実家が空き家になりました…お得な定期借家制度について

16-12-23

実家が空き家になりました…お得な定期借家制度について

 

実家が空き家になった場合、売却するか賃貸するかなど、いろいろな選択肢で迷うことと思います。

しかし、どちらにしてもいろいろな問題があり、空き家のままになってしまうことも少なくありません。

そこで利用したいのが、所有者にとってありがたい定期借家制度です。

 

貸主・借主どちらにもお得な定期借家制度についてご紹介します。

 

空き家に起こる危険性

 

pixta_5371447_M

 

近年、空き家が増えてきており、それに伴って空き家に起こる危険性も高くなっています。

・空き巣に狙われる

・不審者が住み着く

・ゴミの不法投棄

・放火の恐れがある

これらの危険を避けるためにも、実家が空き家になった場合、売却や賃貸など、早めに人が住める状態にしたいですね。

 

空き家を回避するためには

空き家にしておくのは、所有者にとって良いことはありません。

さまざまな危険性のほかに、固定資産税は払わなければいけないし、建物は人が住まないでいると劣化するのも早いので、どんどん価値が下がっていきます。

 

しかし、いつかは住むかもしれないので売却したくない、いずれは売却するつもりなので賃貸に出すとなかなか手元に戻ってこないなどの理由から、売却も賃貸もしないで時がたってしまうこともよくあります。

それらの問題点を解決してくれるのが、「定期借家制度」です。

 

※よく似た内容の記事はこちら
空き家は「更地」と同じ?税金で大損しないために対処できること

 

定期借家制度とは

定期借家制度とは、平成12年3月1日に施行された制度です。

まだ比較的新しい制度なので、その存在を知らずに利用していない人も多いのではないでしょうか。

 

これまでの普通借家契約では、建物を賃貸に出した場合、所有者は「正当事由」がなければ、解約や更新の拒否ができませんでした。

そのため、空き家を所有していても、数年間だけ家を貸したい場合や、いずれは売却を考えている時には、なかなか賃貸に出せないのが現状でした。

その結果、空き家が増えるという現在の状況にもつながっています。

 

そんな状況を打開すべく施行された定期借家制度は、契約時に決めた期間のみ、建物を賃貸に出すことができるという制度です。

 

普通借家契約と定期借家契約との違い

・普通借家契約の場合

普通借家契約は、契約時には口頭でも書面でも可能ですが、一般的には書面を通じて契約します。

賃貸の契約期間は基本的に定まっておらず、中途解約に関する特約がある場合や、貸主の正当な事由がある場合以外は、賃貸の期間が更新されます。

つまり、貸し出してしまうと、貸した人の勝手な理由では、賃貸契約を解除することは難しいということですね。

このことがネックで、賃貸に踏み切れない人が多いのでしょう。

 

・定期借家契約の場合

定期借家契約は、契約時に公正証書等の書面が必要になります。

また、貸主は、「更新がなく、期間の満了により終了する」という書面を契約書以外に用意して説明する必要があります。

契約時に定めた賃貸期間が満了した場合、更新はなく、契約終了となります。

この賃貸の契約期間は1年未満も可能です。

また、賃貸の契約期間が満了した場合でも、貸主と借主の両方が望めば、再契約という形で賃貸期間を伸ばすこともできます。

 

※よく似た内容の記事はこちら
選択肢は一つじゃない!転勤が理由の不動産売却について

 

定期借家制度のメリット

 

pixta_21363570_M

 

定期借家制度とは、端的に言えば家を貸す期間を所有者が決められるということです。

数年後には実家に住む、ある時には実家を売却するというような予定が決まっている人には最適な制度です。

 

また、大切な家を貸すには、借りる人がどんな人かわからないと不安ですよね。

万が一、家を大切に扱わなかったり、近隣に迷惑をかけるような人に貸してしまった場合、契約期間満了で家を取り戻すことができます。

良い人であれば、再契約をすればいいわけですから、貸す人を見極めるためにも有効な手段と言えます。

 

ほかにも、家を貸し出したくても、なかなか借り手がつかないということもありますが、定期借家制度では、賃料を相場の1割から3割程度安く設定することが多くなります。

進学や出張などで一定期間家を借りたいという人も少なからずいますので、期間の定めと賃料の安さから、借り手がつきやすくなる可能性も高くなります。

 

空き家のまま年月を過ごすよりも、誰かに住んでもらって賃料を得ることもできるほかに、空き家になることのデメリットも減らすことができます。

決まった時期になれば、所有者の元に確実に返ってくるので、定期借家制度は空き家対策には有効な手段ですね。

定期借家制度を有効活用するには

賃貸サイトでは、定期借家契約の物件もちらほら見かけます。

家を借りる側としては、引っ越し自体が負担になりますので、期間の短い賃貸は避けたい人も多いでしょう。

定期借家制度を活用するには、貸す側と借りる側の利害が一致することが一番の近道です。

期間が短くても、いい物件を低賃料で借りることは、借りる側にとっても大きなメリットです。

期間が決まっているというデメリットを補うために、家の良いところを見てもらい、賃料はできるだけ安くするのが、早く借りてもらうために必要ではないでしょうか。

 

※詳しくは、国土交通省の定期借家制度のページをご参照ください。

 

 

【関西不動産買取センター】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

banner_650_200


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です