不動産売却の方法、買取保証付き仲介のメリットとデメリット

16-12-18

不動産売却の方法、買取保証付き仲介のメリットとデメリット

 

不動産を売却する時、一番心配なのが、物件が売れないことですね。

そんな不安を払拭してくれる「買取保証付き仲介」という方法をご存知でしょうか。

 

買取保証付き仲介にはどんなメリットやデメリットがあるのかまとめてみました。

 

買取保証付き仲介とは?

買取保証付き仲介とは、売主の希望価格で不動産会社に販売活動をしてもらい、一定期間内に売却できなかった場合、あらかじめ取り決めた金額で、不動産会社に不動産を買い取ってもらうという方法です。

期間は3ヶ月以内というところが多いようです。

期間内に売却できた場合は、不動産会社に仲介料を支払う必要があります。

不動産会社に買い取ってもらう場合は、仲介手数料は発生しません。

 

 

買取保証付き仲介のメリット

買取保証付き仲介は、不動産会社に即時売却する場合と、仲介で一般の購入希望者に売却する場合の両方の良い所を兼ね備えた方法で、売主にとってメリットが多いです。

 

・必ず買い取ってもらえる

一番のメリットは、売れないかもしれないという不安をなくせることです。

売れないまま置いていても、建物の価値は下がってしまいますし、修繕費や税金などがかさんでしまいます。

希望価格ですぐに売れるのがもっとも理想的ですが、一定期間がたっても売れないのならば、不動産会社に買い取ってもらえるのは安心につながります。

 

・すぐに現金化できる

不動産会社による買取の場合、基本的には現金で支払われます。

すぐに大金を用意したい人や、住み替えで次の住居を購入するために資金が必要な人には、とてもありがたい仕組みです。

 

・仲介手数料がかからない

不動産会社を通じて購入者が現れた場合、不動産会社に仲介手数料を支払わなければなりませんが、不動産会社が直接買い取ってくれる場合は仲介手数料が発生しません。

仲介手数料は、上限が決められていますが、売買物件の3%〜5%(不動産の金額によって上限が異なる)くらいになるので、1000万円で売却できた場合、40万円近くの仲介手数料が必要になります。

 

・一定期間は購入希望者を待てる

手っ取り早く売却するなら、不動産会社に即時買取してもらうのが一番近道です。

しかし、もしかすると希望価格で購入したいという人が現れるかもしれないので、一定期間は試すことができます。

その期間で購入希望者が出てこなければ、諦めて不動産会社に売却することも納得できるでしょう。

短い期間でも、タイミングが合えば、購入希望者が出てくる可能性もあります。

 

・スケジュール管理ができる

転勤や引っ越し先が決まっている場合や、こどもの学校が始まる前に住み替えをしたいなど、いつまでに売却したいという希望が通り、後々のスケジュールを組みやすくなります。

 

◎買取保証付き仲介のデメリット

買取保証付き仲介の利用には、売主にとってメリットは多いですが、デメリットもないとは言えません。

 

・相場の売却価格より安値になる

買取保証付き仲介で買い取ってもらう場合、相場よりは安い価格になります。

最大で相場の90%と謳っている業者もありますが、最大でも90%なので、それ以下になることは確実だと思われます。

それでも、一般的な不動産会社なら、安くても相場の70%くらいでは買取してもらえるでしょう。

相場の買取価格が3000万円の場合、2100万円〜2700万円くらいでの買取になると予想できます。

 

・地域や物件によっては利用できないこともある

あまりに古かったり、地域によって購入希望者が極端に少なそうな場合などは、買取保証付き仲介を利用できない可能性もあります。

 

・不動産会社がもっと高く売る

不動産会社は、買い取った不動産をそのまま転売するのではなく、リフォームやリノベーションなどで付加価値を付けて、売主の希望価格より高い値段で不動産を売ることができます。

もちろんリフォーム代などは、不動産会社が負担しているのですが、後でその物件を見た時、この価格で売りたかったなど後悔の念に襲われないとも限りません。

リフォームなどの手間や費用、かかる日数などを考慮すれば、決して損をしたとは言えませんので、割りきって買い取ってもらいましょう。

 

逆を言えば、家具がそのまま残っていたり、リフォームが必要なほど傷んでいても、不動産会社に買い取ってもらうことで、修繕や家財処分の手間を減らすことができると言えます。

 

現在の相場をしっかり把握する

 

買取保証付き仲介を利用する場合、売却したい不動産の現在の相場をしっかり把握することが重要です。

 

希望価格とは言っても、相場を大きく外れた価格では、購入希望者は現れませんし、結局は不動産会社に買い取ってもらうことになります。

また、不動産会社に買い取ってもらう場合も、実際の査定価格を知らなければ、不動産会社の言いなりになってしまう恐れもあります。

 

買取保証付き仲介を利用する前に、複数の査定会社による査定価格を知ることから始めてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です