、土地の所有者を自分の名義にしておく必要があります。

土地を売却すると不動産会社に支払う仲介料や、税金などもかかってきます。

 

売却した金額がそのまますべて収入になるわけではありませんが、たとえば、家を建てて貸す場合やアパート経営などを考えた場合、そのリスクは決して低くありません。

 

現在は少子高齢化で、家は余っていると言えますし、空き家も増えてきています。

 

よほど人気の地域なら良いのですが、建物を建てても入居してもらえる確率はあまり高くありません。

 

立地が良いのなら、土地のみで手間や費用をなるべくかけずに売却したほうが損は減らせるでしょう。

 

3.駐車場として活用する

駐車場もある程度は場所を選びますが、少ない元手で始められてリスクは少ない方法です。

駐車場にはいくつか種類があるので、地域や場所によってベストな選択をしましょう。

 

・月極駐車場

月額制の駐車場なので、住宅街の近くなら需要は高いでしょう。

業者に募集をかけてもらい、管理を任せる方法と、自ら募集を募り管理する方法があります。

また、不動産業者に土地だけを貸し、管理を任せる方法もあります。

 

・コインパーキング

地方ではあまり需要はありませんが、都心や繁華街では需要が高いでしょう。

 

駐車場経営のメリットは、元手が少ないことだけでなく、建物を建てる必要がないので、途中でほかの方法へスライドさせることも可能ということです。

もし、その土地を購入したいという人がいれば、撤去や手続きにあまり時間をかけずに明け渡すことができます。

 

つまり、この先どうなるかわからないのならば、とりあえず駐車場にしておいて、少しずつでも収入を増やしながら、土地の転用について考えることができるのです。

 

どうすればいいか迷いながら、ただ税金を払い続けるだけより、建設的な方法ではないでしょうか。

 

・土地を保持することによってかかる費用について

土地は立派な資産ですが、持っているだけで固定資産税などがかかってくるので、そのまま放置しておくのがもっとも損につながる道だと言えます。

 

その前に相続税なども発生しますので、費用はできるだけ抑えたいですよね。

まずは、できることから土地を活用する方法を探っていってはいかがでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です