転勤が決まったときのマイホームの対処5つの解決策

16-11-66

転勤が決まったときのマイホームの対処5つの解決策

 

マイホームを持っているにもかかわらず、その後職場から転勤の辞令が出てしまった場合、持ち家をどのように扱うべきかという点で悩むケースが多くみられます。

 

転勤が決まった場合のマイホームの対処法としては、売却を筆頭に大きく分けて5つの方法があります。

 

マイホームは人生における大きな買い物であり、思い出や想いがつまった場所でもあります。そこをどのように扱っていくかについては、慎重に考えていきたいところです。

 

そこで今回は、5つの方法についてそれぞれ詳しく考えていきたいと思います。

 

1、家を売却する

 
pixta_32005742_M
 
持ち家の売却はもっともスムーズでシンプルな方法です。

 

一般的には、転勤をして引っ越しを終えた後、一度空き家状態にしてから不動産会社や仲介業者に自宅のカギを預け、そのうえで購入希望者を募集します。売却が決まるまでの交渉は不動産会社や業者が行います。

 

購入希望者が現れ、いよいよ交渉が始まったタイミングで、売り主は一時的に自宅のある場所へ戻って交渉をするようにします。

 

転勤によって自宅を売却する場合は、5年以上自宅を離れることが条件となります。転勤の期間が継続的に5年以上になるにも関わらず第三者に貸し出す場合には、「定期借家契約」の内容に触れてしまうため、そのまま売却してしまうか、空き家として管理し続けるかの二択になります。

 

「大切な自宅だから」といって空き家のまま持ち続けることも可能ではありますが、住宅ローンを滞納すれば差し押さえになり、空き家にしている間の維持管理の問題もあります。

 

住宅ローンがまだ残っている家については、金融機関から了解を得なくてはならないため、慎重に金融機関と相談をして決めていかなくてはなりません。

 

2、空き家として管理する

空き家として管理する方法は、一時的な家主の転職や、売却・貸出が面倒な場合に取られる処置になります。

 

ただし空き家にするからには維持管理や住宅ローンの支払いなど、家を維持するためのさまざまなお金がかかってくることを念頭に置いておかなければなりません。

 

3、空き家を管理してもらう

空き家を誰かに管理してもらう場合でも、その人に費用を支払う必要があります。また、専門的に空き家管理を行ってくれる不動産会社に一任するという方法もあります。

 

ただし災害や防犯など、人に管理を任せるだけでは済まない問題もあるため、家主本人が定期的に家に戻ってきて管理をしたり、様子を見に訪れるといった工夫も必要になってくるでしょう。
 

※よく似た内容の記事はこちら
相続した不動産、「売却」と「賃貸」どちらがお得?

 

4、賃貸として活用する

 
pixta_29439069_M
 
第三者に一時的な賃貸物件として貸し出すという方法もあります。その場合、借り手が見つかるもしくは見つけられることが前提ですが、希望通りに借り手が見つからない場合、家賃を下げて貸し出さなければなりません。

 

基本的に、家を貸している間はそれ相応の家賃収入が得られます。また、「不動産」という一つの資産を所有し続けられるということで、必ずしもデメリットばかりとは限りません。

 

借り主が退去してくれなければ、自宅にすることはできませんので、別に家を借りたり買ったりしなければなりません。ここが、マイホームを貸す際の最大の注意点です。

 

そこで、賃貸としてマイホームを貸しだす期間を設定できる「定期借家契約」を発効することになりますが、こちらは家賃収入が若干減るという問題と、5年以内の契約期間と定められている場合が多いので、転勤先から5年以内に戻れるかどうかがポイントになります。

 

5、身近な人に貸す

身近な人にマイホームを貸すという方法は、家族・親戚・友人など、借り手を不動産会社や仲介業者を介する必要がないため、費用の節約になります。

 

物件として貸し出す期間が決められていても納得してもらいやすく、物件の管理方法も事前に話し合って決められますので、見知らぬ第三者に貸すよりも安心して家を使ってもらえます。

 

ただし賃貸契約は貸し手と借り手の正式な契約になりますので、不動産会社を介する必要があります。専門的なノウハウを持つ第三者の仲介によって、トラブルを防止しながら安全に物件を貸しだすことができます。
 

※よく似た内容の記事はこちら
不動産の売買でトラブルになる「環境的な瑕疵」「心理的な瑕疵」とは?

 

どの方法を選択するべきか

マイホームを持ってしまってから転勤する場合は、まずローンを契約している金融機関とよく話し合って、最適な方法を決めていく必要があるでしょう。

 

5つの方法の中で考えれば、売却がもっとも確実かつシンプルな方法になります。住宅ローンを払いながら転勤先で生活を続けるよりも、思い切って売却をした方がすっきりと整理がつく可能性があります。

 

しかし売却ばかりが正しい選択というわけではなく、マイホームはマイホームとして持ち続けながら、転勤を終えた後に戻ってくる方法もあり得ます。いずれも迷う選択肢ではありますが、5つの選択肢のうちどれを取るかは、物件の所有者ご自身の状況や判断にもよるかと思います。

 

まとめ

転勤においては、マイホームをどのように扱うかが最大の心配事となりますが、「何年程度転勤をするのか」「家主以外の家族が住んで、空き家にしないように管理してもらえないか」などを優先的に考えてみてください。

 

転勤期間によっては売却の必要はありませんし、空き家にしてもしばらくしてから戻ってこられるのであれば、誰にも貸さずに保有し続けた方が良いかもしれません。

 

ご自身の転勤事情をよく鑑みたうえで、最適な方法を選んでみてください。
 
 

【関西不動産買取センター】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

banner_650_200


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です