不動産会社のチラシで「売却を勧誘するフレーズ」は危険?

16-11-48

不動産会社のチラシで「売却を勧誘するフレーズ」は危険?

 

新聞のチラシ、自宅のポストの中などに「売却物件募集」「買取査定強化中」の広告をご覧になったことがあるのではないでしょうか。不動産物件を売却する人がターゲットのチラシです。

 

不動産売却を希望する人にとってはなかなか興味を引く内容です。例えば、このようなフレーズを見たことはありませんか?

「世田谷区○○町、土地30坪の中古住宅、○○中学校、○○小学校に近く、○○駅徒歩7分の3 LDK」「急募!マンションを探しています」

pixta_17294599_M

ところが、このような情報は最も一般的なもので、実際にその家があるかというとそうではないことが少なくありません。

チラシをまくにはおよそ1週間ほどかかり、何万部数も印刷しているわけです。どう考えても割に合わない作業です。

 

ではなぜこのようなことをするのかといえば、このような物件を持っているという問い合わせを集めたいのです。

 

不動産会社にとって売却物件を預かる立場の状態にあるのが最も望ましいので、このような方法を使うのです。

売却希望者は自宅を売却するための媒介契約を結べば、不動産業物件サイトに不動産物件を登録しておけば、自分で顧客を見つけなくても済むからです。こうしておけば、売却希望者から仲介手数料をもらうことができます。

 

10件あるいは数十件の売買物件を抱えていたら、不動産会社は楽に稼ぐことができます。このようなスタイルを得るために、売却物件を募集するチラシをまくわけです。

 

売却が目的の人が電話やメールで売却物件を確認してきても、不動産会社は物件内容が分からないので、紹介することができないと言われ、では査定をしましょうという話に進んでいきます。こうして不動産会社の思うがままに媒介契約になってしまうのです。

 

このような会社は中小零細不動産会社だけでなく大手で有名な会社でも行っているようです。

不動産業界では消費者を騙しているわけで、顧客よりも自分たちの利益のほうを優先していますので、注意が必要です。

 

※よく似た内容の記事はこちら
信頼できる不動産会社や仲介業者を見極める基本

不動産業界では買い手側の顧客を持っているよりも売り手側の顧客を持っている方が有利なことが多いです。それで何とか不動産物件を確保しようとして、買おうとしている顧客がいるふりをすることがあります。

 

こうすることによって、売り手と買い手との取引を行いやすくなります。このようなチラシによって実際に査定依頼をしてきた場合、買いたい方は別の不動産を購入してしまったなどと説明します。あるいは、キャンセルになったなどということもあります。このようにしてなんとか売却のための媒介契約を結ぶような営業活動をしています。

 

大手不動産会社でもこのような方法をとることがあります。ところが、このような営業は10年ぐらい前まではごく一般的に行われていたそうです。今ではこの方法はそれほど行なわれなくなりましたが、この方法に変わって「相談会があります」「特典があります」などと言って、お客を取り込もうとする傾向が見られるようになりました。

 

このようなチラシによる顧客を取り込もうとするのは、時代遅れかもしれません。ですが、注意した方がよいでしょう。

 

ここでは、より高く家を売却する方法を説明します。

 

・自宅の相場を知る

・複数の不動産会社に自宅を査定しもらう

・家を売る時にかかるお金を知る

・価格交渉に応じる姿勢を持つ

・買主の要望に応える

 

以上、 5つのポイントを押さえることにより、より高く自宅を売ることが可能になります。

pixta_10609481_M

まず最初に自宅がいくらぐらいの価値を持っているかを知ることから始めてください。どのような方法で、それを知るのかといいますと、手っ取り早くインターネットで探す方法が挙げられます。

 

それから、コンビニや銀行の中で無料で配布されている不動産情報誌をもらってきて、自宅と同じような物件を探して価格を確認します。このようにすると、自宅がいくらで売ることができるかの目安がわかります。

※よく似た内容の記事はこちら
準備不足はNG!家を売る前にチェックしておきたい7つのポイント

 

昔は不動産物件を売買するのに、その地域の不動産会社に足を運ばなければなりませんでしたが、今ではインターネットで一括査定することが可能ですので、そこで調べてください。

 

複数の不動産会社に査定を求めます。そうすると色々な情報が入って来ますので、その中から選択するわけです。わざわざ不動産会社へ行かなくても、自宅の売却時の金額が出てきます。

 

なぜ複数の不動産会社に査定してもらうのかといいますと、自宅をより高く売りだすことができるからです。また、良心的な不動産会社と営業担当者も見つけることができます。情報収集をするだけで、不動産取引の知識がついてきます。

 

例えば、知り合いからの紹介でという理由で、不動産会社1社だけで決めるのは危険です。不動産物件の売買というのは、一生に1度あるかないかの大きな買い物です。不動産会社の査定を見ると、自宅はどのくらいの価格で販売されているのかわかりますので、とにかく試してみてください。

 

【関西不動産買取センター】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

banner_650_200

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です