不動産の査定は最低でも3社に申し込む!査定を依頼するときの注意点

16-10-98

不動産の査定は最低でも3社に申し込む!査定を依頼するときの注意点

 

所有している不動産を売却しようとする時、必ず通る道が査定です。

地域や面積、状況などを検討した上で、あなたが持っている不動産はだいたいこのくらいの価格になりますと、アバウトな価格が提示されます。

 

アバウトなと申し上げたのは、提示された金額はあくまでも目安であり、実際の売買において必ずしもこの価格で売れるかどうかということとは別の問題だからです。

※よく似た内容の記事はこちら
マンションを売りたい人必見!一括査定の上手な使い方

所有している不動産の価格を把握する

49819544 - eam sitting behind desk, talking, checking reports. top view

 

査定をすることで大まかながら所有している不動産の価格が掴めるのは、今現在売却するつもりがなくても将来を考えたときに役に立ちます。

 

不動産を持ってはいるけれどいくらなのか、そもそも売れるのかすら分からないでは、活かしようがありません。

 

またいざ売却したいとなったときに必要以上に慌てなくて済みますし、経済と密接に関係する地価の動向を、自身が所有する不動産を通して把握することにもつながります。ここ数年は緩やかな下降を続けている日本の地価ですが、首都圏や地方都市の一部商業地域では上昇に転じたところがありました。

 

インバウンドの恩恵と言われていますが、こうした状況と対比させて考えてみるのも面白いかもしれません。

 

※よく似た内容の記事はこちら
不動産の売却で後悔しないために優良な仲介業者を選ぶポイント

一括査定サイトで価格を把握する

12331754_l

 

不動産の査定で一番手軽に取りかかれるのが、ネットを利用した一括査定でしょう。

何度も同じ内容を記して査定を依頼する必要もありませんし、一度に数社の査定価格を比較することが出来ます。

 

ただ査定価格を把握するだけなら、この段階で目的は達せられたことにもなります。

 

ただし注意したいのは、あくまでも記載された情報に基づいて導き出された「机上の価格だ」ということです。

査定する側はあなたの不動産を見ていないし、周辺の状況やもしあれば特殊性、地域性などを把握した上で弾き出した価格ではないということです。

 

不動産の特殊性が一番表れているのがこの点で、「地域」と切っても切り離せないのが不動産だと言えます。

 

ですから、この段階での査定価格はあくまでも目安の目安くらいに捉えておくのがベストでしょう。

 

もしこの段階の査定で大きな価格の乖離が見られたのなら、その根拠を尋ねてみるのも面白いかもしれません。

 

 

※よく似た内容の記事はこちら
媒介契約の基本!専任媒介の良い点・悪い点をチェックしてみた

査定会社を選ぶ、絞り込む

42322699 - real estate, real estate agent, house.

 

一括査定サイトで提示された価格が第1弾だとしたら、次は査定の本番です。

この査定は現地を確認してもらい、可能な範囲で諸事情を明らかにする必要があります。

図面や書類を準備する必要もあります。正確な査定を行うためには正確な情報が必要だからで、もし知っていながら秘匿した情報があったとしたら、後々トラブルの元になる可能性もあります。

 

本番の査定は、最低でも3社には依頼したいところです。言うまでもなく価格を比較するため、そして価格の根拠を知るためです。

 

またこの査定とその根拠を説明してもらう過程で、不動産会社の特徴を知り、相手を見極める機会とすることが出来ます。

 

不動産会社も色々ありますし、得意、不得意があります。

開発して分譲まで行う会社ならそのような視点から不動産を見るでしょうし、事業用不動産を得意としているのなら事業用地としてどうかという判断が強くなる可能性もあります。

 

いずれにしても複数社に査定を依頼すること、最低でも3社には依頼して客観的な評価を確認したいところです。

 

そしてこの3社の中に、必ず地元の不動産を熟知した業者を含めることを強くお勧めします。

長くその地域に根付いて業務を行っている会社は、様々な情報を握っています。

中にはまだ公表されていない情報とあなたの不動産が結びつく場合があるかもしれません。

それが悪い情報にせよ良い情報にせよ、他社との査定価格に大きな差が出るようであれば、ぜひその根拠を示してもらいましょう。

 

大手不動産チェーンも査定依頼に含めたいところです。大手は大手の情報網があるでしょうし、地元のチェーン店では個別に地元情報を把握しているでしょう。この査定と対応によって、彼らの姿勢を知ることも出来ます。

 

この査定によって不動産の精度が高い価格を把握出来るのと同時に、それぞれの業者のあなたの不動産に対する見方、熱意をうかがい知ることが出来ます。

 

それは必ずしも価格の高い低いだけに留まるのではなく、実際に売却を依頼した場合、誠実に売却に向けて取り組んでもらえるか、適切なアドバイスやサポートを得られるか、必要ならば耳に痛いことでも言ってもらえるか、これらを判断する絶好の機会となります。高い価格を付ける業者が良いとは限らない理由が、ここにあります。

 

 

査定はあくまでも査定であり、価格はあくまでも参考価格にすぎず、どこに依頼すれば最適な価格で売却出来るかを見極めるためのもの。

 

実際の売値はあなたが早く売却したいのか、最低価格ラインがあるのか、市場の動向や地元の不動産市況はどうか、そして何よりも買主が見込めるかなどによって大きく左右されます。

 

査定依頼をきっかけにして、信頼出来る会社かどうかを判断する有用な材料として下さい。

 

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です