不動産の設備(エアコンや電気など)は「買い手の見つけやすさ」に影響する?

16_09_11

不動産の設備(エアコンや電気など)は「買い手の見つけやすさ」に影響する?

 

エアコンや電気などの不動産の設備は、取り外してある場合と設置したままの場合では、どちらが買い手を見つけやすくなるのでしょうか?それとも、あまり影響はないのでしょうか?

 

ここでは、そんな疑問に対する答えを解説していきます。

※よく似た内容の記事はこちら
中古マンションの購入希望者が選ぶ「こんな設備があったら嬉しい」第1位は?

 

売買価格への影響

44763588 - money and business image

不動産にエアコンや電気(照明機具など)がついているかどうかというのは、売買価格への影響は、さほどありません。

 

あくまでもエアコンや電気というのはオプションであり、それをメインの理由として不動産を購入することは考えにくいためです。

 

実際に購入する場合には、間取りであったり水回りであったり、最寄り駅からの距離や周囲の環境などをチェックした上で決定しています。

 

そのため、売却後に住む家で必要であればエアコンや照明器具は取り外しても問題ありませんし、必要でない場合は、買い手と相談した上で、外すかどうかを決めた方が良いでしょう。

 

とはいえ、売却活動の際には、取り付けてある方が買い手を見つかりやすくなるかもしれません。

 

買い手の見つけやすさへの影響

エアコンや電気(照明機具など)は、取り付けたままの方が、物件の内覧がしやすくなるため、買い手となる確率が高まります。

 

エアコン

春先や秋口の過ごしやすい時期の場合、エアコンの出番は少なくなりますが、真夏や真冬の時期は、エアコンがあるとないとでは大違いです。

 

特に真夏の場合、閉めたままの部屋は室温が上昇しますし、湿度も高くなります。そのため、暑すぎてきちんと見学できなくなる可能性もあります。真冬の場合も、室温が低すぎて内覧どころではなくなるかもしれません。

 

買い手となる確率を高めるためにも、室温を快適な温度にしておくことも大切です。できれば一部屋だけでもエアコンを残しておくことをおすすめします。

 

照明機具

日当たりの良い部屋で日中に内覧をしてもらうのであれば、照明器具はあまり必要ないかもしれませんが、夜や曇りや雨の日に内覧してもらう場合には、照明がないと暗い室内の印象となってしまいます。

 

売却が決まってから取り外すこともできますので、なるべく照明器具は残しておきましょう。

※よく似た内容の記事はこちら
売買契約書の基本用語④「付帯設備の引き渡し」と「付帯設備表」とは?

 

付帯設備表

38444649 - men and women four people to collaborate

エアコンや照明器具を取り付けたまま売却をする場合、付帯設備表(もしくは付帯設備一覧表)を作成する必要があります。

 

付帯設備とは?

売却後に残していくものであり、不動産とともに所有権が買い手に移ります。エアコンや照明器具は、付帯設備に該当するため、付帯設備表に「有」と記入します。

 

もともとない場合は「無」になりますし、売り手が新居に持っていくか廃棄処分する場合は「撤去」と記します。

 

故障した時は?

内覧の際にエアコンや照明器具が故障している場合は、あらかじめ説明をしておいた方が、良いかもしれません。付帯設備に関しては、売買成立後に故障した場合の保証をする必要はありませんが、トラブルを避けるためにもきちんと申告しておきましょう。

 

撤去後の汚れや穴について

エアコンや照明器具を外して売却をする場合、撤去した際に汚れがついたり、壁紙が変色していたり、壁に穴が空いていることもあります。

 

買い手が次にエアコンや照明器具を設置する際に、問題なく取り付けられれば良いのですが、(汚れや穴が隠れる)種類によってはそうでないこともあり得ますので、契約前に必ず報告しておきましょう。

話し合いが成立した後は、必ず文面で残しておくのがコツです。メールでも大丈夫です。

 

エアコンの処分方法

エアコンは家電リサイクル法で定められた、家電4品目のうちのひとつです。家電4品目には、エアコンの他、洗濯機、冷蔵庫、テレビがあります。家電4品目に該当する家電は、粗大ごみとして処分することができません。

 

リサイクル料

エアコンなどの家電4品目を廃棄処分する際には、リサイクル料がかかります。リサイクル料の支払いには、2種類の方法があります。

 

★販売店が回収する

一般財団法人家電製品協会の加盟店に廃棄処分をしてもらいます。リサイクル料は、エアコンの引き渡しの際に加盟店に支払います。新たなエアコンと買い替えの場合に使うことが多いかもしれません。

 

★郵便局で支払う

地方自治体もしくは、自治体から許可をもらっている業者に廃棄処分をしてもらいます。あらかじめリサイクル料を郵便局で支払った後に、エアコンを引き渡します。

 

リサイクル料以外の費用

販売店にリサイクル料を回収してもらう場合、リサイクル料の他に、エアコンの取り外しと運搬のための費用がかかります。

※よく似た内容の記事はこちら
マンションの売却期間にも影響する?給排水設備とエレベーター設備

 

まとめ

37404899 - home improvement, renovation - handyman laying tile with level

エアコンや電気(照明器具など)が設置したままであっても、売買価格にはあまり影響しませんが、売却活動の際には取り付けたままの方が、快適に内覧できるため、一部屋だけでも残しておくほうが買い手が見つかりやすくなると考えます。

 

ただし、売買が成立した後は、使えるものは新居に持っていき、故障しているものや年代が古いものは処分したほうが良いかもしれません。

「買い手の見つけやすさ」を考慮した上で、不動産査定してみてはいかがですか?

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】

・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です